仕事スキル・断酒

【お酒強い弱い診断】アルコール遺伝子検査をやってみた感想・体験談

 

こんにちは。

 

お酒との距離を取りたくなったので、アルコール遺伝子検査をやってみました。

 

お酒が強い/弱い、アルコール感受性、依存症・健康リスクなどを診断できるので便利なサービスですよね。

 

サービスを選ぶにあたっては、初めての遺伝子検査ということもあり、ひとまず以下の4つのポイントを重視して株式会社ハーセリーズ・インターナショナルという会社が提供するGENOTYPISTというサービスを申し込んでみました。

 

  • 病院に行く必要がない
  • 検査の負担が小さい(頬の内側に綿棒をこすって粘膜を採取するだけ)
  • 検査内容も検査結果も軽め(特定の病気やがんの可能性を対象とするようなヘビーな遺伝子検査ではない)
  • 値段が税込5806円と許容範囲

 

お酒の感受性に対する体質が9つのタイプから判定され、1日あたりの適量やアドバイスも添えられています。

 

結果レポートは、お酒体質を色で判定するなど一目で分かりやすく良いサービスだと思いました。

 

アルコール遺伝子検査の結果判定は9種類

アルコール遺伝子検査の結果判定は9種類

 

おかげで禁酒の継続を支えてくれています。

 

とはいっても、アルコール遺伝子検査をする際に事業者の情報管理が気になりませんか?

 

遺伝子情報なので適切な扱いやセキュリティ対策がしっかりした会社を選びたいですよね。

 

検査キットが自宅に届いてから、特にそのことが気になりました。

 

そこで、検査に出す前に内包の説明資料や同意書にしっかりと目を通し、このサービスの情報管理やセキュリティ対策をチェックして、不明な点は事業者の問い合わせ窓口にも確認しました。

 

その結果、情報管理に特に問題はなさそうと自己判断できたので、躊躇なくGENOTYPISTの遺伝子検査を行えました。

 

同じような心配をされている人もいると思うので、『遺伝子検査をやってみた感想』、『GENOTYPISTの情報管理についてチェックした内容』、『おススメの情報管理対策』の3点について報告します。

 

少しでも参考になればうれしいです。

 

 

結論からいうと、こんな感じです。

 

遺伝子検査で感じたこと

  • 遺伝子検査により自分のアルコール感受性体質が明確になると、お酒に対する付き合い方を冷静に考えることができるようになった。
  • 遺伝子情報は生涯変わらないので、できるだけ早いうちに遺伝子検査を受けたほうがメリットが大きい。早く行うことで残りの人生の長い期間、有効に活用できる。
  • 大人になる前に子どもがアルコール感受性遺伝子検査をうけることで、大学生や社会人になったあとに急性アルコール中毒、健康被害、お酒が関わる事件・事故などに巻き込まれるリスクを抑えられる。

 

 

GENOTYPISTサービスの情報管理

  • 経済産業省が公開している「サービス選定チェックリスト」をもとに、GENOTYPISTのサービス内容や情報の管理について確認した結果、セキュリティ関連に特に問題は感じない。
  • 販売会社の(株)ハーセリーズ・インターナショナルの公式HPから注文後にすぐに届いた連絡窓口に情報管理に関する不明な点を問い合わせた結果、こちらの心配事項に真摯に対応してくれ、かつ迅速な対応であった。
  • 検査結果データの情報管理が心配な場合、検査結果が出た後に検査データの削除依頼をすることで不安を解消できることが分かった。

 

 

目次

 

GENOTYPISTの公式HPを見る

 

アルコール感受性遺伝子検査キットGENOTYPISTのサービス内容

 

サービス名:GENOTYPIST(アルコール感受性遺伝子検査キット)

販売会社:株式会社ハーセリーズ・インターナショナル

所在地:〒731-0138 広島市安佐南区祇園3-26-3

GENOTYPIST価格:税込5806円

 

遺伝子解析事業者:イービーエス株式会社

所在地:〒731-0138 広島市安佐南区祇園3-26-3

遺伝子検査方法:口腔粘膜専用検査(ほほの内側を綿棒でこする)

