ブログ運営

【過酷!】ブログ初心者がビッグワード記事を書いても97%誰の目にも触れない

2020年10月22日

記事タイトル入りスライド

こんにちは。

この記事を書いている2020年10月末時点で、このブログを開設してからもうすぐ4か月がたちます。

2020年9月は1440PVで収益ゼロでした。(今もゼロですが。。)

しかもPV数のうち3~4割は自分のスマホやタブレットからの記事確認アクセスのはずです。

そんななか、ググってたら興味深い記事を見つけました。

「2021年からはPV数もグングン上がり始めるだろうから、ビックワードで記事を書いてPV数を増やそう」

そんな甘いイメージを打ち砕かれるショッキングな内容でした。。。(泣)

How long does it take to rank in Google? (A study by Ahrefs)

タイトル:「Googleの検索結果に表示されるまでにどれぐらいの期間が必要か?」

この記事はこんな人向けです(Before)

  • ブログを始めたばかり
  • ビッグワード(1語のキーワード)でGoogle検索結果の1ページ目に表示させる自信がある
  • キーワードの競合を気にすることなく記事を書いている

この記事を読むと分かること(After)

  • ブログの現実(初心者がビッグワードをターゲットに記事を書いても97%の確率で1年以内に読まれない)

200万のビッグワード検索結果の現実

参考にしたのはSEOの世界では有名なAhrefs社のサイト記事です。

2020年8月に更新された最近の内容です。

インターネットで無作為に200万の1語の検索キーワードをGoogle検索した調査結果が紹介されています。

記事の要約

対象:Googleの検索結果1ページ目に表示される10位以内の記事

  • 記事公開後の平均経過年数:2年数か月
  • 記事公開後1年以内の割合:22%
公開後1年以内の記事でも22%が上位10位以内に入れるなら悪くないんじゃない!? 俺にもチャンスあるな!

と実力も実績もゼロなのに、なぜかいつも楽観的な自分は思ってしまいました。。。

しかし、記事を読み進めると、

無数にある公開後1年以内のネット記事全体のうち、

検索結果10位以内にランクインされるのはたったの5.7%と書いてあります。

ドメインパワーが弱いサイトの場合、さらに少ない3%です。

3%???どんだけ~???

とikkoさんが舞い降りて叫んでしまいました。

この数字を見ると現実の厳しさを実感させられました。

ビックワードで33本記事書いても32本は公開後1年以内に検索結果の10位以内に入れません。

97%の確率で誰の目にも触れないのです。

しかもさらに厳しい現実として、大半の記事が100位以内にすらランクインできないとの調査結果です。

これがブログの世界のようです。。。。(汗)

一般的に検索結果の2ページ目以降の記事がクリックされる確率はかなり低いですよね。

自分がググるときも検索結果の2ページ目まで見ることは、ほぼないです。

そう考えると、私のようなブログ初心者がビッグワードをターゲットとした記事を書いてはいけないことが分かりました。

そんな現実を受け止めて、今後ブログとどう向き合っていけばよいかを考えてみました。

半年後、1年後、2年後などにこの記事を振り返って、その時のPV数と比較してみたいと思っています。

私のようになかなか成果が出なくて悩んでいる方の参考にもなればうれしいです。

【この記事を書いた人】

プロフィール画像(白シャツ)

About me

  • ブログ運営期間:4か月
  • 公開記事数60記事(この記事を書いている時点)
  • ブログテーマ:『ビジネス英語』、『仕事スキル』を中心
  • PV数: 1440PV/月(この記事を書いている時点)

開設後3か月時点のこのブログのスペックは平凡

この記事を書いている時点でのこのブログのスペックは以下のとおりです。

項目状況
サイト開設後もうすぐ4か月
ブログテーマ英語実務、仕事スキル、ブログ運営の計3テーマ
公開記事数60本
PV数・収益1440PV/月・収益ゼロ
1記事あたりの文字数2500~3500文字が中心
アドセンス審査3か月20回目の申請でようやく合格

このスペックはブロガー全体でみて、平均的かそれ以下の数字ではないでしょうか。

Ahrefsの調査結果が今後のこのブログ運営にも当てはまる確率は高そうですね。

いや現実はもっと厳しいかもです。

なぜなら、公開後1年以内に検索結果10位以内にランクインされる記事の多くはトレンド記事と思うからです。

トレンド記事なら、いかに早く流行りのキーワードに対して記事を書けるかでランキングが決まりそうです。

もちろん質も重要ですが。

このブログのテーマはトレンド記事ではありません。

本格的にPV数や収益を上げるためには2年以上の長期スパンでブログ運営を考える必要がありそうです。

今後のブログとの向き合い方:テーマに”賞読期限”がないことをプラス思考に

このブログは被リンクも1桁でドメインパワーもまだないです。

1語の検索キーワードで記事を書いたとしても1年以内にGoogleの検索結果10位以内に入る確率はほぼゼロです。

厳しい現実です。。。

しかし、このブログはトレンド記事を扱っているわけではありません。

英語実務や仕事スキルをテーマにしており、5年後、10年後にも読んでいただける記事をめざしています。

その点を長期スパンでブログ運営を続けていくモチベーションにしたいと思っています。

今後のブログとの向き合い方

  • 自分のブログテーマは陳腐化しないものであると信じて数年の運営を前提とする
  • 検索キーワード1語をターゲットにした記事は書かない
  • ミドルワード以下のターゲット記事で月に10本程度の記事を書く
  • 数か月単位でリライトを行い10位以内のランクインをめざす

まとめ:あきらめずに書き続けることがとにかく大事

ブログ運営はどうやら本当に長期勝負ですね。

地道にコツコツ続けるしかありません。

トレンド性のないテーマを扱う場合は特にそうです。

頭ではそれが分かったので、あとは本当にそれが実践できるかどうかです。

PV数が上がらない期間でもブログには少ないコストで以下のメリットを得られます。

  • ライティングスキルを向上できる
  • 知識やスキルのドキュメント化ができる
  • 夢を抱ける

1年後、2年後の自分よ!待ってろぉ~。

 

こちらもCHECK!

【20回申請して分かった!】アドセンス審査の合格を早めるポイント
記事タイトル入りアイキャッチ画像
ひきこもり主婦にブログがおススメな7つの理由
記事タイトル入りスライド
【目からうろこ】検索順位を上げるカギはGoogleからの23の質問にあり!
HOMEへ戻る

-ブログ運営

© 2021 Go for a Change.