英語トピック

「英語学習ブログで稼ぐ」はできるのか?100記事書いた振り返り

記事タイトル入りスライド

 

こんにちは、りゅーたです。

 

検索ボリュームが100-1000回/月のロングテールキーワードをターゲットに1年以上記事を書いています。

 

先日、このブログの英語学習テーマの記事が100本に到達しました。

 

ブログを始める前までは、

 

1年ぐらい頑張れたら5万~10万PV/月ぐらいは行くのでは

 

そう期待していました。

 

しかし、現実は甘くなかったです。

 

現在、英語関連の記事100本で合計1万PV/月あるかどうかです。

 

収益は、ガリガリ君40本/月ぐらい。

 

期待を下回る厳しい現実です。

 

稼ぐためには、PV数がもっと増えないとどうしようもないですね。

 

英語学習記事を100本書いたこれまでを振り返り、

 

『英語学習ブログで稼ぐことはできるのか』

 

について感じたことを書きました。

 

英語学習のブログを書いて稼ぎたい

 

英語学習のブログを書いているけどPV増えず稼げない

 

そんな人に少しでも参考になればうれしいです。

 

ただし、

 

稼げていない人が振り返ります。

 

この微妙な感じは、あらかじめご了承ください。(苦笑)

 

 

この記事を読むと分かること

英語学習ブログで稼げない理由

 

この記事の信頼性

微妙(収益やPV数を伸ばせていない人がその理由を振り返る)

 

この記事のまとめ

英語学習ブログで稼げていない理由

・ブログに重要なEAT(専門性、権威性、信頼性)が弱い

・英和辞典や市販教材にある内容をブログにまとめても検索順位は上がらない

・TwitterなどのSNSでフォロワー数を増やせていない

英語学習ブログで稼ぐには

自分の視点、意見、経験を織り交ぜて独自性を加える

・検索ボリュームが100~1000回ある「○○ 英語」のロングテールキーワードでPV数をもっと増やす

SNSなど検索結果に頼らないPV数を増やす

 

目次

 

「英語学習ブログで稼ぐ」ができていないワケ

 

稼ぐためにはPVが必要です。

 

『PVを伸ばすにはEATが重要』

 

ブログを書いていれば、一度は聞くSEO(Search Engine Optimization)対策ですよね。

 

それか、SNS経由で記事のPV数を増やすのが鉄則です。

 

この2つ観点でPV数が伸びていない理由をまとめました。

 

理由①:権威性がない

 

英語学習分野の有名人や一人者。

 

そういう人なら権威性も語れるかもしれません。

 

自分のプロファイルは以下のような感じです。

 

  • 仕事:サラリーマン(仕事で英語を使う)
  • 最新TOEICスコア:855点(2020年)
  • 英検:準1級(学生時代に2回目の試験で取得)
  • 語学留学:学生時代にUSに10カ月
  • 最近の英語学習方法:オンライン英会話、市販教材を中心

 

特に珍しくもなく普通にいますよね。

 

こういう感じの経験を持った英語学習者は。

 

Twitterのフォロワー数もないに等しいです。

 

しかも、TOEICスコアや資格は自己申告に過ぎません。

 

読者の方に信頼していただけるよう、ブログ内にTOEICスコアの画像も載せてはいます。

 

しかし、Googleが検索順位の参考にするのはスコア画像をアップしているかどうかではありません。

 

権威性があるかどうかは、SEO的には被リンクの質と数が重要です。

 

そんな被リンクはついていません。

 

ミュー吉
(悲)

 

↑ 目次へ戻る

理由②:専門性がイマイチ

 

英語学習テーマは広いので網羅性と専門性を確保するのが大変です。

 

2021年11月時点の記事数の状況です。

 

英語学習テーマ:100記事

仕事・断酒テーマ:20記事

 

完全な雑記ブログにならないように、テーマやターゲットの特化は意識していました。

 

しかし、記事を増やそうとするがために、英語学習から逸れた記事も書く。

ブログ初心者に多いパターンに自分もはまっていました。

 

日本人すべてが英語教育を昔から受け、グローバル化がどんどん進んでいます。

 