検査対象遺伝子:①ALDH2遺伝子(2型アルデヒド脱水素酵素)、②ADH1B遺伝子(1B型アルコール脱水素酵素)

遺伝子検査期間:約15営業日

その他:情報セキュリティマネジメントシステムISO/IEC27001取得

イービーエス株式会社は株式会社ハーセリーズ・インターナショナルの関連会社。販売会社と検査会社は同一ロケ

 

サービスの詳細は公式HPにて

 

アルコール感受性遺伝子検査GENOTYPISTをやってみた感想(メリット)

 

アルコール感受性遺伝子検査を行うと行ったの気持ちや考えの変化が分かるように感想をまとめました。

 

遺伝子検査により、期待通りアルコールとの関わり方の判断根拠を持てたことが一番です。

 

そして、自分の子どもにも必ず受けさせたいと感じるようになりました。

 

遺伝子検査を受ける前(ビフォアー)

  • お酒をつい多めに飲んでしまう。禁酒がとにかく難しい
  • 会社の飲み会を断ると「あ~断ってきたな」と周りから思われている雰囲気を感じる。飲み会の断り方に苦労する
  • 「自分の子供も大学生や社会人になったらお酒を飲みはじめるのだろうな」とぼんやりと考えていた

 

遺伝子検査を受けた後(アフター)

  • お酒のコントロールが各段にやりやすくなり、禁酒の継続に役立っている
  • 一生変わらない遺伝子検査の結果をもとに「自分はお酒を飲むと健康リスクがある体質」と周りに知ってもらうことができたので、会社の飲み会を断るのが楽になった。
  • 子どもが18歳になるまでにアルコール遺伝子検査を必ず受けさせたいと思うようになった

 

今、お酒をやめていますが断酒を継続できるのも遺伝子検査のおかげです。

 

遺伝子情報は、一生変わることがないので受け入れるしかありませんよね。

 

結果が分かると、アルコールとのつきあい方に迷いが減り、酒をやめる辛さがやわらぎました。

 

 

そして、遺伝子検査の結果をネタとして職場の周りの人に伝えると、飲み会への誘いが減り、断りやすくなりました。

 

僕は、昔からコミュ障のところがあり、うまく適当なこと言って飲み会を断るのが得意ではありません。

 

けれど、「飲酒による健康リスクが高いタイプ」であることを周りに伝えたことが、結果的に「誘わなくてもいいです」のメッセージになったと思います。

 

 

また、ちょっと話は変わりますが、世の中では大学生が急性アルコール中毒になったり、会社で新入社員が酒を過度に飲まされたりする問題が日常的に起きていますよね。

 

年間何人ぐらいの人が急性アルコール中毒で救急車で搬送されているか想像つきますか?

 

この記事を読むとアナタもきっと驚きますよ!

 

他人事ではない「急性アルコール中毒」(東京消防庁)

 

5年間で毎年約15,000~18,000人です。

 

まぁ、そんなもんだろう・・・

 

と思ったアナタ。

 

よく記事の中身を見てください。

 

そうです。東京だけの人数です・・・。

 

東京の人口は日本全体の1/10ぐらいなので、日本全国では15万人いてもおかしくないということですよね。

 

しかも、20歳代を表す棒グラフが飛びぬけています。

 

記事にも、

 

理由として経験の浅さから自分の適量が分からず、無謀な飲酒をしてしまうことなどが考えられる

 

とあります。

 

たしかにそうですよね。

 

振り返ると、20代の頃ってアルコールの怖さを正しく把握している人なんて誰もいない中で、飲み会でバカ騒ぎしていました。(苦笑)

 

自分が受けたアルコール遺伝子検査に満足しただけでなく、この驚くべき数字を知って、子どもが大学生になる前にアルコール感受性の遺伝子検査を受けさたいと思うようになりました。

 

自分のアルコール体質を正確に知ることで、以下のリスクを抑えられるからです。

  • アルコールで健康を大きく損なう
  • アルコール関連の事故や事件の被害にあう
  • アルコール関連で加害者になってしまい他人に迷惑をかける
  • 飲み過ぎというアホな理由で救急隊の手を煩わせてしまう💦

