オンライン英会話

【秘密】独学でもこうすればオンライン英会話で英語が話せるようになれました。

2021年7月3日

オンライン英会話で英語が話せるようになれるのか?

 

オンライン英会話を数か月やってみたけどほとんど話せるようにならない

 

これからオンライン英会話をはじめてみたいけど、ホントに英会話力が伸びるのかな。時間とお金はムダにはしたくない

 

こんな悩みを解決します。

 

 

どうも、りゅーたです。

 

ネット見てると、「オンライン英会話をいくらやっても英語を話せるようにはならない・伸びない」そんな主張が結構目立ちますよね。

 

アナタもそう思われますか?

 

確かに、何も考えずに毎回ただレッスンを受けてるだけなら、なかなか上達しないですよね。

 

初めてバスケットを始めた人が、ハンドリング、レイアップ、フォーメーションなどの練習を一切することなく、毎日25分間の練習試合だけをやっても、たいして上手くはなれないのと同じようなもんではないかと。

 

僕はオンライン英会話のおかげで英語がある程度話せるようになれていると実感しています。

 

ただ、工夫と努力もセットです。

 

これまで、ベルリッツ(対面)、DMM英会話、スパトレ英会話をそれぞれ1カ月~1年間受講してきました。

 

最近、レアジョブ英会話も始めました。

 

無料体験で英会話レベルの判定を受けましたが、以下の通りレベル10でした。

 

レアジョブ英会話で英語レベルの判定を受けたら「Nativeに近いレベル」のレベル10だった

レアジョブ英会話レベル判定テスト結果

 

オンライン英会話で英語を話せる力を上達させることができた経験をもとに、英語マスターに必要な学習時間英語力を伸ばすプロセス全体の2点から、

  • ただレッスンを受けるだけではなぜ英語が上達しないのか
  • オンライン英会話で英語が話せるようになるにはどうしたらよいか

これらについてまとめました。

 

結論から言うと、独学でも以下の2点を気をつければオンライン英会話で英語が話せるようになれました。

 

オンライン英会話の効果を高める方法

  • 英語マスターに必要となる学習トータル時間とプロセス、オンライン英会話でカバーできる範囲を正しく理解する
  • オンライン英会話の受講において、学習目標と期限を定め復習を重視した受講スタイルで臨む

 

早速、英語マスターに必要な時間から説明しますね。

 

【この記事を書いた人】

著者の似顔絵

About me

  • 英語力:英語実務において、基本英単語2000語ぐらいを使って自分が言いたいことをどうにか相手に伝えられるレベル
  • オンライン英会話受講歴:DMM英会話、レアジョブ英会話、スパトレ英会話、ベルリッツ(対面)
  • TOEICスコア:855点(2020年)
  • 仕事:自社サービスの運営に関する取引先との交渉業務やパートナー会社との協業プロジェクトのマネジメントに従事。主に欧米・アジアを対象として海外企業との英語による交渉・打ち合わせ・電子メール対応などの実務を15年間経験。

 

 

オンライン英会話は英語マスターに必要なトータル学習時間の一部

 

中学・高校の英語の授業時間を除き、日本人英語学習者が英語をマスターするのに1000~3000時間の学習が必要と言われています。

 

オンライン英会話でレッスンを毎日1回、3か月間受講したとして学習時間は37.5時間ですね。

 

25分×30日×3か月 = 37.5時間

 

英語マスターに必要な時間を1000時間としても、3.75%にしか相当しません。

 

時間の計算に過ぎないですが、ただレッスンを受けるだけでは英語マスターには遠いことが分かりますよね。

 

参考のため、英語マスターに必要な時間の統計情報を2つ紹介します。

 

根拠① : リクルートマネジメントソリューションズ社の調査資料

【リクルート社実施の統計情報】過去5年間で英語が伸びた社会人のトータル学習時間は1000時間~3000時間が3割程度を占めている

 

 

約500人のアンケート結果によると、英語をマスターするのに必要な時間は、約3割の回答者が1000~3000時間と回答しています。

 

根拠② アメリカ政府の発表情報

アメリカ政府発表資料:英語Nativeが日本語をマスターするのに必要な学習時間は2200時間

 

  • 資料母体:アメリカ政府:Foreing Language Training
  • 言語習得に必要な学習時間:アメリカ政府外交官が仕事で扱えるレベルの他言語を習得するのに必要な平均学習時間を発表

 

英語Nativeが日本語をマスターするのに必要な学習時間は2200時間です。

 

4段階から成る言語分類において、日本語はもっとも学習時間を必要とするカテゴリ4に分類されていますね。

 