世の中には、何十年も前から多くの英語学習教材や書籍、サイトがありふれていいます。

 

競争が厳しく、広めの英語テーマで個人ブログが専門性を発揮するのはカンタンではないですね。

 

↑ 目次へ戻る

理由③:信頼性がイマイチ

 

英語表現や語法に関する記事をいくつか書いてきました。

 

英文法や英語表現は海外の信頼できそうなサイト、Longman英英辞典、オーレックス英和辞典などでチェックしています。

 

Nativeに確認することもあります。

 

しかし、信頼性に欠けるのかそれでもPVは思うように伸びてくれません。

 

具体的な記事で説明した方が分かりやすいと思うので後ほど紹介します。

 

理由④:SNS経由のPVもない

 

SNSもうまくっていません。

 

フォローワー数は100ぐらい。

 

何度か記事をツイートしましたが、毎回閑古鳥が鳴いていました。

 

「いいね」がつかないと連続してツイートする気が失せます。

 

そんな感じなので、SNS経由のPV数はほとんどありません・・・。

 

もっと、やり方を勉強する必要がありますね。

 

PV数がない記事例:英和辞典や教材にある文法や語法をただ書き写しただけのような記事

 

PVがない記事を2本紹介します。

 

検索語「貸す 借りる 英語」の検索順位の推移

記事投稿4ヵ月後から20~40位以内を推移【5PV/月】

 

英語の「貸す・借りる」の表現にはいくつか該当する英単語がありますよね。

 

同じ「借りる」でも、有償と無償で英単語が違います。

 

関連する英単語を整理しておきたいと思い、記事を書いてみました。

 

冴えないPV実績です。

 

項目内容
検索ボリューム①(キーワードプランナー)「貸す 借りる 英語」100~1000
記事作成日2021年2月(8カ月経過)
文字数6400
リライト回数1回
GRC検索順位(Google) 「貸す 借りる 英語」記事投稿4ヵ月後から20~40位以内を推移
月間PV数実績(2021年10月)5

 

 

検索語「連続して 英語」の検索順位の推移

記事投稿6ヵ月後から10~20位以内を推移【10PV/月】

 

「連続して」、「○日連続」にもいろいろな言い方がありますよね。

 

自分の勉強のためにも調べて整理し記事を書きました。

 

しかし、こちらもポンコツです。

 

項目内容
検索ボリューム①(キーワードプランナー)「連続して 英語」100~1000
記事作成日2020年12月(10カ月経過)
文字数3200
リライト回数2回
GRC検索順位(Google) 「連続して 英語」記事投稿6ヵ月後から10~20位以内を推移
月間PV数実績(2021年10月)10 

 

 

これらの記事はなぜ検索上位に入り込めないのか。

 

理由をもしGoogleに聞けるなら、こんな感じの回答が返ってきそうです。

 

類似の記事は既にたくさんあるし、辞書に書いてある内容が中心なら信頼性専門性が高い辞書サイトを検索上位に乗せたほうがユーザーの検索意図を確実に満足させられるよ

 

記事に書いていることは、辞書の引用を記載するなど、信頼性の確保に取り組んでいます。

 

しかし、英語のルールを個人が記事にしても、英会話サービスや教育出版社の記事や教材には及びません。

 

「この記事は参考になった!」と読者からツイートされることもないので、検索順位は停滞します。

 

↑ 目次へ戻る

PV数がそこそこ伸びた記事もある

 

反対に、うまくいった記事も少数あります。

 

記事作成前に調べた月間検索ボリューム数に近いPV数が出ています。

 

少数でもこういう記事があれば、ブログを続けるモチベーションになりますね。

 

具体的な記事を2本紹介しながら、「どうすればPV数が伸びるのか」についても考えてみました。

 

PV数が伸びた記事:英語表現や語法に加えて自分の意見や考えを記載している記事

 

検索語「英語 特にありません」の検索順位の推移

記事投稿6ヵ月後から2~5位以内を推移【1000PV/月】

 

仕事の場面で「特にありません」と英語で答える機会がよくあります。

 

いろいろな英語の言い方と使い分けで自分が注意していることをまとめた記事です。

 