 

今後、数十年にわたって『酒を飲もうと思えばいつでも飲める世界』を生きていく中で後悔はさせたくないですよね。

 

 

 

↑ 目次へ戻る

アルコール感受性遺伝子検査GENOTYPISTをやってみた感想(デメリットと対処)

GENOTYPISTの「遺伝子検査同意説明書」と「検査結果の利用について」の説明(インフォームドコンセントに沿って必要事項が記載されてる)

GENOTYPISTの「遺伝子検査同意説明書」と「検査結果の利用について」の説明(インフォームドコンセントに沿って必要事項が記載されてる)

 

冒頭にも書きましたが、検査にリスクやデメリットを感じなかったわけではないです。

 

検査の過程や結果の情報管理において、「自分の遺伝子情報が漏れたり不正利用される危険はないのか」という懸念がありました。

 

対処① 経済産業省の「遺伝子検査選定チェックリスト」で確認した

 

いろいろ調べてみると、遺伝子検査を個人が行う場合の注意点として経済産業省から「遺伝子検査選定チェックリスト」が公開されています。

 

チェックリストは、以下の二つに分かれており、アルコール遺伝子検査は②に該当します。

 

  1. 親子鑑定・血縁鑑定のための遺伝子検査
  2. 体質検査など親子鑑定・血縁鑑定以外の遺伝子検査

 

②では、事業者のサービスについて以下の13項目をチェックするよう推奨されていました。

 

① 検査の結果得られる判定は医師の診断ではないことを明記している

② 遺伝子検査の結果から体質などに関する判定をするための科学的根拠(論文や自社の研究結果)をしっかり持っていることを説明している

③ 遺伝子のどこを調べるのか説明している

④ 検査の結果からの判定は同じ遺伝子の特徴を持っている人たちの間での一般的傾向であることを示している

⑤ ホームページやパンフレットで行われる説明の資料と同意書を見ることが出来る

⑥ 事前に書面による詳細な説明があり、同意を確認した後に検査を進める

⑦ 検査の結果に従う有償の商品の販売、有償の生活指導などの二次的サービス提供の有無をはっきり示している

⑧ 有償の二次的サービスが不要の場合は拒否できる仕組みになっている

⑨ 有償の二次的サービスの科学的根拠が明記してある

⑩ 事業を進めるに当たって準拠しているガイドラインの名前を明示している

⑪ 経済産業省の個人遺伝情報保護ガイドラインに従っている旨の記載がある

⑫ 遺伝子の検査をする場所又は機関名が明示されている

⑬ 検査の前後でカウンセリングなど相談に乗る仕組みがある

 

このチェックリスト参考に、GENOTYPIST検査キットに同封されている書類「表面:遺伝子検査同意説明書」、「裏面:検査結果の利用について」を確認してみました。

 

結論から言うと、13項目のうち、○が11項目、×が1項目、該当しないものが1項目でした。

 

×の1項目は、「経済産業省の個人遺伝情報保護ガイドラインに準拠している旨の記述があるかどうか」なのですが、その記載は同封書類に見当たりませんでした。

 

念のため、この経済産業省のガイドラインの中身をみて具体的な項目を再度確認すると、多くが順守されているようには見受けられます。

 

13項目の総合評価として『特に問題はなさそうな事業者』と判断できたため、安心して検査を受けられました。

 

GENOTYPISTの公式HPを見る

 

13のチェックリストの確認結果の詳細を順に説明します。

 

検査の結果得られる判定は医師の診断ではないことを明記している

 

自己判定結果:○

遺伝子検査同意説明書の2条「検査の意義・目的」に以下の記載があります。

 

本検査は、医療行為ではなく、体質による傾向やリスクの度合いを調べるものです。また体質遺伝子検査によって得られる情報には限界があり、この検査結果だけでお客様の体質すべてを把握することはできません。血液検査など、他の検査と同様に、複数ある情報のひとつとしてご認識ください。

