オンライン英会話の始め方 オンライン英会話レビュー

【DMM英会話とネイティブキャンプ】両社受けて気づいた質の違いのワケ

オンライン英会話の大手2社、DMM英会話ネイティブキャンプ。

「レッスンのを重視するならDMM英会話」

「レッスンのを重視するならネイティブキャンプ」

多くの比較サイトにそう書いています。

私もこの2社の区別に同感で、質を重視して最近はDMM英会話を中心に利用してます。

ネイティブキャンプは受け放題、DMM英会話は1日1~3回

のほうはプランの違いでわかりやすいですよね。

でも、のほうは「なぜそうなのか?」という疑問にちゃんと答えている情報が見つかりませんでした。

そこで、2社をオンライン英会話のローテーションに3年間利用している私が質の違いの理由をわかりやすく解説します。

 

目次

(好きなところから読めます)

 

DMM英会話とネイティブキャンプの「質」の違いの理由

質の違いを見ていく前に、2社の基本情報をさらっと確認しましょう。

おおまかな特徴を5W3Hで書くとこんな感じです。

基本情報 

DMM英会話無料ビジネス英会話

 

NativeCamp

いつ(When)24時間365日24時間365日
誰が(Who)受講者受講者(+家族1名1980円)
誰と(Whom)123か国の講師10,000人
(ネイティブ・非ネイティブ・日本人講師)
120か国の講師15,000人
(ネイティブ・非ネイティブ・日本人講師)
何を(What)26種類の教材20種類の教材
どこで(Where)PC・タブレット・スマホのブラウザ上でPCのブラウザ、タブレット・スマホのアプリ上で
どうやって(How)25分のレッスンを予約して5分~25分のレッスンを予約不要で
どれくらい(Hom many)1日1~3回何回でも
いくらで(How much)6480円~6480円~

 

自分自身のこれまでの受講経験から質の違いの実感は以下のような感じです。

レッスンを10回受けると

  • DMM英会話:当たり2回、OKレベル7回、イマイチ1回
  • ネイティブキャンプ(今すぐレッスン):当たり1回、OKレベル5回、イマイチ4回 

 

講師選びにかけられる時間の差

DMM英会話とネイティブキャンプのレッスン開始までのプロセス(DMM英会話は講師の自己紹介やレビューコメントのチェックに時間をかけられるがNativeCampはそれができない)

DMM英会話とネイティブキャンプの講師選びにかけられる時間の違い

予約してレッスンを受けるDMM英会話、予約せずにレッスンを受けるネイティブキャンプ。

この大きな違いにより、毎回のレッスン前に講師選びにかけられる時間も大きく異なります。

それが質の高い講師にあたりやすいかどうかの一番の分かれ目です。

DMM英会話とネイティブキャンプのレッスン開始までのプロセスを見てみましょう。

 

DMM英会話:講師予約 教材指定 ⇒ レッスン受講

DMM英会話の「写真描写」レッスン受講画面

DMM英会話のレッスン模様

DMM英会話では、以下のプロセスでレッスンを予約してから受講します。

step
1
レッスンを受けたい時間帯を選択

step
2
講師の属性を指定(国籍、世代、性別、詳細条件など)

step
3
候補者一覧から写真、実績、レビュー評価、自己紹介文・動画などをじっくりみて講師と時間を予約

step
4
教材を指定

step
5
レッスン受講開始

 

DMM英会話では、STEP3で以下のような講師のプロフィールをチェックしながら自分に合いそうな講師をじっくりと探すことができます。

講師のプロフィール

  • 他の受講生のレビューコメントに問題はないか
  • 発音が聞き取りやすそうか、なまりはないか
  • 経歴や趣味に興味がわくか

 

ネイティブキャンプ:教材指定今すぐレッスン

ネイティブキャンプのTOEIC対策レッスン画面

ネイティブキャンプのレッスン模様

ネイティブキャンプでは、レッスンを受けたくなったら以下のプロセスで予約せずにすぐに受講します。

step
1
教材を指定

step
2
講師の属性を指定(国籍、世代、性別、詳細条件など)

step
3
『今すぐレッスン』OKの講師一覧からを好きな人を選択

step
4
レッスン時間(5分・10分・15分・20分・25分)を選択してレッスン受講

 