毎月1000PV前後の成功した記事です。

 

項目内容
検索ボリューム①(キーワードプランナー)「特にありません 英語」100~1000
記事作成日2020年10月(12カ月経過)
文字数3200
リライト回数5回
GRC検索順位(Google) 「特にありません 英語」記事投稿6ヵ月後から2~5位以内を推移
月間PV数実績(2021年10月)1,000PV

 

 

検索語「on the internet なぜon」の検索順位の推移

記事投稿3ヵ月後から1~3位以内を推移【500PV/月】

 

「インターネットで」と英語で言うときに、on the internetと言います。

 

in the internetと昔はよく間違えていました。

 

なぜ前置詞はonなのか。

 

その理由について調べて自分なりの考察を載せた記事です。

 

こちらも毎月500PV稼いでます。

 

項目内容
検索ボリューム①(キーワードプランナー)「on the internet なぜon」10~100
記事作成日2020年9月(13カ月経過)
文字数6500
リライト回数5回
GRC検索順位(Google) 「特にありません 英語」記事投稿3ヵ月後から1~3位以内を推移
月間PV数実績(2021年10月)500PV

 

この記事の検索ボリュームはもともと少なめのキーワードでした。

 

にもかかわらず、PV数の実績は毎月3桁に到達しています。

 

狙った検索キーワード以外でも関連検索語で上位表示できているようです。

 

結果的に、100~1000のボリュームを狙った他の記事より多くのPV数を獲得してくれています。

 

こうしてみると、英語の語法や使い方を単に調べて何通りかの言い方を書いただけでは不十分ですね。

 

自分なりの使い方や注意点、実際に使ったときの経験談、失敗談などが必要です。

 

そうすることではじめて独自性が生まれます。

 

そして、独自性があれば、SNSなどでも拡散されやすくなる。

 

そいう好循環を生める記事なら、PV数やアクセスがもっと伸びていくはずですよね。

 

「○○ 英語」の検索キーワードは個人ブログでもPV数増が狙える

 

英語学習ブログで記事を増やそうとすると「○○ 英語」の検索キーワードがひとつのパターンです。

 

そのやり方で多くの記事を書いてきました。

 

1年間運営して実感したことは、「○○ 英語」で検索1位を取るのは至難の業です。

 

EATが高いWeblio辞書レアジョブEnglish LabDMM英会話なんてuKnowなどの大手英語学習サイトが上位を占めているからです。

 

けれど、3位以降あたりから個人ブログも結構ランクインされているのをご存知ですか?

 

ここが個人ブログが英語テーマでPV数を増やす狙い目ではないかと感じています。

 

大手英語学習サイトの記事には以下の特徴がありますよね。

 

  1. 個人の英会話体験談や各表現に対する主観的な意見は盛り込まれていない
  2. キャッチーな記事タイトルはつけられていない

 

内容的に主張が偏るコンテンツをわざわざ作らなくてもEATの高さで上位表示できるのだと思います。

 

一方、個人ブログなら自分の体験談や考えを各表現の説明に盛り込むことが強みになります。

 

そして、記事タイトルにも読者の目を引くキャッチコピーが使えますよね。

 

検索ボリュームがそこそこある表現なら、4位以降でもPVを増やせます。

 

以下の表は、米国のアメリカ市場調査会社、Sistex社が公開しているGoogle検索結果の順位ごとのクリック率です。

 

順位クリック率(CTR)
1位28.5%
2位15.7%
3位11.0%
4位8.0%
5位7.2%
6位5.1%
7位4.0%
8位3.2%
9位2.8%
10位2.5%

 

4位以降のクリック率を赤太字にしてみました。

 

たとえば、月間500件の検索ボリュームがあるロングテールキーワードは、4位で月間40PVが期待値です。

 

500  × 0.08 = 40PV/月 

 

これはGoogleだけの数字です。

 

同じ検索エンジンを使っているYahooを含めると2倍ありますよね。

 

そしてキャッチコピーをうまく生かせば、更にPV数の上乗せが期待できると思います。

 

そう考えると、月間500回ぐらいの検索ボリュームでも、うまくやれば個人ブロガーが1記事で100PVは狙えます。

 