これは、日本語と英語の言語的構造の違いを根拠にしているため、日本人が英語をマスターするのに必要な時間も同様に2200時間を目安と考えることができますよね。

 

オンライン英会話は英語マスタープロセス全体の一部

 

スピーキングに使える英語語彙が増えていくプロセス

英語のスピーキング語彙力が伸びていくプロセス

 

ちょっとマジメな話です。

 

リスニングとスピーキングに着目し、語彙力の観点から見た第二言語学習者が英語をマスターするプロセスです。

 

日本の英語教育環境では、①読んで意味が分かる語彙②聴きとれる語彙になって、その後③話せる語彙に変わっていきますよね。

 

そして、この③話せる語彙が増えないと、言いたいことを英語でうまく話すことができません。

 

また、ちゃんとコミュニケーションを成立させるには、相手の英語を聴きとれることが前提です。(②)

 

そして、英語が聴き取れるようになるには、その単語の意味が分かることも前提です。(①)

 

各プロセスに効果的な英語学習方法

英語をマスタするプロセスとリーディング、リスニング、スピーキングの各工程において効果的な英語学習方法

 

英語をマスターする全体プロセスにおいて、効果的な学習は養成したい能力ごとに異なりますよね。

 

リーディングプロセスに効果的な学習

  • 英単語・英熟語・定型表現の暗記*
  • 英文法理解

 

リスニングプロセスに効果的な学習

  • ディクテーション(書き取り練習)*
  • シャドーイング*

 

スピーキング練習に効果的な学習

  • 英文の組み立て/英作文練習
  • 発音/イントネーション練習(オーバーラッピング*)

 

*英単語暗記、ディクテーション、シャドーイング、オーバーラッピングなどの学習方法はこちらの記事で紹介しています。

 

オンライン英会話はスピーキング練習の場に過ぎない

 

英語マスターのプロセスにおいて、オンライン英会話がカバーできるのは、控えめに言ってスピーキング能力の養成だけです。

 

英文の組み立て/英作文と発音/イントネーションですね。

 

オンライン英会話は、それらを実践練習するための"場"に過ぎません。

 

レッスンを受けても講師の英語を聴いている時間がほとんどなら、英語のアウトプットも少なくなってしまい、講師からの指導の量も減ってしまいますよね。

 

代わりに講師が話す英語を聞く時間が長くなり、リスニング練習の機会にはなりますが、オンライン英会話では効果的にリスニングが伸びるわけではありません。

 

リスニング強化には、シャドーイングやディクテーションしたほうがいいです。

 

こうして見ると、オンライン英会話をただ毎日受けるだけでは、英語がなかなか伸びないのも当然という気がしませんか?

 

オンライン英会話で英語力を伸ばすには学習計画の自己管理と復習が必要

スマホ録音したオンライン英会話のレッスンを復習している様子

 

じゃぁ、どうすればオンライン英会話の学習効果を伸ばせるのか。

 

そこがキモですよね。

 

学習計画は自分でたてる(受け身で臨まない)

 

毎回適当に教材を選んでいると、効果的にスピーキング力を伸ばせないですよね。

 

『オンライン英会話を受ける際は、英語を伸ばす学習計画を自分でしっかりと建てる必要がある』

 

これがまず大事ですよね。

 

多くのオンライン英会話の会社がありますが、メジャーなオンライン英会話のひとつ、レアジョブ英会話 は無料の初回レッスン受講の際、レベルを1-10で判定後、自分にあった学習プランを策定してくれます。

 

また、毎月1回、AIスピーキングテスト「プロゴス」で自分の英語力を定量的に確認もできます。

 

まだまだ、こういうオンライン英会話は少ないはずです。

 

どこのオンライン英会話を選ぶにせよ、自分の学習計画をたて意識して計画的にレッスンに臨む必要がありますよね。

 

学習計画

  • 学習目標
  • 期限
  • レッスン受講計画
  • レッスンで選ぶ教材
  • 復習

 

オンライン英会話の教材は、オリジナル教材、シーン別の英語表現、TOEIC、TOEFL、英検、市販教材、フリートークなど多岐に渡り、自分のレベルや学習目標に合った適材をすぐには見つけにくいです。

 

受講開始しばらくは、いろいろな教材で試しにレッスンを受けてみて、自分に合いそうなものを自分の目で選別するために、最初の半月ぐらいはレッスン教材の選別期間としておくぐらいの余裕を持つのも有りですよね。

 

教材は、オンライン英会話のHPで調べる以外に、以下のようなやり方でも探せます。

  • オンライン英会話のサポート・カウンセリングに問い合わせる(あれば)
  • 体験者の情報をググる
  • レッスン講師から推奨を受ける

 

DMM英会話スパトレ英会話から、スピーキングにいおて英訳や英文組み立てに役立ったレッスン教材をひとつ紹介します。

 

ベストセラーになった市販書籍『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』を知っていますか?