 

 

また、遺伝子検査同意説明書の16条「免責事項」1項に以下の記載があります。

本サービスは医療行為ではありません。

 

 

② 遺伝子検査の結果から体質などに関する判定をするための科学的根拠(論文や自社の研究結果)をしっかり持っていることを説明している

 

自己判定結果:○

遺伝子検査同意説明書の1条と3条「分析方法と精度」に手法や特徴について説明されています。

 

 

③ 遺伝子のどこを調べるのか説明している

 

自己判定結果:○

遺伝子検査同意説明書の1条や検査キットの箱の裏側に検査対象の2つの遺伝子多型が具体的に明記されています。

 

検査対象遺伝子:①ALDH2遺伝子(2型アルデヒド脱水素酵素)、②ADH1B遺伝子(1B型アルコール脱水素酵素)

 

④ 検査の結果からの判定は同じ遺伝子の特徴を持っている人たちの間での一般的傾向であることを示している

 

自己判定結果:○

遺伝子検査同意説明書の2条「検査の意義・目的」に以下の記載があります。

 

医療行為ではなく体質による傾向やリスクの度合いを調べるもの

 

 

⑤ ホームページやパンフレットで行われる説明の資料と同意書を見ることが出来る

 

自己判定結果:○

ホームページも同意書も存在します。

 

 

⑥ 事前に書面による詳細な説明があり、同意を確認した後に検査を進める

 

自己判定結果:○

検査の申込みにあたって、検査内容、分析方法と精度、情報の取り扱いなど、重要事項に関する同意書への署名が前提になっています。

 

 

⑦ 検査の結果に従う有償の商品の販売、有償の生活指導などの二次的サービス提供の有無をはっきり示している

 

自己判定結果:○

遺伝子検査同意説明書の6条「個人情報の取り扱い」に二次的サービス提供の有の記載がありました。

 

○お客様(検査依頼者)の個人遺伝情報の取扱は、イービーエスグループが認証を取得している情報セキュリティの国際認証であるISO27001の規定により運用します。
○当社は、収集した個人情報(検査資料・検査結果情報を除く)を以下の目的に従って利用できるものとします。

・当社が運営する遺伝子検査及びその結果の通知のため
・登録制サービスでのサービス提供のため
・その他上記サービスに伴う業務の実施のため
・アフターサービス、お問い合わせ対応ののため
・当社の二次的サービス、サービス情報のため

 

 

⑧ 有償の二次的サービスが不要の場合は拒否できる仕組みになっている

 

自己判定結果:○

「検査結果の利用について」の最下部に以下の記載がありフリーダイヤルの番号が明記されています。

 

分析研究に関するお問い合わせ・個人情報の訂正・同意の撤回・分析の中止・苦情などは以下へご連絡下さい。

 

また、注文後に届く確認メールにも「商品についてご不明な点等がございましたらご遠慮なく・お気軽にお問合わせくださいませ」と記載があります。

 

実際に2~3回メールで問い合わせたところ、回答は迅速で丁寧でした。

 

 

⑨ 有償の二次的サービスの科学的根拠が明記してある

 

自己判定結果:- (判定不可)

有償の二次的サービスに関する記述が見当たらないため、その科学的根拠も明記されていません。

 

同封の書類に記載のある"有償の二次的サービス"っぽいものは、「紙でレポートが必要な場合は500円」しか見当たりませんでした。

 

遺伝子検査そのものに関する二次的サービスではないので、科学的根拠は関係ありませんね。

 

 

⑩ 事業を進めるに当たって準拠しているガイドラインの名前を明示している

 

自己判定結果:○

遺伝子検査同意説明書の冒頭赤枠内に以下の説明があります。

 

委託先のイービーエス株式会社は、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001:2013」の認証を取得し、収集した情報を厳正な管理の下、安全に蓄積・保管し、不正アクセス・紛失・破壊・改ざん・漏えいなどに対して合理的な安全対策を講じております。

 

”ガイドライン”の意味は広めのため、経済産業省が意図する対象がいまひとつ不明確な気もします。

 