ただ、注意点があります。

 

悩みが浅いキーワードは、ユーザーの購買意欲が低いです。

 

「○○ 英語」の検索意図は単に○○の意味の英語表現を調べたいだけですよね。

 

ブログで稼ぐには、『集客しやすい一般記事で内部リンクから収益記事へ誘導する』と言います。

 

最初の頃は、「○○ 英語」の記事に内部リンクを貼ればOKと思っていました。

 

数%の成果につながるのかと。

 

しかし、これまでのところ全くそんなことは起きていません。

 

『悩みが浅いキーワードの読者から成果につなげるのはかなり難しい』と感じています。

 

もちろん、自分のライティング力の問題もありますが。

 

↑ 目次へ戻る

それでも英語学習ブログを続けるつもりです

 

そもそもなぜ、自分が英語ブログを始めたのかを少し紹介させてください。

 

ブログを始めた1年ちょっと前、健康診断の悪化をきっかけに禁酒に挑むことにしました。

 

しかし、ただ禁酒をするのは困難ですよね。

 

時間を持て余します。

 

そこで、スリップ(酒をまた飲むこと)しないよう暇な時間を埋める目的でブログを始めたのがきっかけです。

 

お酒をやめて朝日を見ながら爽快な気分に包まれているところ
【禁酒の19メリットと効果】お酒をやめると少しずつ人生が変わる⤴

  「うゎ~、また意志の弱い酒好きが入ってきたぞぉ!!」   なんてね。   冗談です。   禁酒がそんなに簡単ではないことを身をもって知っています。 &nbs ...

続きを見る

 

ブログテーマを決める際はいろいろググりました。

 

「自分の好きなテーマを選ばないとブログは続かない」

 

この意見を参考に、英語ブログに決めました。

 

1年経った今、思うようにPV数は増えていませんが、今後も英語ブログは続けたいと思っています。

 

その理由は3つです。

 

↑ 目次へ戻る

続ける理由①:仕事に役立つ(知識や英語表現を整理するノート代わり)

 

自分が学んだ知識や英語表現をいつでもどこからでも見られます。

 

ネットに整理しておくと重宝しますね。

 

仕事の打ち合わせ前に英語表現を確認するのにこのブログを使っています。

 

先日も見積もりを確認する英語打ち合わせの前に、価格交渉に関する英語表現を見直しました。

 

打ち合わせ直前までスマホで確認できて便利です。

 

記事タイトル入りスライド
【もうひと押し!】価格・値下げ交渉を決める9つの条件とビジネス英語表現

  こんにちは。   仕事で製品やサービスの取引をするときは、いつも売り手と買い手の立場が異なりますね。   英語で海外企業との価格・値下げ交渉をするときも同じです。 & ...

続きを見る

 

↑ 目次へ戻る

続ける理由②:記事を書くことが英語の勉強

 

ブログで英語学習の記事を書くことそのものが英語の勉強です。

 

趣味でありながら、自己啓発もできる。

 

こんないいことはなかなかないですよね。

 

ブログの運営費用はサーバー代の月1000円程度です。

 

記事を書かない期間が続いても、いつでも再開できる維持費で済みます。

 

続ける理由③:厳しくても需要はなくならないジャンル

 

ブログ記事には、ストック型とフロー型があります。

 

  • ストック型記事:何年も長期に渡って検索ニーズがある記事
  • フロー型記事:特定の期間だけ需要が高まるトレンドネタのような一過性の記事

 

英語学習テーマはストック型記事です。

 

今後AI翻訳や自動翻訳がどんどん普及していくにせよ、英語を学習するニーズがなくなるとは思えません。

 

どんなにツールが普及しても初戦ツールに過ぎませんよね。

 

自分の言葉で外国人と英語でコミュニケーションする魅力や楽しさは不変です。

 

競争が激しく検索上位をとるのは至難の業でも、英語学習ニーズがある限り続けてみたいです。

 

続けていれば稼げる可能性も消えないですよね。(笑)

 

ミュー吉
おっさんよ。大志を抱きすぎ!

