オンライン英会話

【斬新すぎるスパトレ!】NHKで紹介された週末ホテル缶詰英会話留学!

2021年4月26日

記事タイトル入りスライド

 

こんにちは、りゅーたです。

 

最近話題の週末金・土・日3日間のホテル缶詰留学サービスってご存知ですか?

 

英語学習のモチベーションUPや気分転換にすごく面白そうだと思ったのでレポートします。

 

コロナ禍のホテル不況や海外への渡航ができない現状を背景に、ホテルと英会話スクールの異色コラボで登場した新しい英語学習サービスです。

 

NHK World Newにも取り上げられてから、小学生から年配者まで、初心者から上級者まで多くの層の英語学習者が利用を始めているそうです。

 

下記動画の最後あたり21:45~から約3分間、このサービスの紹介動画をみてみてください。イメージが分かります。

 

NHK World News 「短期集中ビジネスホテル留学プラン スパトレとスーパーホテルのコラボサービス」

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/tokyoeye2020/20201223/2053194/

 

「スパトレ」ホテル宿泊型国内留学プラン概要

サービス提供会社:スパトレ株式会社

会社名スパトレ株式会社 

英文名称:Spartan English training academy, Inc.

所在地:〒101-0047 東京都千代田区内神田1-4-10 ATS大手町ビル

代表取締役:向井 麻里絵

事業内容:英語教授業

設立:2018年5月22日

 

サービス名:スパトレ|ホテル宿泊型国内英語留学プラン

 

2泊3日プラン:12コマの授業+テスト2回+日本人のカウンセリング2回

 

(サービス開始:2021年5月)

 

サービス費用:44,680円

 

2泊3日プラン:44,680円(税込)

 

2021年5月に値上がりしたようです。

 

以前は3万円ちょっとでしたが。

 

値上げできるのはそれだけの需要があるってことなんでしょう。

 

 ※ 支払方法:スパトレ社ホームページお申し込みフォームにて登録後、ホテルのチェックイン時に支払う

 

サービス費用に含まれるもの:宿泊代金・授業料・教材

 

  • 宿泊代金
  • 部屋でのWiFi利用
  • オンライン英会話12回
  • 教材:目的・レベルに合ったものを1冊。ケンブリッジ出版・ピアソン社と業務提携して使えるようにしたもの

 

自分で用意する物:PC・食事代

 

  • オンライントレーニングで使用するパソコンもしくはタブレット
  • マイク付きヘッドセット
  • ノート/筆記用具
  • ホテル滞在中の食事代
  • 衣類等着替え

 

サービスが受けられるホテル:東京と大阪のスーパーホテル Premier2か所

 

東京会場

SUPER HOTEL(スーパーホテル)Premier東京駅⼋重洲中央⼝
https://www.superhotel.co.jp/s_hotels/yaesu/

 

大阪会場

SUPER HOTEL(スーパーホテル)Premier大阪本町駅
https://www.superhotel.co.jp/s_hotels/honmachi/

 

※ 開催地域拡⼤予定

 

現在募集中の日程:6/11以降の週末

 

○2021年

7⽉9⽇ (⾦) 10⽇ (⼟)(2泊3日プランのみ開催)

8⽉13⽇ (⾦) 14⽇ (⼟)(2泊3日プランのみ開催)

8⽉27⽇ (⾦) 28⽇ (⼟)(2泊3日プランのみ開催)

9⽉10⽇ (⾦) 11⽇ (⼟)(2泊3日プランのみ開催)

9⽉24⽇ (⾦) 25⽇ (⼟)(2泊3日プランのみ開催)

 

※ 開催⽇程拡⼤予定

 

 

標準スケジュール(2泊3日プランの場合)

 

12回の授業が詰め込まれます。

 

最初の最後に日本人によるサポートがあり、学習にあたってのアドバイスやレビューをしてもらえます。

 

また、各コマの間に予習復習の時間が1時間あるので、前の授業の復習と次の授業の予習がしっかりとできますね。

 

 

金曜日(1日目)

時間内容
19:00チェックイン
19:30予習
20:00交流会
20:30日本人サポート
21:00予習
21:30授業①
22:00予習復習
22:30授業②
23:00就寝

 

土曜日(2日目)

時間内容
7:00食事(各自)
7:30授業③
8:00予習復習
9:00授業④
9:30予習復習
10:30授業⑤
11:00予習復習
12:00昼食(各自)
13:00授業⑥
14:00予習復習
14:30授業⑦
15:00予習復習
16:00授業⑧
17:00予習復習
17:30授業⑨
18:00予習復習
19:00食事(各自)
20:00授業⑩
20:30予習復習
21:30授業⑪
22:00予習復習
22:00就寝