DMM英会話との違いはSTEP3です。

NativeCampにも、講師のプロフィール情報はあります。

けれど、それらにゆっくり目を通す時間がとれないのです。

なぜなら、講師一覧で「いいかも」と思った講師は、同じように今どこかでレッスンを受けようとしている他の受講生も目をつけている可能性が高いから。

実際、講師一覧が表示されてからわずか10秒ぐらいで講師を決めて『今すぐレッスン開始』ボタンを押しても、「他のレッスン生が受講開始しました。」と非情なメッセージが出ることがよくあります。

うかうかしているとすぐに他の人に意中の講師を確保されてしまうのです。

講師選びにかけられる時間の差で質の高い講師に当たる確率がDMM英会話とネイティブキャンプは違うのです。

 

講師絞り込み条件の細かさの差

左:DMM英会話のレッスン予約画面、右:ネイティブキャンプのレッスン予約画面

左:DMM英会話のレッスン予約画面、右:ネイティブキャンプのレッスン予約画面

DMM英会話とネイティブキャンプでは講師の属性を指定する絞り込み条件にも細かい違いがあります。(レッスン開始までのプロセスSTEP2の部分)

指定できる条件を比較しました。

網掛け箇所はどちらか1社のみが使える条件です。

講師の絞込み機能 

DMM英会話無料ビジネス英会話

 

NativeCamp

レッスン開始時間1週間先までの30分単位で検索可
(今すぐレッスンのため)
講師国籍
(国、リジョン単位で絞り込み可)

(国、リジョン単位で絞り込み可)
ネイティブ講師
ノンネイティブ講師
日本人講師
講師年齢
(10代、20代、30代~)

(10代、20代、30代~)
講師性別
上級者向け講師×
初心者向け講師×
ビジネス英会話向け講師×
英検対応講師×
子ども向け講師
「Let's Go」子ども向け教材対応講師×
スピーキングテスト対応講師×
講師歴3年以上講師×
新人講師×
フリートークが得意×
カランメソッド半額×
(カランメソッド教材なし)
教材指定検索×
お気に入り講師のみ検索
職歴×
フリーワード検索
講師レビュー評価閲覧
(5点満点評価・レッスン回数・評価コメント)

(5点満点評価・レッスン回数・評価コメント)
講師自己紹介動画
講師へのレッスン要望機能
(自己紹介省略、文法・発音の誤り指摘、その他要望)

(自己紹介省略、文法・発音の誤り指摘、その他要望)

表をみてわかるとおり、DMM英会話のほうが絞り込み条件の数が多いですよね。

DMM英会話だけの絞込み条件

  • 上級者向け
  • 初心者向け
  • ビジネス英会話向け
  • 英検対応
  • 「Let's Go」子ども向け教材対応
  • スピーキングテスト対応
  • 講師歴3年以上
  • 新人講師

2社ともに登録講師は10,000人規模。

少しでも自分に合いそうな質の高い講師を選ぶためには、絞り込み条件も重要です。

 

つまり、

DMM英会話では、講師を細かく絞り込んで候補者の中から講師選びの時間をじっくりとれる

これが、『質を重視するならDMM英会話』の理由です。

そして、このDMM英会話を基準に比較すると、ネイティブキャンプは「講師のバラつきが多い」とか「質が悪い」となるわけです。

 

ネイティブキャンプも予約すれば質の高い講師を確保できるが・・・

ネイティブキャンプでレッスンを予約する場合の画面

予約はできるが追加費用が必要(赤枠)