しかし、検査会社がセキュリティ関連規格のISO27001を取得しているということは、情報を取り扱うプロセスはドキュメント管理のもと、高いセキュリティ水準で業務を行っていると捉えることができます。

 

自分の仕事でISO27001に携わることがあるのですが、業務の流れをきっちりドキュメントで定義し、受注単位で関連資料を採番して適切に管理できないと、外部監査で認定が取り消される厳しい規格です。

 

 

⑪ 経済産業省の個人遺伝情報保護ガイドラインに従っている旨の記載がある

 

自己判定結果:×

”経済産業省の個人遺伝情報保護ガイドラインに従っている”の記述は見当たりませんでした。

 

経済産業省の個人遺伝情報保護ガイドラインは、2021年3月23日付に更新されています。。

 

14ページからなる本ガイドラインの規定では、1. インフォームド・コンセント、2. 匿名化、3. 遺伝カウンセリング、4. 個人遺伝情報取扱審査委員会の設置等が重視されているそうです。

 

4については記載がないので分かりませんでしたが、1~3については、遺伝子検査同意説明書内の説明と検査に申し込むプロセスから以下のとおり問題なさそうと感じました。

  • 1については、書類で説明、書類で同意の流れ
  • 2については、遺伝子検査同意説明書の5条「検査試料の取り扱い方法」に以下の記載

検査にあたっては名前や住所など個人を特定できる情報を除いた形に加工(匿名化)したうえで行う

  • 3については、遺伝子検査同意説明書の14条「問い合わせ先・相談窓口」に記載

 

⑫ 遺伝子の検査をする場所又は機関名が明示されている

 

自己判定結果:○

遺伝子検査をする機関名(イービーエス会部式会社)が登記番号とともに「遺伝子検査同意説明書」の冒頭に赤枠で明示されています。

 

 

⑬ 検査の前後でカウンセリングなど相談に乗る仕組みがある

 

自己判定結果:○

遺伝子検査同意説明書の14条「問い合わせ先・相談窓口」に記載されています。

 

お客様が、病気のことや本遺伝子検査に関して、ご不安やご相談がございましたら、臨床遺伝専門医などをご紹介し、遺伝カウンセリングを受けることが可能です。本書末尾記載のお客様サポートセンターへお申し出ください。

 

 

↑ 目次へ戻る

対処② 情報管理に不安がある場合、検査データの削除依頼を事業者にできることが分かった

 

公式HPからGENOTYPISTを申込んだ後、事業者から直接届いた注文確認メールにハーセリーズオンラインサポートセンターのアドレスが記載されていたので問い合わせました。

 

そして、『検査結果のデータは利用者からの依頼に応じて削除することができる』との回答を得られました。

 

なので、情報管理に不安がある場合や不測の事態を気にする人は、WEBレポートされる検査結果を画面キャプチャーや印刷により手元に残してから、早めにデータの削除依頼をすればリスクはかなり抑えられると思います。

 

そして検査データ削除後にメールを送ってもらうよう事業者に依頼しておけば、削除の証跡を残すことができるので更に安心できますよね。

 

ただし、当たり前のことですが、データを削除依頼した後はWEBでの検査結果の閲覧や再発行はできなくなるので、その点はご注意ください。

 

↑ 目次へ戻る

GENOTYPIST申込から検査結果の受領までの流れ

検査キットは郵便ポストに入るサイズで、綿棒でほほの内側をこするだけ。

キットは郵便受けに届いて、遺伝子採取は綿棒でほほの内側をこするだけ。

 

 

株式会社ハーセリーズ・インターナショナルの公式HPにアクセスする

 

 

② サービス内容を確認して「ご購入はこちらから」ボタンを押す

 

 

③ GENOTYPISTの送付先、支払情報などを登録して注文を完了する

 

 

株式会社ハーセリーズ・インターナショナルから注文確認メールが届く

注文後、株式会社ハーセリーズ・インターナショナルから注文確認メールが届く

 

 

⑤ 1~2日後にアルコール感受性遺伝子検査キットがゆうパックで届く(郵便受けに入るサイズです)

