オンライン英会話活用法 メタバース英会話

【体験比較】メタバース英会話とオンライン英会話の5つの違い

メタバース英会話を楽しんでいる人のイラスト

 

メタバース空間で英語学習サービスを提供する会社が増えてきました。

メタバースとは、『現実世界に自分はいながらもネット上のバーチャル空間をアバターで行動する世界』です。

大人気の「集まれどうぶつの森」をイメージすると分かりやすいですね。

最近では、AEON(イーオン)英会話学研のKiminiオンライン英会話fondiなどが続々と新サービスをリリースしています。

この中で、スタートアップが提供する『fondi』を実際に試してみました。

3年間で7社をローテーション利用しているオンライン英会話と比較すると、メタバースならではのプラスの特徴も感じました。

メタバース英会話とオンライン英会話の違いをまとめてレポートします。

目次

 

メタバース英会話とオンライン英会話の比較

メタバース英会話とオンライン英会話の違いを6つの観点から比較しました。

  1. 英会話練習のしやすさ
  2. 準備物
  3. サービス
  4. 教材
  5. 講師
  6. 料金

 

比較結果のまとめ

  • 料金以外に特徴的な違い5つある
  • メタバース英会話はシーン別英会話の練習に最適。アバターなので英会話が恥ずかしくない
  • 教材や講師は、成熟期のオンライン英会話のほうが質が高いものを選べる
  • どちらかを選択ではなくニーズに合わせてローテーション利用するのがおススメの活用法

 

英会話練習のしやすさ:メタバース英会話に強み

メタバース英会話にはゲーム性や楽しさがあります。

以下の3点がオンライン英会話にはない大きな特徴です。

メタバース英会話の特徴

  • ワクワクするメタバース空間
  • アバター英会話による恥ずかしさや緊張感の軽減
  • 他のサービス利用者と心地よい距離感で関わる

 

メタバース空間はワクワクする

メタバース英会話『fondi』のワクワクするメタバース空間

『fondi』のメタバース空間

デザインやBGMが心地よいメタバース空間に入るとワクワクしますね。

特に利用をし始めた初期は、「どこにどんな空間があるのだろう」と冒険心をかきたてられます。

どう森をやったときと同じ感覚を味わいました。

講師の顔や教材しか映らないオンライン英会話にはない魅力ですね。

メタバース空間の画像を含めてfondiのレビューを詳しく以下の記事に書いています。

【メタバース空間での英会話学習】話題のfondiをやってみた感想

続きを見る

 

アバター英会話は恥ずかしくない

メタバース英会話『fondi』でアバターにて英会話をしている様子

メタバース英会話『fondi』のアバター

お互いのリアルの顔や姿が見えないアバターには恥ずかしさや緊張感を和らげる効果があります。

オンライン英会話では、講師の顔や表情の変化によりこちらが緊張して英語をアウトプットしにくくなることがありますよね。

アバターはリアルな表情が見えないので、沈黙が増えたり間に困ってもそこまで気になりませんよ。

そして、fondiのように自由に動き回って他の利用者と英会話をするサービスなら、時間を気にせず会話を終えたいと思ったタイミングでその場を離れればいいだけです。

『教室で講師とマンツーマンレッスン25分』とは緊張感が違いますね。

『間違えてもいいので英語をアウトプットする』

この練習を実践するのにメタバース空間は向いています。

 

他のサービス利用者と心地よい距離感で関わる

メタバース英会話では他のサービス利用者と心地よい距離感を保って関わることができます。

たとえば、Kimini英会話のメタバースサービスでは、参加者みんなで英語を題材に連想ゲーム、〇×クイズ、なぞなぞなどゲーム形式で英語学習を楽しめます。(以下の画像はPR Times記事より引用)

Kimini英会話のメタバース空間では英語クイズなどを他の参加者と楽しめる

メタバース空間で他の参加者とクイズ大会(Kimini英会話)

 

アバター同士ですし、オンライン英会話のグループレッスンより気楽に他の利用者と関われますよね。

 

準備物:メタバース英会話はVRゴーグルが必要な場合も

メタバース英会話オンライン英会話
PC・タブレット・スマホのブラウザ、VRゴーグルのいずれかPC・タブレット・スマホのブラウザまたは専用アプリ
ネット接続環境(WiFi/4G/5Gなど)ネット接続環境(WiFi/4G/5Gなど)

メタバース英会話とオンライン英会話で準備するものに大きな違いはありません。

メタバース英会話では、サービスを提供する会社によりVRゴーグルが指定されている場合があります。

メタバース英会話の指定デバイス

  • AEON VRVRゴーグルMeta Quest2)を受講者にて用意
  • Kimini英会話:PC・タブレット・スマホのブラウザ
  • fondi:スマホ(iOS/Androidに対応)

AEON VR指定の『Meta Quest2』は、128Gモデルが実勢価格6万円前後です。

 

サービス:メタバース英会話はグループ、オンライン英会話はマンツーマン

オンライン英会話の基本スタイルは「マンツーマン」ですよね。

メタバース英会話は複数利用者で一緒に楽しむサービスが提供されています。

メタバース英会話サービス内容

  • AEON VR:1回40分のレッスンに最大6名が一緒に参加する(13歳以上)
  • Kimini英会話:オンライン英会話の有料プランを利用している人が非定期開催のメタバース英会話イベントに参加する
  • fondi:専用アプリをスマホにダウンロードして無制限に利用する