ネイティブキャンプも、毎回追加費用を払って予約すればお気に入りの講師を安定して確保できます。

ただし、1レッスンあたり最低100コイン(200円)が必要。

毎回予約していると出費も増えますよね。

講師は、収入が増えるのでできるだけ予約レッスンをとりたいと思っています。

そして、質の高い講師は徐々にそれを実現できるようになっていきます。

そうなってくると優秀な講師は『今すぐレッスン』で対応する時間帯もだんだん少なめに。

『今すぐレッスン』では、人気が出た講師は確保しにくいシステムになっているのです。

ネイティブキャンプでは質の高い講師(赤い棒グラフの部分)は予約がないとレッスン受講が難しい

NativeCampでは質の高い講師(赤い部分)は予約が必要

イメージで言うと、ネイティブキャプは基本料金で受けられる講師は棒グラフが中心。

DMM英会話は、もすべての講師が基本料金で予約して受けられる

そんな違いがあります。

質の高い講師をコスパよく安定して選ぶには、やはりDMM英会話の方がおススメです。

 

\量より

DMM英会話公式サイト

※無料体験2回(日本人講師も可)受けられます

\質より

NativeCamp公式サイト

※7日間何回レッスン受けても0円です

 

以降は、DMM英会話とネイティブキャンプにおけるその他のサービス全体を細かく比較しました。

解約手続き後の制約の違いなど見落としがちなポイントもあるので最後まで目を通しましょう

【2022年】DMM英会話とネイティブキャンプの比較詳細

DMM英会話とネイティブキャンプのその他サービス全体の比較です。

優れている項目にはをつけました。

まとめ 

DMM英会話無料ビジネス英会話

 

NativeCamp

プラン・利用システム・値段
(1日1~3回レッスン)

レッスン回数無制限
教材
(瞬間英作文トレーニング)

(カランメソッド・TOEIC)
講師
多国籍の講師を選びやすい)

(フィリピン人講師の比重高)
学習補助コンテンツ
(英単語アプリ)

(リスニング強化コンテンツ)
無料体験
(日本人講師も受講可)

(1週間ノンネイティブ受け放題
キャンペーン・クーポン
(適用後初月3,240円・再利用割引も)

(初月から毎月6,480円)
利用終了手続き
(手続き後も最終日まで受講可

(手続き後は受講不可)

各項目別に共通点と違いのポイントを以下にまとめました。

 

↑目次へ戻る

プラン・利用システム・値段:14項目比較

プラン・利用システム・値段 

DMM英会話無料ビジネス英会話

 

NativeCamp

1レッスン時間25分5分・10分・15分・20分・25分から選択
レッスン受講可能時間24時間365日24時間365日
1日あたりのレッスン回数1~3回(選択プランによる)無制限(受け放題)
レッスン予約要否必要基本プラン:不要 / コイン利用:必要
レッスン予約期限15分前まで基本プラン:ー /コイン利用:10分前まで
レッスンキャンセル期限30分前まで基本プラン:ー /コイン利用:30分前まで
レッスン後の講師からフィードバック(コメント、重要英単語)(コメント、重要英単語)
利用システムPC:ブラウザ
タブレット/スマホ:ブラウザ
PC:ブラウザ
タブレット/スマホ:専用アプリ
累計利用者数100万人90万人
料金
(ネイティブ・日本人講師付)
16,590円(プラスネイティブプラン1日1回)16,280円
(プレミアムプラン+ネイティブ受け放題オプション)
32,760円(1日2回)
47,360円(1日3回)
料金
(非ネイティブ講師のみ)
6,480円(スタンダードプラン1日1回)6,480円
(プレミアムプラン)
10,780円(1日2回)
15,180円(1日3回)
家族利用可否不可可 
(1,980円/1名のファミリープラン加入要
料金(月8回プラン)4,400円(※入会後に選択可)なし
料金(月4回プラン)2,800円(※入会後に選択可)なし

※料金はすべて税込です

 

共通点:24時間365日サービスで月額6,480円

DMM英会話、ネイティブキャンプともに24時間365日レッスンを受講できます。

そして、ノンネイティブ講師のプランは、DMM英会話、ネイティブキャンプともに月額6,480円です。

 

違い:NativeCampは5分単位のレッスン可

ネイティブキャンプは5分単位のレッスン時間を決めてから受講します。

いつでも予約なしに5分間からレッスンを受けられるので、実は忙しい人に向いています

ちょっとした合間にもレッスンを受けられますよね。

 

