オンライン英会話レビュー

【感想】NativeCamp『実践発音』レッスンはイマイチ!

 

こんにちは。

 

レッスン受け放題のネイティブキャンプには『実践発音』という教材がありますよね。

 

このレッスンを20教材ぐらいこれまで受講しました。

 

正直、この教材はイマイチと思いました。

 

どこが良くないと思ったのか、レッスンの流れ感想とともに詳しくレビューします。

 

ネイティブキャンプを受講されている方、今後受けてみたいと思っている方の参考になればと思います。

 

『実践発音』レッスン感想まとめ

  • ネイティブキャンプの『実践発音』は英会話初級者~中級者向け。上級者にはきっと物足りない
  • ネイティブ音源に続いての読み上げ発声練習が中心。発音チェックは講師の力量次第
  • 初級・中級・上級の違いは音源の単語数だけ
  • 発音の練習やチェックができるのは音源に登場する英単語。リンキング(隣り合う英単語どおしの関係から発生する音の連結)の発音チェックはおまけ程度
  • タイムトライアルは意味を感じない

 

NativeCampを受講した人

ネイティブキャンプのレッスンを受講した人:サービス業で働くサラリーマン。最近はTEAMSを利用した英語打ち合わせが多い。オンライン英会話もよく受ける

いくつかのオンライン英会話を休会月を挟みながらローテーションして英語学習を継続しています。

 

続いて、レッスンの流れや『実践発音』レッスンのメリットデメリットを説明します。

 

\無料で1週間体験できる /

ネイティブキャンプ公式サイトを見る

 

 

目次

 

 

『実践発音』レッスンの詳細

 

『実践発音』レッスンの流れ

 

レッスンの流れです。

 

step
1
前回レッスンの復習

 

実践発音の並びで前回のレッスンを受けていた場合、復習としてその音源の読み上げ練習をします。

 

私はいろいろな教材をランダムに受けていたので、スキップしました。

 

step
2
音源教材全体を1回読み上げる(1st Challenge)

ネイティブキャンプ『実践発音』レッスンの1st Challenge リーディング

1st Challenge リーディング1回 ※教材にはぼかし挿入

 

自分のペースでその日のレッスン音源教材の読み上げを1回します。

 

step
3
5つ程度の重要英単語を講師の発音に続いて2回読み上げる

 

画面に発音記号と意味とともに表示されている”Words & Expression”の英単語を講師の発音に続いて2回読み上げます。

 

step
4
音源教材を1文ごとにNative音源発音に続いて2回読み上げる(2nd Challenge)

ネイティブキャンプ『実践発音』レッスンの2nd Challenge 一文ずつの読み上げ

2nd Challenge 1文ずつ読み上げ2回 ※教材にはぼかし挿入

 

教材すべての英文を1文ずつNative音源に続いて、画面の英文を見ながら読み上げます。

 

step
5
音源教材全体のNative音源発音を1回聴く(3rd Challenge)

ネイティブキャンプ『実践発音』レッスンの3rd Challenge ネイティブ音源のリスニング

3rd Challenge リスニング1回 ※教材にはぼかし挿入

 

step
6
35秒、30秒、25秒のタイムトライアルを行う(4th Challenge)

ネイティブキャンプ『実践発音』レッスンの4th Challenge タイムトライアル

4th Challenge タイムトライアル(35秒→30秒→25秒) ※教材にはぼかし挿入

 

1回目は35秒以内、2回目は30秒以内、3回目は25秒以内を目標に教材を読み上げます。

 

時間は講師がストップウォッチでカウントします。

 

step
7
Native音源とあわせてオーバーラッピング練習を1回する(5th Challenge)

ネイティブキャンプ『実践発音』レッスンの5th Challgene オーバーラッピング

5th Challenge オーバーラッピング1回 ※教材にはぼかし挿入

 

ネイティブ音源とタイミングを合わせて(音源に揃えて)読み上げる練習=オーバーラッピング練習を行います。

 

step
8
復習として最後にもう1回音源教材を読み上げる

 

最後に復習として心を込めて教材を読み上げるよう講師から指示があります。

 

これでひととおりレッスンは終了です。

 

時間が余ったら、質問するなり、フリートークするなり、レッスンを終了するなり自由に使えます。

 

\無料で1週間体験できる /

ネイティブキャンプ公式サイトを見る

 

↑目次へ戻る

『実践発音』レッスンの数:91レッスン

 

初級、中級、上級ごとに30~31レッスンが用意されています。

 

レベルレッスン数
初級レッスン30レッスン
中級レッスン30レッスン
上級レッスン31レッスン

 

1レッスンで扱う英単語数:50語~90語

 

初級、中級、上級から3教材ずつピックアップし、音源教材の単語数をカウントしました。

 

1レッスンで読み上げ練習できる英単語数です。

 

ざっくりこんな感じです。

 

ただし、英単語の重複は考慮せずカウントしています。

 

  • 初級:50~60語前後
  • 中級:60~70語前後
  • 上級:80~90語前後

 

 

レッスン音源教材タイトル単語数
初級No.1Car in a Car Wash59語
初級No.11The Hidden Treasure Part 163語
初級No.21Polar Bears Need Help55語
中級No.1Robbery in Paris74語
中級No.11The Secret of Giraffes' long legs65語
中級No.21Advice About Record-keeping79語
上級No.1An Unlucky Day?78語
上級No.11Snakes in a Cafe91語
上級No.21Try Something New For 30 days - Part 191語