 

日曜日(3日目)

時間内容
7:00食事(各自)
7:30授業⑫
8:00復習
9:00テスト
9:30日本人サポート
11:00チェックアウト
 プログラム終了

 

 

 

申込から当日までの流れ

 

スパトレ社ホームページお申し込みフォームから希望するプランを申込む

 

【参加日前約9日前】スパトレ社よりeメールが届く

  • ホテル宿泊型の国内英語留学プラン専用のスパトレのアカウントログイン情報で簡単なアンケートに回答
  • 初回実力テストの予約(参加日の1週前の水曜日~日曜日の間に受検が必要)
  • 学習教材に関しては初回テストの結果に基づき選定

 

【参加日の約5日前】学習教材の確認依頼メールが届く

  • 自身の目的やレベルに合ったものかどうかを確認(参加日の2日前までに教材確定要)

 

【参加日の約1日前】スケジュール詳細がメールで届く

 

【当日】申請したチェックイン時間までにチェックインと支払いを済ませ、その後スケジュールに沿ってカリキュラム開始

 

ホテル留学授業の流れ

 

外国人講師とのオンライントレーニングをホテルの自室にて実施。

トレーニングの流れ

① 初回実力診断テスト
英語力を8つの観点から測定される

② 日本人サポート
実力診断テストの結果に基づき、オンラインコーチングにて自分のレベルに沿った学習方法の提案と学習サポートを日本人スタッフから受ける

③ 授業
自分のレベル・目的に合った教材での授業を予習・授業・復習の順に繰り返し12コマ~14コマ行う

 

"ホテル缶詰英語留学"に期待できそうなこと

気分転換

 

週末のホテルステイってすごく気分転換になりますよね。

 

僕も自宅から片道1時間以内の距離にあるホテルにリフレッシュのために泊まったことがあります。

 

なぜか、地方の大学受験で一人でビジネスホテルに泊まったときの新鮮な感覚が味わえました。

 

ちょっとだけさみしさもありましたが(笑)

 

静かなホテル部屋にひとりで閉じこもると、自宅とは違う環境に、どこか冷静になれてリフレッシュできます。

 

また、このホテル留学会場のスーパーホテルには疲れを癒せる大浴場も備わっています

  • 東京会場:健康イオン水大浴場&高濃度人工炭酸泉「八重桜の湯」を完備
  • 大阪会場:天然温泉「四季彩の湯」を完備

 

英語の集中学習の疲れだけでなく、日常生活の疲れも癒してくれそうです。

 

ミュー吉
温泉イイなぁ・・・

 

また、初日の夜、参加者どおしのスカイプ交流会も開催されます。

 

参加は任意ですが、他の参加者の方々と参加期間中の達成目標等をお互い発表して高めあえることもできそうですね。

 

英語学習に超集中

 

ホテルの部屋なので自宅よりは勉強の妨げになるものが少ないです。

 

そして、お金を出してそういう環境に自ら身を置いていることを考えると、英語の勉強以外はシャットアウトでいいぐらいですよね。

 

「スマホやPCも英語の学習以外には使わない!」

 

英語の勉強に関係のないスマホアプリの通知機能をオフにしておくと英語の学習効果も高まりそうです。

 

また、教材も実力診断テストを受けてから自分のレベルにあったものが提供されるため安心です。

 

英語のアウトプット量爆増

 

2泊3日のプランで12コマ、3泊4日のプランで14コマのレッスンを1回の週末で受講します。

 

・25分×12コマのオンライン英会話と各コマの間に1時間の予習復習時間

・25分×14コマのオンライン英会話と各コマの間に1時間の予習復習時間

 

英語漬けです。

 

アウトプット量を”爆増”させ、脳によい刺激を与えられそうです。

 

短期間でもこれだけの英語シャワーを集中的に浴びて脳に刺激が入ると、その後の英語力がゼンゼン変わってきますよね。

 

「1回の週末で新たに使えるようになれる英単語や英語表現がどれだけ増えるのだろう?」

 

考えただけでなんかワクワクしてきます。

 

ちなみに、スパトレの1日1回レッスンプランについては、詳細を以下の記事でまとめています。

 

スパトレ英会話を受講して感じたメリット・デメリット、こんな人に向いている・向いていないが分かります。

 

>>【解説書!】安いスパトレ英会話は悪い口コミどおり? 事実を確認しました。

 

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
にほんブログ村

 


英語ランキング

-オンライン英会話

© 2021 Go for a Change.