英語勉強法・TOEIC

【ガチレポ】安いスパトレ英会話は悪い口コミどおり? 事実を確認しました。

2021年6月1日

英会話をしている様子に記事タイトルを入れたスライド

 

どうも、りゅーたです。

 

スパトレ英会話https://sptr.jp/ )って知ってますか?

 

毎日25分のレッスンを1回受講して、なんと月あたり税込4900円です。

 

同じように1日1回レッスンが基本でフィリピン人を主な講師とするメジャーなオンライン英会話「レアジョブ英会話(6380円)」と比較するとその価格差は大きいですよね。

 

スパトレは、別メニューでビジネスホテルの客室に週末3日間こもって12回のオンライン英会話レッスンを集中的に受講する「国内留学プラン」も提供しています。

 

最近は、サッカーの岡崎慎司選手とスポンサー契約も結んだようです。

 

「面白いことをする会社だな。月4900円で毎日レッスン受けられるならいいかも」

 

と少し前から気になっていました。

 

ただ、ですよ。

 

ググってスパトレ英会話のレビューを検索してみると、悪い口コミも検索結果の1ページ目から結構出てくるんです・・・。

 

「うーん、まぁやっぱり安いだけあってサービスの中身には期待できないのかな」

 

と2カ月ぐらい前は普通に思っていました。

 

ひょっとしてアナタもそう思ってググっていたところですか?

 

自らスパトレ英会話を受講して体感してみると、いろいろ分かったのでその内容をまとめてみました。

 

結論はこんな感じです。

スパトレ英会話は、『安かろう悪かろう』の英会話スクールでは全くない。オンライン英会話でガッツリ英語学習をしたい人にとってはコスパ最強級

 

スパトレ英会話がフィットしそうな人

  • 英語力を身につけたいモチベーションがしっかりとある人
  • オンライン英会話で4つの能力(Speaking, Listening, Writing, Reading)をまとめて伸ばしたい
  • スパトレが扱う市販教材を使って学習強化を低価格で行いたい人
  • 低価格のオンライン英会話をはじめてみたい人

 

スパトレ英会話はやめておいた方がよさそうな人

  • フリートークを中心にオンライン英会話を行いたい人
  • どちらかというと英語学習より外国人との英会話を楽しむことが主目的な人

→ 130か国以上から10000人が講師登録しているDMM英会話がおススメです。フリートーク体験記もよかったら参考にしてください。

 

では、スパトレの詳しいレビューに行ってみましょう!

 

スパトレ英会話の公式サイトを見る

 

【この記事を書いた人】

著者の似顔絵

About me

  • 英語力:英語実務において、基本英単語2000語ぐらいを使って自分が言いたいことをどうにか相手に伝えられるレベル
  • 仕事:自社サービスの運営に関する取引先との交渉業務やパートナー会社との協業プロジェクトのマネジメントに従事。主に欧米・アジアを対象として海外企業との英語による交渉・打ち合わせ・電子メール対応などの実務を15年間経験。

 

 

スパトレ英会話の悪い口コミまとめ

 

まず最初に、スパトレを受講する前にググって気になった悪い口コミを大きく3つ分けてまとめました。

 

  1. 講師の数や質
  2. レッスン内容
  3. 予約から受講までの使い勝手やシステム

 

それぞれ、要約するとこんなかんじでした。

 

① 講師の質や数に関する悪い口コミ

 

  • 講師の質のバラツキが目立つ
  • やる気がなく態度も悪いフィリピン人講師が多い
  • 講師数を一気に増やしているのか、講師教育が行き届いていない

 

② レッスン内容に関する悪い口コミ

 

  • レッスンに使う教材は、自分で紙の書籍や電子書籍を買う必要あり。そのために色んな市販の教材を取っ替え引っ替え試して合うものを探すのは無理
  • フリートークがなく、レッスンの進め方がかなりかっちり決まっている。融通がきかない
  • 自習がメインで、レッスンでは主に予習課題の添削や発音などの修正が中心で会話が少ない

 

③ 予約から受講までの使い勝手やシステムに関する悪い口コミ

 

  • 予約の際に、講師の顔写真・名前・国しか見られないので選定しにくい
  • 講師が非常に少ないせいか受けたい時間に講師が予約できない。すぐに次のレッスンの予約が取れない。予約した講師がレッスン開始直前に変わってた
  • フィリピン人講師からレッスンを受ける際、現地が台風や大雨の日は通信状態が非常に悪い

