仕事英語ありがちミス

『乗り物に乗る』get inとget onの前置詞かんたん使い分けルール!

乗り物のtramと記事タイトルが入ったスライド

 

「乗り物に乗る」を英語にすると、前置詞はget onとget inの両方が登場します。

 

使い分けが結構むずかしくないですか?

 

Let's get on the bus.

 

Let's get in the car.

 

いずれも正しい前置詞の使い方です。

 

でも、この記事を読んだ後は、onとinの区別に迷わなくなります!

 

  • Get           the train.
  • Get           monorail.
  • Get           the bus.
  • Get           the ship.
  • Get           the passenger plane.
  • Get           the horse.
  • Get           the bike.
  • Get           the bicycle.
  • Get           the roller coaster.
  • Get           the snowboard.
  • Get          the car.
  • Get          the ambulance.
  • Get          the small boat.
  • Get          the helicopter.
  • Get          the rocket.
  • Get          the roller coaster.
  • Get          the hot air balloon.
  • Get          the small airplane.
  • Get          the small elevator.
  • Get          the lift.

※ roller coaster:ジェットコースター

※ excavator:ショベルカー

 

 

早速、見ていきましょう!

 

目次

 

ルール① 乗り物(壁付)に乗って中で歩けるものはon

 

壁付の空間がある乗り物で、中に入って自分の席やトイレまで歩けるような乗り物にはget onを使います。

 

バス、客船、旅客機では、乗ってから自分の席まで通路を歩きます。

 

こういう乗り物にはすべてget onを使います。

 

”walk on the floor.”と、「フロアを歩く」の英語にはonが使われれるのと同じです。

 

↑ 目次へ戻る

ルール② 乗り物(壁付)に乗って中で歩けないものはin

 

反対に、乗り物へ乗ってから自分の席まで歩くことができない乗り物にはget inを使います。

 

車、ヘリコプター、セスナ機など乗ってから通路はほとんどありません。

 

このように、中に入ってすぐに席に座るような乗り物、または中で歩けない小さいエレベータなどには、get inを使います。

 

↑ 目次へ戻る

ルール③ 乗り物(壁なし)はon

roller coasterには前置詞onを使う

 

同じ乗り物でも、壁がなく空間を意識できない乗り物もあります。

 

馬、象、スノーボード、ジェットコースターなどです。

 

こういうものには、get onを使います。

 

前置詞onは、”接触”がコアな意味です。

 

これらの乗り物は、すべて体と乗り物が接触しています。

 

↑ 目次へ戻る

まとめ

truckには運転席なら前置詞はinを、広い荷台なら前置詞はonを使う

 

「乗り物に乗る」を英語にしたときの、get onとget inの使い分けを説明しました。

 

上に書いた例文の答えは以下の通りです。

 

正解

  • Get  on  the train.
  • Get  on  monorail.
  • Get  on the bus.
  • Get  on  the ship.
  • Get  on  the passenger plane.
  • Get  on  the horse.
  • Get  on  the bike.
  • Get  on  the bicycle.
  • Get  on  the roller coaster.
  • Get  on  the snowboard.
  • Get in the car.
  • Get in the ambulance.
  • Get in the small boat.
  • Get in the helicopter.
  • Get in the rocket.
  • Get in the excavator.
  • Get in the hot air balloon.
  • Get in the small airplane.
  • Get in the small elevator.
  • Get in the lift.

 

  • 壁がある乗り物の中で歩けるか、歩けないか
  • 壁がない乗り物と体の一部が接触しているか

 

で使い分けします。

 

トラックを考えると面白いです。

 

運転席や助手席は、車と同じく中に歩ける通路はないので、Get in the truck!です。

 

けれど、大きいトラックの荷台は広くて歩けます。

 

このため、「荷台に乗れ!」なら"Get on the truck!"です。

 

その他、以下のような英語の子ネタ記事もあります。

 

 

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

少しでも参考になればうれしいです。

 

↑ 目次へ戻る

 

英語学習ブログの人気サイト

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 


英語ランキング

 

 

オンライン英会話を受講している男性(記事タイトル入り)

オンライン英会話徹底レビュー

2022/1/17

オンライン英会話を始めるレベル「初心者でも大丈夫?」6社受講者が解説

記事タイトル入りスライド

オンライン英会話徹底レビュー

2022/1/16

【英語勉強20年】社会人の英会話学習モチベーション維持・向上の秘訣

記事タイトル入りスライド

オンライン英会話徹底レビュー

2022/1/9

【知ってる?】オンライン英会話の上級者向け活用法・楽しみ方と使い方

記事タイトル入りスライド

オンライン英会話徹底レビュー

2021/12/29

【理由と特徴6つ】5000円以下の激安・格安オンライン英会話は危険?

記事タイトル入りスライド

オンライン英会話徹底レビュー

2022/1/15

【フレキシブル!】大人の英会話俱楽部レビュー(口コミと評判も)

英語勉強法書籍「英語日記BOY」(新井リオ)

英語学習法・トピック

2022/1/3

【英語勉強法の紹介本】英語日記BOY(新井リオ)の要約とレビュー

オンライン英会話徹底レビュー

2021/12/20

【カンタン無料!】スカイプ・WinPCでオンライン英会話を録音・録画する方法




あわせて読みたい

記事タイトル入りスライド 1

  こんにちは。   大手3社のオンライン英会話(レアジョブ英会話、DMM英会話、ネイティブキャンプ)はいずれも月額6,380~6,480円ですよね。   あまり名は知ら ...

オンライン英会話に疲れた女性 2

  オンライン英会話を毎日レッスン受けるなんて続かない。   オンライン英会話に疲れた。最近やらない日も多くなってきたけど、毎日はきついな   この記事では、こんな悩みの ...

記事タイトル入りスライド 3

  こんにちは。   オンライン英会話『大人の英会話倶楽部』を最近利用しています。   その前までは、DMM英会話やレアジョブなど、メジャーな1日1回レッスンプランのオン ...

アメリカの街並み(記事タイトル入りスライド) 4

  オンライン英会話を数か月やってみたけどほとんど話せるようにならない   これからオンライン英会話をはじめてみたいけど、ホントに英会話力が伸びるのかな。時間とお金はムダにはしたく ...

ハイスコアのイメージ 5

  この記事はこんな人向けです 現状のTOEICリスニングパートのスコアは300点台。400点突破が次回の目標   この記事で分かること TOEICリスニングパートで400点を突破 ...

TOEIC試験でマークシートに解答を記入している様子 6

  「TOEICリーディングは時間が足りない・終わらない」   この難題を攻略する方法をいろいろ考えてみました。   TOEICリーディングって、何度受けても”過酷”です ...

オンライン英会話をしているレッスン生 7

  こんにちは。   『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』ってすぐに飽きますよね?   単調な英訳練習作業をずっとひとりで続けられる人はスゴイです。   ...

8

  英語力上達のためにオンライン英会話を受けたいけど、講師の選び方がよく分からない   この記事はそんな悩みを解決します。     こんにちは。   ...

-仕事英語ありがちミス

© 2022 グロバログ