\ 走攻守揃った大手です /

DMM英会話公式サイト

※クレカ登録しなくても無料体験2回受けられます

\ 多忙な人に合います /

NativeCamp公式サイト

※7日間何回レッスン受けても0円です

 

↑目次へ戻る

教材:29項目比較

教材 

DMM英会話無料ビジネス英会話

 

NativeCamp

デイリーニュース
(毎日記事追加 累計7000記事)

(毎日記事追加)
日常英会話
ビジネス英会話
写真描写
健康とライフスタイル×
旅行と文化
キッズ英語
Lets Go(オクスフォード大学出版)
世界の文学×
文法
発音
(基礎/実践/イギリス英語)
語彙
テーマ別会話
(トピックトーク)
ディスカッション
(5分ディスカッション)
スピーキングテスト
IELTSスピーキングテスト×
TOEICスピーキングテスト×
TOEFLスピーキングテスト×
英検
Elementary Reading(ハッピーハウス)×
Side by Side(ピアソン)
実践ビジネス英語
どんどん話すための瞬間英作文(ベレ出版)(書籍準備不要)×
(市販書籍対応無)
Grammar in Use(ケンブリッジ大学出版)×
Speak Now(オクスフォード大学出版)×
カランコース×(追加費用が必要)
TOEIC対策×(600点/800点対策コース)
スタサプENGLISH 新日常英会話コース Daily教材×
フリートーク

 

共通点:日常英会話・ビジネス英会話・デイリーニュース・英検・発音

DMM英会話とネイティブキャンプともに提供している教材は多くあります。

2社共通の主な教材

  • デイリーニュース
  • 日常英会話
  • ビジネス英会話
  • 発音練習
  • 英検
  • フリートーク

 

違い:DMM英会話は瞬間英作文、NativeCampはカランメソッドとTOEIC対策

教材の特徴的な違いです。

DMM英会話ではベストセラー本『瞬間英作文のトレーニング』のレッスンを受けられます

ネイティブキャンプでは対応してません。

一方で、カランメソッドTOEIC対策スタディサプリ日常英会話コースについては、ネイティブキャンプだけが受講可。

また、教材の中で一番選ばれているデイリーニュース教材を比較すると、DMM英会話は記事の写真ディスカッションが多めです。

ネイティブキャンプは音源再生による記事のリスニングをレッスン中に行えます。

レアジョブを含めた3社のデイリーニュース教材の比較の詳細を以下の記事にまとめています。

記事タイトル入りスライド
【3社比較】DMM英会話デイリーニュースのNC・RJとの違い

続きを見る

 

\ベストセラー本「瞬間英作文」レッスン/

DMM英会話公式サイト

※25分×30日が初月は3,240円です

\カランメソッドが独特/

NativeCamp公式サイト

※1週間無料で何回でも試せます

 

記事タイトル入りスライド
【詳細解説!】オンライン英会話NativeCamp TOEIC対策レッスン

続きを見る

 

↑目次へ戻る

講師の数:7項目比較

実際のレッスン予約画面で検索結果の講師数を数えてみました。

講師 

DMM英会話無料ビジネス英会話

 

NativeCamp

講師国籍数120か国以上(累計登録国籍数148か国)120か国
講師数(アメリカ・カナダ人)840人280人
講師数(イギリス・アイルランド人)680人110人
講師数(オーストラリア・ニュージーランド人)160人30人
講師数(フィリピン人)3,800人9,200人
講師数(その他ノンネイティブ)1,750人5,000人
講師数(日本人)400人800人

 

共通点:120か国・10,000人以上の講師

DMM英会話もネイティブキャンプも約100か国・10,000人以上の講師が登録してます。

また、両社ともネイティブ、日本人、ノンネイティブの講師を選択可。

そして、フィリピン人講師はたくさんの候補から選べます。

フィリピンは時差が1時間で人数も多いので気にする必要はありませんが、ネイティブ講師を選ぶ際は時差にも注意しましょう。

受けやすい時間帯が限られます。

時差のためネイティブ講師のレッスンを受けやすい時間帯はエリアにより違う

 日本との時差※日本時間のレッスンを受けやすい時間帯
アメリカ・カナダマイナス14時間~16時間早朝から午前中
イギリス・アイルランド・南アフリカマイナス8時間午後から夜
オーストラリア・ニュージーランドプラス1時間夜9時まで

