仕事スキル

これだけで十分!仕事用の鞄に本当に入れておくべき厳選9アイテム

2020年8月29日

記事タイトル入りスライド

こんにちは。

最近長年愛用している仕事用の鞄の中身を整理しました。

皆さんの仕事用の鞄の中には何が入っていますか?

鞄が古くなったので買い換えようかな

という方は、鞄の中に本当に必要なものを先に決めて自分のニーズに合った鞄選びをすると良いと思います。

また、鞄を買う予定がなくてもリフレッシュに鞄の中の持ち物を見直してみるのもすごくいいと思います。

新たな気持ちで仕事に向き合うことができます。

【この記事を書いた人】

プロフィール画像(ピンクシャツ)

About me

  • 仕事:自社サービスの運営に関する取引先との交渉業務やパートナー会社との協業プロジェクトのマネジメントに従事。主に欧米・アジアを対象として海外企業との英語による交渉・打ち合わせ・電子メール対応などの実務を14年間経験。

鞄の中身を見直した事をきっかけに、鞄の中の必須アイテムとして必要最小限入れておくべきものは何かについて記事にしたいと思います。

この記事を読むことで

仕事用の鞄の中に必須アイテムとして必要最低限入れておくと良いもの

について把握することができます。

必要かつ最低限のものだけに絞る事で以下のようなメリットがあります。

鞄が軽くなることで通勤が楽になり肩こりや疲れの原因を減らせる

鞄が軽くなると鞄のパーツへの負担も軽減され痛みが少なく寿命が延びる

鞄を含めた自分のシルエットがスマートになり周りに良い印象を与える

鞄の中に入れるアイテムの選定に重視したポイントは、身だしなみ」、「いざというときの対策」、「鞄が重たくならないの3点です。

以下の分類でまとめます。

必須アイテム

状況に応じて必要なアイテム

仕事用の鞄に入れておく必須アテイム

必須アイテム(全部で0.7kg)

 

1. 折り畳み傘 (200g)

折り畳み傘は200g前後のものが中心です。軽いものは100g以下のものも売られています。

鞄に常時入れておくと毎日天気予報を気にしなくて済みます。

また、急な雨のときに傘を持っていれば自分自身が濡れないだけでなく誰かと一緒に行動していた場合に相手に気を遣わせる事もありません。

折り畳み傘はビニール袋に入れて鞄に入れておくと良いです。雨で濡れた傘を鞄に入れるのに便利です。ただし、水臭い匂いが残らないよう濡れた傘は家に帰ったら鞄から取り出し早めに乾かしましょう。

2. 名刺入れ (50g)

スーツの内ポケットに入れて使う名刺入れも着替えた時に交換を忘れてしまうので、鞄の中を所定の位置と決めています。

3. スマホ用イヤホン (20g)

通勤中にYoutubeを見たり英語を聞いたりするのに使っています。軽いので全く気になりませんね。

4. 無香料ウェットティッシュ(300g)

無香料のウェットティッシュは、夏は通勤中や外出時に汗をかいたときに体や顔を拭き汗を拭きとれます。

またオールシーズンで外出中や食事前に手を拭いたり自分の机など除菌をかねてサラッと拭くのに、鞄の中にいつも入れておくと便利です。

無香料ティッシュ

無香料ティッシュ

5. ハンカチ (20g)

ハンカチの予備を常に1枚鞄に入れています。

毎日ハンカチをズボンのポケットに入れて会社に行くのですが、たまにハンカチを忘れてしまいます。

そういう時に鞄にハンカチが常時あると代用できます。

6. 折り畳みバック (50g)

仕事や外出先で少し大きめの荷物を持ち帰る必要が生じた際や、会社の帰りにスーパーやコンビニに立ち寄った際のエコバックとして活躍します。

折り畳める綿やビニールの素材であれば、鞄を重くする事無くスペースも取らないので入れておくと便利です。

7. マスク3枚 (5g)

マスクを2-3枚入れておくと良いです。

最近はコロナ対策でマスクを常時付けている事も多いですが、外出先でマスクが汚れたり朝家を出て最寄りの駅に着いて初めてマスクをし忘れた事に気づいたときなど、鞄に入れてある予備マスクが活躍します。

また、マスクが不要な時期においても、飛行機・新幹線などの出張時の長めの移動の際に鞄からマスクを取り出して付けるとぐっすり寝ることができます。

8. 1万円札2枚 (2g)

最近はできる限りの買い物をクレジットカードなどのキャッシュレスで行うようにしています。

財布にも鞄にも小銭は入れていません。

ただし、万一財布やスマホを失くしてしまったり、財布に現金がない時に急に現金が必要になった場合にATMを探さなくてもいいよう1万円札2枚を鞄の小さめのファスナーに入れています。

9. 非常時の笛 (15g)

鞄にこのような笛を入れています。

万一地震などの大きなトラブルに遭遇し、”エレベータに閉じ込められた”、”周りの人に知らせたい”時の備えとしてです。

軽くて小さいので場所もとりません。

災対用笛

災対用笛

以上が鞄に入れておく必須9アイテムです。

どれも軽いもので、鞄に入れておくといざというときに役立ち便利なものだけに絞っています

状況に応じて必要なアイテム

状況に応じて必要なアイテム

モバイルバッテリー&充電ケーブル

スマホが古くなりバッテリーの持ちが悪くなった時に限ってモバイルバッテリーを鞄に入れています。

スマホが新しい時や会社でスマホを充電できる環境にある時は入れていません。

バッテリーは結構重いですから。

バッテリーが軽かったら笛やマスクと同様に常時鞄にいれておくのですが。。。

ノート/ボールペン

仕事で外出が多い時期は入れています。

お客さんの前でスマホにメモを取るのは少し印象が良くないので打ち合わせ時に鞄からノートとボールペンを取り出しメモできるようにしています。

それ以外はスマホにメモすることで済ませているので基本は入れていません。

鞄にノートを入れる場合、小さめで軽いものを選ぶと嵩張らないので良いと思います。

カロリーメイト

仕事で外出が多い職種に就いた時は、急いで昼食を済ませたい時用にお店やコンビニに立ち寄らなくても鞄のカロリーメイトで凌げます。

また地震などで電車が止まって難民になった時の非常食にもなります。

ただ、カロリーメイトは口の中がパサパサになるので自動販売機で水分も必要ですね。

まとめ

鞄の中はいつも軽めでスッキリさせておくと仕事や運の流れも良くなるような気がします。

一度見直してみると気分転換にもなりますよ。

上記に記載の必須アイテム以外にも弁当やマイボトルを毎日会社に持参する場合PC/タブレットを仕事で持ち歩く必要がある場合、それらが入る形状のバックを想定する必要がありますね。

鞄の中身はミニマミストでスマートにいきましょう

最後まで読んで下さりありがとうございました。

こちらもチェック!

リーダーがチームの先を歩いている画像
良いチームリーダーの条件と心構え【18人の上司を経験した実感】

続きを見る

記事タイトル入りスライド
【鉄板手順!】仕事のスケジュール予約と打ち合わせ準備の進め方

続きを見る

記事タイトル入りスライド
ブログで分かりやすい日本語を書くために、気をつけていること7つ

続きを見る

記事タイトル入りスライド
毎朝職場で自分からあいさつをしたほうが良いたった3つの理由

続きを見る

【経験談】年上の部下との信頼関係構築は難しくない!

続きを見る

HOMEへ戻る

-仕事スキル

© 2021 Go for a Change.