 

↑ 目次へ戻る

続ける理由④:禁酒継続に役立つ

 

「ブログを書き続けることで、再飲酒しそうな機会を潰す」

 

これが僕にとっては大事です。

 

毎回記事ネタに悩んでいますが、英語学習テーマの記事ネタは本来無限です。

 

長く続けるには良いテーマですよね。

 

100記事の定期的なリライトも必要ですし、やれることはいくらでもあります。

 

スリップしないように続けていこうと思っています。

 

↑ 目次へ戻る

まとめ

 

自分の英語ブログが稼げない理由を振り返りました。

 

世の中には英語学習ブログでPVや収益を上げている個人ブロガーもたくさんいるのでしょう。

 

うらやましいです。

 

まだ手ごたえはありませんが、そういう人に早く追いつけるよう頑張ってみたいと思います。

 

ただ、ブログを書き続けるのも結構孤独です。

 

英語学習ブログを書いているけどPV数が伸びずに悩まれている人。

 

これから書いてみようと思っている人。

 

ぜひ一緒にがんばりませんか?

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

 

PS:このブログで一番PV数を稼いでる記事。残念ながら英語テーマではありません(笑)

オシャレで緊張する必要を感じないオフィスの部屋
【秘密】昇進昇格面接の緊張対策(面接官を惹きつける成果の4ステップ)

  こんにちは。   わずか30分~1時間で結果が決まる昇進昇格面接。   しっかりと準備して臨まないと同期に差をつけられる昇進昇格面接。   たとえ出世欲がな ...

続きを見る

 

↑ 目次へ戻る

 

 

英語学習ブログの人気サイト

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 


英語ランキング

 

 

あわせて読みたい

オンライン英会話で英語が話せるようになれるのか? 1

  オンライン英会話を数か月やってみたけどほとんど話せるようにならない   これからオンライン英会話をはじめてみたいけど、ホントに英会話力が伸びるのかな。時間とお金はムダにはしたく ...

オンライン英会話でレッスンの準備をしているフィリピン人講師 2

  「オンライン英会話はなぜフィリピン人ばかりなのだろう?」   「フィリピン人講師にはどんな特徴があるのだろう?」   そう、疑問に思いますよね。   202 ...

オンライン英会話をしているレッスン生 3

  「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング(ベレ出版)」を持っているけど、スピーキング向上に生かし切れてない。暗記が楽しくないので続かない   何ページか瞬間英作文をやってみた ...

英会話をしている様子に記事タイトルを入れたスライド 4

  こんにちは。   数多くのオンライン英会話の中でも、スパトレ英会話( https://sptr.jp/ )は特に格安ですよね。   25分レッスンを毎日1回受講しても ...

オンライン英会話の7つのデメリット 5

  オンライン英会話を利用する人が増えているらしいけど、本当にやる価値はあるのだろうか・・・? やっても英語力が上達しないなら時間とお金のムダなので失敗はしたくない   この記事は ...

記事タイトル入りスライド 6

  こんにちは。   仕事で英語のスピーチをすることがあります。   良い英語スピーチには3つの共通点があると思います。   聞く人を冒頭から惹きつける 説明内 ...

記事タイトル入りスライド 7

  こんにちは。   外国人と英語で話さなければならないときに、質問や話題に困ることがありませんか?   そんなときに使えそうなネタをまとめました。   仕事や ...

お酒をやめて朝日を見ながら爽快な気分に包まれているところ 8

  「うゎ~、また意志の弱い酒好きが入ってきたぞぉ!!」   なんてね。   冗談です。   禁酒がそんなに簡単ではないことを身をもって知っています。 &nbs ...

バーの写真に記事タイトル入りスライドを入れた 9

  今日は飲み会行かずに家に帰りたい・・・   オンライン飲み会の気分じゃない・・・   そんな日は誰にだってありますよね。   ただ、これが職場の飲み会なら、 ...

10

  こんにちは。   ここ最近ずっと禁酒をしています。   お酒のドラッグ効果は怖いですよね。   ときどきスリップ(また飲んでしまうこと)してしまいそうになり ...

-英語トピック

© 2021 グロバログ