※サマータイム以外の時期

 

違い①:ネイティブはDMM英会話、非ネイティブはNativeCampが多い

表のとおり、DMM英会話のほうがネイティブ講師の数が多いです。

反対に、NativeCampはノンネイティブの講師が多いです。

 

違い②:フィリピン人講師以外の”割合”はDMM英会話、"人数"はNativeCampが多い

登録講師におけるフィリピン人の占める割合は、DMM英会話約50%に対し、ネイティブキャンプは約55%です。

フィリピンは日本との時差が1時間。北米・欧州・アフリカはもっと時差が大きいですよね。

北中米・欧州・アフリカの講師は登録人数が少なめに加えて、時差の関係で日本時間に予約できる人数はさらに減ります。

そういう事情もあってか、予約できる講師のうちDMM英会話は70%を、ネイティブキャンプは80%フィリピン人講師が占めている印象です。

またNativeCampは講師全体のが多いです。

以前は、『今すぐレッスン』ボタンを押しても他の受講生に確保されるレッスンをすぐに受けられないことがありました。

最近は、1回目がダメだとしても2-3回繰り返すと講師がつかまるようになりました。

 

あわせて読みたい

DMM英会話のスタンダードプラン(1日1回レッスンプラン)を利用して、30日間で30か国の講師からレッスンを受けてみました。

DMM英会話でバーチャル世界旅行を楽しめた
【1カ月で30か国と話せた!】DMM英会話フリートークの感想

続きを見る

 

違い③:NativeCampには時々疲れ気味の講師も・・・

DMM英会話にもネイティブキャンプにも質の高い講師はいます。

しかし、疲れ気味の講師はネイティブキャンプのほうが多いと感じました。

何人かの講師に理由を聞いたことがあるのですが、時々、講師の指示を無視するなどまじめにレッスンを受けないひどい受講生がいるようです。

レッスン受け放題を悪用し、ふざけて講師をわざと困らせるのです。

両社とも利用規約でレッスンの進行を妨げる行為は禁止されています。

レッスンの受講に不適当な行為は強制退会になる場合もあるようなので気をつけましょう。(ネイティブキャンプは講師側から生徒をブロックする機能があります)

オンライン英会話の講師の選び方
【英語力UP最大化!】オンライン英会話講師の選び方13のポイント

続きを見る

 

\グローバル人材のお手本に会える/

DMM英会話公式サイト

※先に退会手続きしても最終日までレッスン受けられます

\ステイホームが驚くほど変わる/

NativeCamp公式サイト

※1週間無料で試せます

 

↑目次へ戻る

学習補助コンテンツ:2項目比較

学習補助コンテンツ 

DMM英会話無料ビジネス英会話

 

NativeCamp

学習補助コンテンツ英単語学習アプリ『iKnow』が無料で使えるリスニングマラソン、リーディングマラソンが無料で使える
日本人カウンセリングなし1カ月1回無料

 

共通点:レッスン時間以外も学習教材を利用できる

両社ともレッスン以外の時間も使って学習効果を高められるコンテンツを利用者に提供しています。(レッスン以外の学習コンテンツを提供していないオンライン英会話もたくさんある)

ただ、利用をやめると一部機能を除いて使えなくなるので「おまけ」機能としてとらえた方がいいと思います。

 

違い①:DMM英会話は英単語やフレーズ語彙学習アプリ『iknow』

DMM英会話を利用すると語彙力増強アプリ『iKnow』が無料で使える

DMM英会話を利用すると語彙力増強アプリ『iKnow』が無料で使える

DMM英会話を利用すると、『iKnow』という英単語やフレーズ学習アプリが無料。

旅行やTOEICなど、シーンや用途別の重要語彙マスターに役立つツールです。

スマホアプリなので、通勤中やちょっとした合間を使って語彙力を増やし定着させるのに便利ですね。

『iKnow』でできること

  • 日本語⇒英語チェック
  • 英語⇒日本語チェック
  • スペル確認
  • 発音確認

 