1~2日後、ゆうパックで遺伝子検査キットがゆうパックで届く

 

 

⑥ 採取方法の手順に従い、ほほの内側の粘膜を採取する

手順に沿ってほほの内側の粘膜を採取する

 

⑦ 専用封筒に検査試料と同意書を入れて発送する

専用封筒にキットと同意書を入れて発送

 

⑧ 2週間前後で検査結果データをWEBにて確認可能に(検査キットに同封のキットごとに異なるキットIDとWeb登録KEYにて)

自分の検査結果の遺伝子検査判定カードが届く

 

GENOTYPISTの公式HPを見る

 

↑ 目次へ戻る

まとめ:受けるなら早めに!(有効活用できる期間が長いから)

 

遺伝子情報は一生変わらない情報です。

 

いずれアルコール遺伝子検査を受けてみるつもりがあるなら、できるだけ早く検査したほうが検査結果を長い期間有効活用できますよね。

 

また、子どもが大学生になる前までには、アルコール遺伝子検査を受けてもらうつもりです。

 

お酒に対する体質的な強い/弱いの診断結果が、本人の健康リスクやアルコールによる事件事故を回避させる可能性を高めます。

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

飲み過ぎ、注意しましょう。

 

ミュー吉
用心に怪我なし・・・ 知らない人が家に来ても部屋から出ていかニャイ

 

 

 

 

GENOTYPISTの公式HPを見る

 

↑ 目次へ戻る

 




こんな記事もあります

オンライン英会話の7つのデメリット 1

  オンライン英会話を利用する人が増えているらしいけど、本当にやる価値はあるのだろうか・・・? やっても英語力が上達しないなら時間とお金のムダなので失敗はしたくない   この記事は ...

オンライン英会話をしているレッスン生 2

  「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング(ベレ出版)」を持っているけど、スピーキング向上に生かし切れてない。暗記が楽しくないので続かない   何ページか瞬間英作文をやってみた ...

ハイスコアのイメージ 3

  TOEICリスニングのあのスピードって、やっぱり速いですよね。   集中して聴いていても、「えっ、もう次の問題行くの?」   ってズタズタにやられます。   ...

オシャレで緊張する必要を感じないオフィスの部屋 4

  こんにちは。   わずか30分~1時間で結果が決まる昇格昇進面接。   しっかりと準備して臨まないと同期に差をつけられる昇格昇進面接。   たとえ出世欲がな ...

お酒をやめて朝日を見ながら爽快な気分に包まれているところ 5

  「うゎ~、また意志の弱い酒好きが入ってきたぞぉ!!」   なんてね。   冗談です。   禁酒がそんなに簡単ではないことを身をもって知っている男、りゅーたで ...

川に飛び込んでリフレッシュしているところ 6

  こんにちは。   昨年から断酒をなんとか続けています。   けれど、酒を飲まない生活を続けるのって、ホントにむずかしいですよね。   ときどき、"間"がさし ...

オンライン英会話で英語が話せるようになれるのか? 7

  オンライン英会話を数か月やってみたけどほとんど話せるようにならない   これからオンライン英会話をはじめてみたいけど、ホントに英会話力が伸びるのかな。時間とお金はムダにはしたく ...

社会人が英語の学習をするデスクにノートとペンとスマートホンが置いてある 8

  どうも、りゅーたです。   中学の授業で英語の勉強をスタートしてからかれこれ20年、英語の学習法はいろいろと試してきました。   そんな自身の経験を振り返り、忙しい社 ...

記事タイトル入りスライド 9

  オンライン英会話をはじめてみたいけど、どのスクールを選んだらよいのか分からない。 自分に合った英会話スクールはどれだろう?   こんな悩みを解決します!   &nbs ...

TOEIC試験でマークシートに解答を記入している様子 10

  TOEICのリスニングについては、400点取る対策をこちらの記事でみっちり書いたので、今回はタイトル通り、   「TOEICリーディングの時間足りない・終わらない」 &nbsp ...

-仕事スキル・断酒

© 2021 グロバログ