 

教材:メタバース英会話はシーン別英会話に強く、オンライン英会話は種類が多い

メタバース英会話には空間デザイン力の強みを教材にいかせる特徴があります。

オンライン英会話は多くの会社がさまざまな教材を提供してるので種類が豊富ですね。

 

シーン別英会話はメタバース空間に大きな強み

英会話シーンをメタバース空間にデザインすれば、本当にその場にいるかのようなシミュレーションができます。

  • ホテルの受付
  • レストランでの注文
  • 入国手続き
  • ビジネスシーンでのプレゼンテーション

オンライン英会話では、写真や絵とテキストによるシーン説明が限界。

アバターでその場にいるかのような空間再現力は、メタバース英会話ならではの特徴ですね。

 

kimini英会話のレッスン画面『接客英語』教材

オンライン英会話では写真・動画やテキストによるシーン説明までが限界(Kiminiレッスン画面)

 

教材の種類や数はオンライン英会話が圧倒的に多い

今のところ、教材の種類と数はオンライン英会話の方がはるかに多いです。

メタバース英会話はサービスがスタートしたばかりの黎明期。

オンライン英会話は成熟市場で多くの会社がさまざまな教材を提供しているので選択肢が広いですね。

オンライン英会話の代表的な教材

  • 日常英会話・ビジネス英会話
  • デイリーニュース
  • 写真説明
  • 文法
  • 発音
  • TOEIC対策
  • 市販教材

また、Readingについては文字情報があればよいのでメタバース空間である必要はないです。

英文が画面に映ればよいのでオンライン英会話で事足りているように思います。

 

講師:現状はオンライン英会話が圧倒的によい

メタバース空間はアバター、オンライン英会話はカメラ映像と見た目の違いはあっても話す相手は両者ともリアルな人間です。

同じ人間が相手をするので、提供形式の違いによる優劣はありません。

そして、オンライン英会話の講師がメタバース英会話の講師をすることも今後どんどん増えていくはずです。

ただ、教材と同様に現状はオンライン英会話のほうがサービス会社が多く、講師の質を重視するならオンライン英会話が良いです。

また、fondiでは、英会話の相手は世界中のサービス利用者であり講師ではありません。

採用試験をパスした人ではないので「英会話を教える」観点ではオンライン英会話が優れています。

 

料金:大差なし

AEON英会話はメタバース英会話とオンライン英会話を別々のプランで提供しているため料金比較しました。(価格はすべて税込)

Kimini英会話は既存のオンライン英会話利用者向けに無料で非定期開催のメタバース英会話サービスを追加しています。

メタバース英会話
オンライン英会話
AEON VR (40分×6回)17,620円AEON英会話(25分×4回)月6800円~
Kimini英会話(オンライン英会話プランで無料利用可)Kimini英会話(スタンダードプラン)月5,480円
fondi (利用無制限)月1,950円 

AEONのメタバース英会話プランとオンライン英会話プランを25分単金で比較すると大差はありません。

  • AEON VR:1分あたり73円(17,620円 ÷ 240分)
  • AEONオンライン英会話:1分あたり68円(6,800円 ÷ 100分)

また、fondiは月1950円と一般的なオンライン英会話に比べると格安ですが、英会話のレッスンがこの料金には含まれていないので比較ができません。

 

メタバース空間で英語仕事をする未来も近い!

英会話スクール、オンライン英会話、メタバース英会話の歴史。今後は対面・オンライン・メタバースが仕事のプラットフォームにすべて加わるイメージのイラスト

『メタバース空間が実際に英語を使う仕事の場』

そんな未来はきっと近いです。

歴史を振り返ると、手ごろな価格で英会話の練習ができるオンライン英会話を2013年にレアジョブがスタートさせました。

そのころは、対面や電話での英会話がうまくなることを目的にしていました。

しかし、コロナの影響もあって時代は急速に変わり、今ではオンラインで仕事ミーティングをするのが当たり前

オンライン英会話がそのまま仕事に生かせるプラットフォームになっています。

実際、私の仕事でも外国人との打ち合わせはTeamsやZoomミーティングがほとんどです。

コロナが治まってもこの流れはもう戻らないですね。

そして、2022年、メタバースが新たに広がろうとしています。

仕事もアバターで在宅勤務。

そんなニュースもちらほら見るようになりました。

今後、対面・オンライン・メタバースのすべてが仕事のやり方に導入されていきそうです。

そう考えると、メタバース英会話が対面やオンラインでの英語仕事の練習になるだけでなく、そのまま実践の場に使えるケースも増えていくのでしょう。

 

あとがき

オンライン英会話とメタバース英会話をローテーション

オンライン英会話とメタバース英会話をローテーション

メタバース英会話とオンライン英会話には得意とする部分に違いがあります。

今後、メタバース英会話が増えていけば、もっと魅力的なサービスも生まれるでしょう。

そうなってくると、どちらかをひとつを選ぶというより、月単位でローテーション利用するオンライン英会話にメタバース英会話も加わる使い方を模索したいと思います。

シーン別英会話をメタバース英会話で実践的に試して、課題を感じたらオンライン英会話の教材やマンツーマン講師を使って英語力を強化。そして再度メタバース空間で実践英会話に挑戦する。

そんな使い方を描いています。

 

 

 

-オンライン英会話活用法, メタバース英会話