 

中学1・2・3年レベルのやさしい文型と語彙だけで、たくさんの英文をスピーディに作るトレーニングをレッスン講師と行えますよ。

 

ひとまず、この教材で基本的な英文の型を覚え、口からアウトプットする練習をレッスンでしばらくやってみるのも悪くないです。

 

実際に、この教材を指定しオンライン英会話を受講した際のレポートの詳細を書いています。

 

 

 

オンライン英会話レッスン後に復習を行う

 

オンライン英会話のレッスンを受講していると、講師に伝えたいと思ったのに英語でアウトプットできない場面がたくさん出てきますよね。

 

それをそのまま流していると英語は上達しません。

 

毎回、レッスン後に復習の時間を取って、

 

  • 言いたいと思ったのに言えなかった英語表現
  • 講師が使った英語で自分はまだアウトプットできない英語表現

 

この2つをチェックするようにすると効果的にアウトプットできる英語表現を増やすことができます。

 

例を紹介しますね。

 

昨日もレアジョブ英会話のレッスンを受けて、東京のおススメ観光スポットの話を講師としました。

 

「スカイツリーより東京タワーのほうが人も混んでなくて都心の景色が展望台から見られるのでおススメ」

 

と言いたかったのですが、"都心""展望台"の英語がその場で口から出てきませんでした。

 

なので、"You can also have great view at Tokyo Tower."と省略しごまかしてその場は発言を終えました。

 

レッスン後、辞書で調べると、”You can also have great view of city center at the observation deck of Tokyo Tower.”

 

と言えば良かったことが分かります。

 

こういうひとつひとつの頭から出てこなかった英語表現を毎回レッスン後に確認する作業がスピーキング力の"積み重ね"になりますよね。

 

そして、この復習を行うのにレッスン録画や録音が役に立ちます。

 

iPhoneとAndroid11以降には、画面録画機能がありますよね。(iPhoneでは◎ボタンを長押しでマイクON録画ができる)

 

iPhoneの画面録画ボタン

 

または、PCでオンライン英会話を行い、講師と自分の音声をスマホのボイスメモで録音します。

 

レッスン後に再生して、「あっこのとき、こう英語で言いたかったのに言えずにあきらめた/別のことを言った/省略した」という部分を毎回洗い出して、相当する英語表現をエクセルかノートにメモしていきましょう。

 

こんなかんじです。

 

オンライン英会話で自分が言えなかった英語表現や講師が使った英語表現をまとめたエクセルリスト

オンライン英会話後に復習でまとめた英語表現リスト

 

エクセルでまとめると、検索したり強調箇所に色をつけたり、品詞で並び替えるなどを簡単にできるので便利です。

 

どんどん行が増えていくと、話せる語彙を積み上げていることが目に見えるので、充実感もありますよ。

 

コレ、やるとやならいではホントにスピーキングの上達スピードがゼンゼン違います!

 

オンライン英会話のレッスンを復習をせずに毎日ただ受けるぐらいなら、

 

(1日目)レッスン受講 → (2日目)前日レッスンの復習 → (3日目)レッスン受講→ (4日目)前日レッスンの復習

 

と2日に1回のペースで復習を取り入れた方が、英語力ははるかに伸びるのではないかと思います。

 

それぐらい、復習は大事です。

 

英語学習って地道な積み上げ作業ですね。

 

【表現の宝庫】オンライン英会話で初心者がすぐに使える英語フレーズ77選

 

【体験記】英会話中級レベルの伸び悩み。原因は脳の"誤作動"だった!

 

【失敗しない手順書!】2021年オンライン英会話を始める。目的別の選び方

 

オンライン英会話以外の英語学習もしっかりやる

 

先に見たとおり、リーディングやリスニングができる語彙が、スピーキングでアウトプットできる語彙の予備軍になります。

 

リーディングやリスニングに効果的な英語学習はオンライン英会話とは別に行う必要がありますね。

 

英単語・定型表現の暗記、ディクテーション、シャドーイング、オーバラッピング練習などです。

 

目標達成のためなら、ストイックに行きましょう。

 

別記事にこれらの効果的な学習方法を独学で行う方法もまとめています。

 

英単語暗記

【時間がない社会人】英語力を伸ばすために"時間帯効果"を高める大人の勉強法3手順

 

シャドーイング

【シャドテン恐るべし!】1日30分でここまで英語の上達を感じるとは・・(感想)

 

ディクテーション

【ディクテーションのやり方】ネイティブ英語が聞き取れない・わからない対策

 

オーバーラッピング

【攻略!】言葉が相手に通じない英語はオーバーラッピング練習と知識の共有で克服!