 

 

\無料で1週間体験できる /

ネイティブキャンプ公式サイトを見る

 

↑目次へ戻る

『実践発音』レッスンのここがイマイチ・デメリット(レビュー)

 

フィリピン人とインド人の講師のレッスンを受講した感想です。

 

アメリカ人やイギリス人のネイティブ講師から『実践発音』レッスンを受けたわけではありません。

 

自分の英語は完全に日本人英語です。

 

これまでシャドーイング、ディクテーション、英会話の実践を通じて英語の発音を練習してきました。

 

中級~上級者が利用した感想として目を通していただければと思います。

 

① 発音のチェックや指導は少な目

ネイティブキャンプ『実践発音』レッスンの注意書き

 

画面に表示される教材には以下のように書かれていますが、実際に受けてみたところ講師によるバラツキが大きいです。

 

読み終わった後に、講師が発音、アクセント、イントネーション、音の連結部分を指摘します。

 

発音のチェックを積極的にしてくれる講師は少なめ。

 

細かい発音の仕方に着目せず、意味が相手に通じる発音ならそのままOKとする場合が多いように感じました。

 

ハズレ講師は、

 

How was my procunciation?

 

と聞いても、

 

Your pronunciation was good. I see no problem.

 

で終わることもあったぐらいです。

 

② 良い講師が見つかるまで何度が実践発音レッスンを受ける必要がある

 

発音の指導を多めにしてくれて自身の発音もきれいなノンネイティブ講師も中にはいます。

 

けれど、そういう講師を見つけるには実践発音のレッスンを何度か受けて自分に合う良い講師を見つける必要があります。

 

ネイティブキャンプはレッスン受け放題ですし、5分単位でレッスン時間を決められます。

 

ハズレと感じたら早めにレッスンを切り上げ、アタリ講師を効率的に探したほうがよいかもしれません。

 

 

③ 35秒→30秒→25秒のタイムトライアルは意味がない

 

4th challengeのタイムトライアルは意味がないです。

 

講師が時間をはかり、教材パラグラフを最初は35秒以内、次に30秒以内、最後に25秒以内をめざして読み上げます。

 

You were in time!

 

など、時間以内に読めるとほめてくれますが、「制限時間内にただ読み上げることになんか意味あるのだろうか?」と感じてしまいました。

 

④ リンキングの発音練習はほんの少し

ネイティブキャンプ『実践発音』レッスンのリンキング発音チェック

 

リンキング(隣り合う英単語どおしの関係から生まれる音の変化)の発音練習もレッスンでカバーされています。

 

しかし、少なめです。

 

講師がチャットボックスに発音記号とともに、こんな感じで書いて送ってくれるのでそれを講師に続いてリピートする練習だけです。

 

  • You are aware 【you-wa-raware】
  • cold and flu 【cold-n-flu】
  • most of【mos-tov】

 

教材を前から順に追って、講師がリンキングが起きる箇所を詳しく説明してくれるようなものではありません。

 

月額6480円で受け放題レッスンメニューのひとつと思えば、”求めすぎ”ではありますが。

 

 

\無料で1週間体験できる /

ネイティブキャンプ公式サイトを見る

 

↑目次へ戻る

『実践発音』レッスンのここがGood・メリット(感想)

 

次にメリットです。

 

① 受け放題の1種類のレッスンと思えばアリ

 

レッスン受け放題の34教材のひとつと思えば、実践発音レッスンもアリかなと。

 

明らかに発音が違う英単語はどの先生も指摘してくれます。

 

その他にも以下のようなメリットがあります。

 

  • スピードや相手に通じるかを意識して声に出して英語を読む音読練習ができる
  • リンキングが起きる英単語の発音ができる
  • アタリ講師を見つけられたらコスパがかなり高いレッスン

 

② Native音源が教材である

 

 

ノンネイティブの講師が読む英語ではなく、教材音源そのものはネイティブ英語です。

 

このため、リピートやオーバーラッピング練習もネイティブ音源をモデルに練習ができます。

 

なまりが強いノンネイティブ講師の発音がモデルではないので安心してください。

 

③ 教材画面からいつでも音源教材を再生できる

ネイティブキャンプ『実践発音』レッスンの音源教材は再生スピード調整が7段階で可能

 

レッスン以外の時間を使っていつでも音源教材を再生して発音練習することもできます。

 

ただ、標準の1.0倍のスピードは、初級・中級・上級関係なくTOEICリスニングよりかなり遅めです。

 

スピードの切り替えは7段階で調整できるので、自分のレベルにあわせてリスニング練習にも使えます。

 

  • 0.5倍
  • 0.75倍
  • 1.0倍
  • 1.25倍
  • 1.5倍
  • 1.75倍
  • 2.0倍

 

\無料で1週間体験できる /

ネイティブキャンプ公式サイトを見る

 

↑目次へ戻る

まとめ

 

実践発音のレッスンに限ったことではないですが、NativeCampは講師の実力差やバラつきが大きめです。

 

特に、発音チェックや改善をしたい場合、講師の指導力や発音が重要ですよね。

 

良い講師が見つかるまでが辛抱ですね。

 

少し費用は高めですが、シャドーイングと発音練習を同時に効率よく実施できたシャドテンを受けると、リンキングに着目した発音指導を毎日受けられました。

 

 

 

↑目次へ戻る

-オンライン英会話レビュー

© 2022 グロバログ