違い②:NativeCampは『リスニングマラソン』と日本人カウンセリング

ジャンル、レベル、語数別にコンテンツをリスニング学習に使えます。

再生スピードの変更もできるので、ディクテーション、シャドーイングの音源教材やリーディングの練習に活用してみるのもいいですね。

同様に多読コンテンツとしてリーディングマラソンもネイティブキャンプの利用者は無料です。

また、NativeCampでは月1回、日本人カウンセリングを無料で利用できます。

 

\体感して決めよう/

DMM英会話公式サイト

※無料体験2回(日本人講師も可)受けられます

\受けまくって決めよう/

NativeCamp公式サイト

※無料体験1週間受けられます

 

↑目次へ戻る

無料体験:8項目比較

無料体験 

DMM英会話無料ビジネス英会話

 

NativeCamp

無料体験レッスン回数2回無制限(受け放題)
期間7日間以内7日間以内
対象初回利用者のみ初回利用者のみ
登録が必要な情報名前、ニックネーム、メールアドレス名前、ニックネーム、メールアドレス
クレジットカード登録不要必要
1回目の無料体験レッスン通常レッスン通常レッスン
Native講師の無料体験1500円(支払い後30日以内のプラスネイティブプラン入会で全額キャッシュバック500コイン(1000円)が必要
日本人講師の無料体験400コイン(800円)が必要

 

共通点:非ネイティブ講師のレッスン無料

DMM英会話もネイティブキャンプも無料体験を初めての利用者向けに提供しています。

無料体験でも通常レッスンを選べて、好きな講師・教材を指定できますよ。(初回は英会話力測定テストとしているオンライン英会話もある)

ただし、ネイティブ講師の体験は、両社とも有料です。(表のとおり)

 

違い:DMM英会話はクレカ登録不要・日本人講師も可、NativeCampは1週間非ネイティブ受け放題

DMM英会話はクレカを登録しなくても無料体験ができます。

NativeCampは登録が必須なため、無料体験だけで終わる場合は利用終了(休会・退会)手続きを忘れずに行う必要があります。

 

そして、DMM英会話は日本人講師のレッスンを1回だけ無料体験で受けられますが、ネイティブキャンプは有料です。(800円/回)

ネイティブ講師の無料体験については、両社ともできません。

DMM英会話では1,500円かかりますが、30日以内にプラスネイティブプランに申し込むとキャッシュバックされます。

ネイティブキャンプは1,000円必要です。

 

\自己投資の判断は試した後で/

DMM英会話公式サイト

※無料体験2回(日本人講師も可)受けられます

\短期集中英語学習に/

NativeCamp公式サイト

※無料体験も1週間無制限です

 

キャンペーン・クーポン:5項目比較

キャンペーン・クーポン 

DMM英会話無料ビジネス英会話

 

NativeCamp

初月割引ノンネイティブ50%OFF・ネイティブ20%OFF
(無料体験後72時間以内の登録)
2か月目・3か月目の割引有償サービス加入者は20%OFF適用可
(みんなの優待、デイリーPlus、駅探バリューDays)
再開割引き不定期開催1月・4月・9月の実施が多い)
(コイン配布不定期開催)
特別キャンペーン不定期開催(2022年4月に新生活応援CP料金90%OFF)・不定期開催
(2022年1月に料金95%OFF実施)
・不定期開催
(入会時プレゼントコイン増額)
クーポン有料利用開始後、友達紹介すると紹介者と被紹介者に3レッスン追加有料利用開始後、友達紹介するとコイン3000円分をゲット

 

共通点:年1回特別キャンペーンも

2022年は、DMM英会話とネイティブキャンプともに年に1回特別キャンペーンを行っています。

初めて利用する人限定で1カ月間だけ90%~95%OFF。

驚く値引きでした。

 