 

まとめ:オンライン英会話の効果は自分次第

英語を話す女性

 

オンライン英会話の学習効果は、こういった感じで自分次第のところが大きいですが、それをうまくできれば、コスパよく効率的に独学でも英語のスピーキング力を伸ばせます。

 

外国人と英語で繰り返し話していると場慣れもできますしね。

 

大手のオンライン英会話の場合、講師も5000人~10000人近く在籍しているのでレッスンでの出会いや講師からの刺激も英語学習を楽しくしてくれます。

 

こういうオンライン英会話の利点をうまく活用しつつ、地道に努力もする。

 

それしかないんじゃないかと思います。

 

 

それと、世の中には英語スピーキングの専門的かつ本格的な学習プログラムも提供されています。

 

たとえば、"返金保証付きで必ず英語が話せるようになるプログラム"で有名な『トライズ』って知ってますか?

 

オンライン英会話と正反対で、学習計画、学習内容、成果進捗、カウンセリングなどのすべてを自分専属の日本人コンサルタントとNative講師が管理してくれる環境で英語のスピーキングレッスンを1年間受けられます。

 

【本気で英語を話したいなら】1年英語完全サポートプログラム「トライズ」

 

「英語学習もお金で買えるのか、、、」

 

一瞬そう思ったかもしれませんが、中身は相当ハードなのは間違いないです。

 

1年間で1000時間のプログラムなので、平均毎日3時間の英語学習時間ですからね。

 

トライズの宣伝コピーにもちゃんと書いてます。

 

楽ではないから、1年で本当に英語が話せるようになります。

 

「結局、やるのは自分!」ってところはなんら変わらないですね。

 

「自己管理でオンライン英会話の学習を進めるのはちょっと限界かも」

 

ガチガチのシステムに身を置く覚悟とお金がある人にはゲームチェンジャーかもしれませんが。

 

項目オンライン英会話専門スピーキングプログラム(トライズ)
学習計画策定自分で策定専属コンサルタントが策定
学習時間自分で決定1000時間 (1年間)、レッスン受け放題
教材の選定自分で決定専属コンサルタントが選定
レッスン講師英語Non-Native外国人が中心英語Native
スピーキング力成長の進捗管理なしVERSANT試験*を毎月受験し定量評価
カウンセリング・学習のアドバイスなし/契約期間に1回程度(オプションが中心)専属コンサルタントがいつでも対応
価格(税込)5000円~15000円/月≒60,000~180,000円/年1,329,100円/年
全額返金保証なし開始後1か月間は無条件返金

*VERSANT試験の詳細はこちらの記事で確認できます

 

こうしてトライズのプログラム(平均1日3時間学習)を参考にすると、オンライン英会話を使って独学でスピーキング学習をする場合、”レッスン以外に毎日2.5時間の自己英語学習が必要”って考えることもできますよね。

 

オンライン英会話でも、アナタも計画的かつ復習を重視して学習に取り組むことができれば、1-2か月後にはスピーキングの伸びを少しずつ実感しはじめられます。

 

できた本人が言っているので間違いないです。

 

 

追伸:英会話の勉強もできるだけ楽しくやりたいですよね。

 

実際にオンライン英会話でやってみて、ホントに楽しめた二つのやり方を紹介します。

 

騙されたと思って無料体験のレッスンで試してみてください。

 

ある程度英語が話せる場合

オンライン英会話最王手のDMM英会話でフリートークを選び、毎日いろいろな国籍の外国人と会話を楽しみました。

 

初月3240円で30回もレッスンが受けられますよ。

 

記事タイトル入りスライド
【海外旅行気分】オンライン英会話フリートーク30か国3240円!(DMM英会話)

続きを見る

 

まだまだ英会話力を鍛えたい場合

中1~中3で習う基本構文を使って英訳する力を養うのに効果がありベストセラーになった「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」ってご存知でしょうか?

 

英語構文の英訳や暗記のつまらないひとり英語学習が楽しくなるとっておきの方法です。

 

オンライン英会話をしているレッスン生
「続かない」が「続けたい!」に一転。瞬間英作文 × オンライン英会話の効果

続きを見る

 

では、また。

 

 

オンライン英会話関連記事

 

【失敗しない手順書!】2021年オンライン英会話を始める。目的別の選び方

 

【解説書!】安いスパトレ英会話は悪い口コミどおり? 事実を確認しました。

 

 

 

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
にほんブログ村

 


英語ランキング

-オンライン英会話

© 2021 Go for a Change.