英文電子メール

海外ビジネスの再開を伝える挨拶メールの書き方と注意点【例文付き】

2020年11月20日

記事タイトル入りスライド

こんにちは。

コロナウィルスが収まり海外ビジネスを再開することが決まったら、早めに行ったほうがよいことがあります。

過去に仕事で関係のあった人たちに英語で挨拶メールを送りましょう。

メールに盛り込む例文と注意点をまとめました。

英語メールの書き方の基本は、以下の記事にまとめています。

あわせて確認しましょう。

【英語実務15年】仕事に使える英語ビジネスメールの書き方

この記事はこんな人向けです(Before)

  • コロナの影響で海外事業がしばらく縮小していた
  • グローバルビジネスを再開することになり過去の人脈に連絡をしたい
  • 相手の印象を良くする連絡メールの書き方や文例を知りたい

この記事を読むと分かること(After)

  • ビジネス再開を連絡するメールを書くときのあいさつ文に盛り込むべき内容と例文(メール書き出し)
  • 海外ビジネスを再開することを伝える例文(メール本文)
  • 「今後ともよろしくお願いします」の部分の例文(メール締め)

 

【この記事を書いた人】

プロフィール画像(白シャツ)

About me

  • 英語力:英語実務において、基本英単語2000語ぐらいを使って自分が言いたいことをどうにか相手に伝えられるレベル
  • 仕事:自社サービスの運営に関する取引先との交渉業務やパートナー会社との協業プロジェクトのマネジメントに従事。主に欧米・アジアを対象として海外企業との英語による交渉・打ち合わせ・電子メール対応などの実務を15年間経験。

 

ではさっそくビジネス再開の挨拶メールに盛り込む内容を説明します。

書き出し①:お久しぶりです

しばらく相手に連絡を取っていなかった場合、「お久しぶりです」に相当するメッセージから書き始めるのが自然ですね。

I hope this e-mail finds you well. It has been a long time since I last met you.
(お元気でいらっしゃいますか。最後にお会いしてから久しぶりですね。)

metの部分は他の動詞に変えてもよいです。

  • talked
  • contacted

また、以下のようにsince以下の主語をweで始めることもできます。

It has been a long time since we joined the meeting together. I hope all is well with you.
(前回一緒にミーティングに参加して以来ですね。すべて順調であることを願っております。)

 

書き出し②:コロナに触れるかどうかは判断が難しい

特にアメリカや欧州は、日本よりコロナウィルスの被害が深刻です。

感染者や死者の数字は日本よりはるかに多かった状況です。

深刻な状況が長引いていた場合、コロナウィルスにあえて触れないのも悪くないと思います。

特に相手やその家族、親しい知人に被害があった場合、安易に触れると逆効果となることがあります。

ベトナムやオーストラリアなど、比較的被害が小さかった国もあり相手国に応じて使い分けましょう。

コロナウィルスに感染していないことや健康を願う表現

I sincerely hope that you and your families are staying safe and healthy.
(あなたとあなたの家族が安全で健康であることを切に願います)

I sincerely believe and hope that you and your close colleague are safe and have not suffered from COVID-19.
(あなたとあなたの親しい同僚が安全でコロナウィルスの被害を受けていないことを切に願います)

ポイント(hopeとwishの違い)

  • hopeは、現実に即して使います。「望んでいる」「期待する」「(希望をこめて)期待する」などの意味です。
  • wishは仮定法的に使います。実現の可能性が低いことや現実に反していることを望むときに使います。

補足

健康などを祈る願望表現では、wishとhopeのどちらを使ってもOKです。

注意すべき点は文法です。

hopeの場合、hopeに続く文章はthat節です。wishに続く文章は、”人+名詞”となります。

I hope that you will be happy.

I wish your happiness.

例文は、コロナウィルスの猛威の現実をふまえて"hope"のあとにthat節を使う英文です。

コロナウィルスに一度感染した相手が回復している、または回復を願う表現

I was surprised to hear that you had been infected with COVID-19. I am very glad to hear your recovery.
(あなたがコロナウィルスに感染したときいて驚いていました。回復を聞いて喜んでいます)

I trust you recover fully from COVID-19.
(コロナウィルス感染から完全回復されていると信じています)

相手の詳しい状況が分かっている場合、その状況に応じて英文を考えましょう。

自分は健康で元気と伝える表現

Fortunately, myself and my family are pretty fine.
(幸いにも私と家族は元気です)

本文:海外ビジネスを再開することを伝える

「会社として正式にグローバルビジネスの再開を決めた」と相手に伝わるように書きましょう。

英語の”再開する”には、以下の動詞が使えます。

再開する

  • resume: 自己都合かどうかを問わず、しばらく止めていた状態から再開するときに使います
  • restart:"止めていた状態から再開する"、"一からやり直す"の両方の意味で使えます。
  • reopen:お店や支店など、場所や施設の営業が再開するときに使います

以下のような例文が挨拶メールに使えます。

We are please to announce that my company would resume global business from next quarter.
(わが社は次の四半期からグローバル事業を再開することを喜んでお伝えします)

It gives us great pleasure to inform you that our company decided to restart global business.
(わが社はグローバル事業を再開することを喜んでお伝えします)

We made an announcement of re-opening of New York branch of my company.
(ニューヨーク支店が再開する運びとなりました)

締め:これからもよろしくお願いします

再び一緒に仕事ができる喜びをしっかりと相手に伝えてメールを締めましょう。

I can not wait to see you again soon.
(再会を楽しみにしています)

I am really exited to be able to collaborate with you again.
(再び協業できることにワクワクしています)

I hope we will do good business together again.
(また一緒によい仕事ができるといいですね)

Thank you for your continuous support.
(引き続きよろしくおねがいいたします)

We are looking forward to our future business collaboration in the days ahead.
(今後また一緒に仕事ができることを楽しみにしております)

I hope we will soon get back to normal with mutual business recovery and expansion.
(早期に通常の生活に戻り、お互いのビジネスが回復し拡大することを祈っています)

まとめ:親しい相手には電話もしてみましょう

正式に海外ビジネスの再開が決まったら、以下の2点を心がけて挨拶メールを送りましょう。

  • 相手の健康と安全を思いやる
  • 時間を開けずにできるだけ早く、ビジネスの再開を喜びとともに伝える

「自分を大切にしてくれている」と相手がより強く感じてくれるはずです。

相手から好意的な内容の返信が届いた場合、電話をしてみるのもよいと思います。

再開後のビジネスをスムーズに進めやすくなります。

関連記事

記事タイトル入りスライド
【外国人の懐に入る!】24言語のありがとうとビジネス英語のお礼表現16選
アフターコロナの海外出張持ち物リスト【手荷物バッグ/スーツケース別】
記事タイトル入りスライド
【ハリス副大統領の英語】勝利演説スクリプトと英会話やTOEICに役立つ英語表現
記事タイトル入りスライド
前置詞が聞き取れない理由が分かった!【30年の英語学習で見つけたヒアリング秘策】
HOMEへ戻る

-英文電子メール

© 2021 Go for a Change.