違い:DMM英会話は割引キャンペーン・クーポンが充実、NativeCampはコインがクーポン代わり

DMM英会話には初月50%OFFキャンペーンがありますが、ネイティブキャンプにはありません。

初月とは利用開始日から30日間の1カ月目を指します。カレンダーの月末までの意味ではありません。(例:15日に有料プラン申込なら翌月14日まで)

スゴイのは、初月50%OFFキャンペーンを適用後に1カ月でやめても割引後の税込3,240円で済むことです。

オンライン英会話大手3社のもう1社、レアジョブ英会話にも同様に初月半額キャンペーンがあります。しかし3か月未満でやめると割引分を支払う必要があります。

また、DMM英会話では、無料体験が終わった後の有料プラン申込時に2か月目と3か月目に20%OFFの割引を得ることができます。

しかし、有償の他サービス利用が前提なので面倒に感じて私は申し込みませんでした。(福利厚生サービスみんなの優待、デイリーPlus、駅探バリューDays利用者)

ネイティブキャンプでは、友達を紹介をするとレッスンを予約する際に必要なコインがクーポンとして提供されます。

 

\無料体験に失敗はない/

DMM英会話公式サイト

※無料体験2回(日本人講師も可)受けられます

\0円で1週間受ければハッキリ/

NativeCamp公式サイト

※無料体験も1週間無制限です

 

↑目次へ戻る

利用終了手続き:5項目比較

利用終了手続き 

DMM英会話無料ビジネス英会話

 

NativeCamp

期限毎月の支払日の前日まで毎月の支払日の前日まで
利用終了手続きの方法マイページからネット手続きで完結マイページからネット手続きで完結
利用終了手続き後の残日数分の日割利用料返却なしなし
利用終了手続き後のレッスン受講1カ月間の最終日までレッスン受講できる利用終了手続き以降はレッスン受講できない
利用終了後のデータ保存休会はレッスン受講履歴保存可休会はレッスン受講履歴保存可

 

共通点:支払日の前日までに利用終了手続き要

DMM英会話もネイティブキャンプも「今月で休会(退会)をしたい」と思ったら支払日前日までにマイページから手続きが必要です。

また、両社とも休会手続きの場合は支払いは止めたままレッスン受講履歴などのデータは残せます。

再開時に以前にお気に入り登録していた講師の情報が残っているので便利ですね。

 

違い:DMM英会話は手続き後も最終日までレッスン受講可、NativeCampは手続き後は受講できない

DMM英会話とNativeCampの利用終了手続き後の違い

ネイティブキャンプは利用終了手続きをするとレッスンを受けられない

DMM英会話は利用終了手続きをしてもレッスンを最終日まで受けられますが、ネイティブキャンプは手続き後は受講が一切できません。

ネイティブキャンプを受けたときに知らなくて「えっマジで?」と驚きました。

こうしてみると、DMM英会話は手軽に始めて手軽にやめられるオンライン英会話ですよ。

ネイティブキャンプは利用中は受け放題とスゴイですが、開始時も終了時も手続きはカタメですね。

 

\始めるのもやめるのも不安なし/

DMM英会話公式サイト

※前もって退会しても1カ月の最終日までレッスン受講できる

\受け放題×7日間=0円/

NativeCamp公式サイト

※無料体験も1週間無制限です

 

↑目次へ戻る

DMM英会話とネイティブキャンプ両社を利用した人のSNSでの口コミ

DMM英会話とネイティブキャンプ2社を利用した人がSNSで発信している口コミを検索してまとめました。

2社の評判がイメージできると思います。

DMM英会話寄りの口コミ

「大手オンライン英会話で一番安心して受講できるのはDMM英会話しかないと思った。ネイティブキャンプは講師側からブロックする機能があるのがネックです。特に未成年者の場合、普通にレッスン受けてたのに大人からブロックされたら心理的ダメージが大きすぎます。」(Uさん)

「ネイティブキャンプは回数無制限にも関わらず毎日はやってなかった。DMMは予約制のおかげか毎日続いてる。個人的にはこっちの方があってたかな。来月からはDMM1本に絞る予定。」(Rさん)

「事情により、ここ最近でCambly、DMM英会話、ネイティブキャンプの3つのオンライン英会話を試してみた。価格、教材、講師、システムとそれぞれ違うけど、私がいいと思ったのはDMMかな。しかしネイティブ講師かどうかでかなり料金に差があるの驚いた。私はむしろ色んな国の人の英語で耳を鍛えたい。」(Sさん)

 

ネイティブキャンプ寄りの口コミ

「留学がどこの国になるかわかりませんが、ネイティブキャンプは24時間ずっと留学してられますよ。慣れるという事に関して言えば1番良いかもです。」(Cさん)

「両方使っています。ネイティブキャンプは受け放題が特徴でその点が他のサービスと大きく違います。スタディサプリとのセットもあります。」(Aさん)

短期間で英語力を上げたい方はネイティブキャンプ。好きな講師としっかり英語を身につけたい方はDMM英会話がおすすめです。個人的にはネイティブキャンプのカランメゾットは、きついけど英語力がかなり身につくのでおすすめ。」(Kさん)

 

中立の口コミ

「DMM英会話は予約制なので心の準備をして受けたい方向けかと。NativeCampは忙しい人が予約せず隙間時間にその場で空いてる先生を選ぶ感じですよ」(Sさん)

「いろんな国籍の人と英会話したい→DMM英会話! とりあえず一日中英会話に狂いたい→ネイティブキャンプですね!笑」(Nさん)

「私は最初DMMでした。不満はなかったのですが、カランメソッドをやってみたくてネイティブキャンプへ移行しました。 初心者のカウンセリングや自学音声教材があるのがネイティブキャンプの良さだと思います。DMMは予約が無料ですが、ネイティブキャンプはスキマでやるなら無料ですが、予約は有料です。」(Sさん)

「DMM英会話とネイティブキャンプを行ったり来たりして4年…今日からまたDMMに帰ってきました。基本料金内で予約して受けられるDMMの良さと、1日何回でもレッスン受けられるネイティブキャンプ良さの間でいつも揺れ動いています」(Aさん)

 

あとがき:ニーズに応じて月単位で使い分ければいい

英語学習はゴルフに似ています。

両方ともうまくなるには相当の時間がかかりますよね。

ゴルフでは、100球だけを集中して練習したい日もあれば、打ち放題で2時間みっちり数を打ち込みたい日もあります。

たとえるなら「前者にはDMM英会話を、後者にはネイティブキャンプを」という感じです。

どちらか一つをずっと使うのではなく、そのときのニーズにあわせて月単位で入れ替えるのがおススメのオンライン英会話利用法です。

DMM英会話がおススメな人

  • レッスン回数よりも講師の重視。レッスンを計画的低価格で最後まで安心して受けたい人

 

NativeCampがおススメな人

  • 質や値段よりも回数重視でレッスンを受けまくりたい人

 

まとめ 

DMM英会話無料ビジネス英会話

 

NativeCamp

プラン・利用システム・値段
(1日1~3回レッスン)

レッスン回数無制限
レッスン予約機能
質の高い講師を選びやすい)

(講師よりも教材を軸に予約)
教材
(瞬間英作文トレーニング)

(カランメソッド・TOEIC)
講師
多国籍の講師を選びやすい)

(フィリピン人講師の比重高)
学習補助コンテンツ
(英単語アプリ)

(リスニング強化コンテンツ)
無料体験
(日本人講師も受講可)

(1週間ノンネイティブ受け放題
キャンペーン・クーポン
(適用後初月3,240円・再利用割引も)

(初月から毎月6,480円)
利用終了手続き
(手続き後も最終日まで受講可

(手続き後は受講不可)

 

 

の高いレッスンを!/

DMM英会話公式サイト

※無料体験2回(日本人講師も可)受けられます

の多いレッスンを!/

NativeCamp公式サイト

※無料体験も1週間無制限です

 

 

↑目次へ戻る

 

 

-オンライン英会話の始め方, オンライン英会話レビュー