 

スパトレ英会話のレッスンを実際に受講してみた結果

スパトレ英会話の著者のトレーニング履歴を表示した画面

著者の受講履歴表示画面

 

価格が特に安くなければ、「う~ん、まぁそんなもんだろうな」と悪い口コミも流してたと思います。

 

でも、レアジョブより毎月1480円も安いだけに、

 

「スパトレのコスパがもし良かったらスルーはちょっともったいないかも」

 

そんな気持ちもありました。

 

Google検索上位に表示されたこれらの悪い口コミが本当なのか、「まぁこれは、自分の目で確認するしかないよな」と思い、結局、7日間の無料体験から始めてレッスンをこれまで30回ぐらい受けてきました。

 

悪い口コミをまとめた3つの観点で、その実感を書いてみます。

 

スパトレ英会話の基本情報

 

まず、スパトレでは、レッスンのことを”トレーニング”と呼びます。

 

日々のオンライン英会話受講には、ふたつのプランがあります。

 

トレーニングが1日1回のプラン回数無制限のプランです。

 

違うのは、料金と1日あたりのトレーニング回数だけです。

 

スパトレ英会話( https://sptr.jp/

 スパトレプラン無制限プラン
月額料金税込4900円税込6380円
トレーニング(レッスン)回数1日1回無制限
トレーニング(レッスン)受講可能時間24時間/365日24時間/365日
無料体験期間7日間7日間
無料体験登録に必要な情報スカイプID、メールアドレス、クレジットカードスカイプID、メールアドレス、クレジットカード
講師の国籍フィリピン人が中心(90%以上の実感)フィリピン人が中心(90%以上の実感)
トレーニング(レッスン)を受けるツールPCがベター、スマホでも可(Skypeが必要)PCがベター、スマホでも可(Skypeが必要)
対応教材約5000教材対応約5000教材対応

 

スパトレ英会話の公式サイトを見る

 

① 教師の質や数に関して

 

「講師を一度に増やしたせいか講師の質にバラツキがある・やる気がない」などといった講師の質に関する悪い口コミ内容を実感じたことはないです。

 

むしろ、他のオンライン英会話で体験した講師と比べてもゼンゼン悪くはなく、熱意もあってレッスンを受けてて気持ちいい講師もいるぐらい。

 

ちなみに、講師の国籍は、実感で9割以上はフィリピン人です。

 

フィリピンは、一般的には英語ネイティブ国ではないと言われるみたいですが、英語はフィリピン語と並ぶ公用語ですし、9割以上の人が英語を普通に話します。

 

特にビジネスの場面では、英語があたりまえに使われている国ですよね。

 

そしてフィリピン人は、陽気で明るく優しいので英語をリラックスして学ぶのにやっぱり最適な相手です。

 

これがもし、変に相手側がプライドが高かったりすると、会話でマウントされたりとかレッスンなのに面倒に感じてすぐにイヤになってきます。

 

フィリピン人ならそんな思いをすることはなく、ホントに優しい人ばかりです。

 

そんなかんじなので、非常に英会話をしやすい雰囲気がトレーニングには常にありますよ。

 

多くのオンライン英会話にフィリピン人講師が多い理由も分かるような気がしました。

 

また、フィリピン人以外では、ナイジェリア人を試しましたが、こちらも別に問題はなかったです。(気分転換に何回かに1回はフィリピン人以外の講師も選ぶようにしています)

 

それから、これまで受けたトレーニングにおいて、開始時間に講師が遅れこともないです。

 

と、まぁそんな感じなので、講師のやる気に対する印象は全く悪くないですね。

 

ただ、トレーニングを続けていると、説明の分かりやすさとか質問に対する回答の的確さとかに講師の差を徐々に感じはじめました。

 

なので、好みの講師はだんだん絞られていきますね。

 

 

そもそも論として、オンライン英会話の講師の質に関しては、以下のように捉えておけばいいと僕は思っています。

 

  • メジャーなオンライン英会話では10000人前後の講師が在籍。この人数になるとカラーとか特色とかは一様ではない
  • オンライン英会話は、自分が受けたい(予約したい)と思ったときに空いている講師から選ぶ仕組み。講師の質のある程度のバラツキは、値段から考えても仕方ない。ダメだと思った講師は次回から避ければよいだけのこと。

 

この考えを意識しておけば、特に初期の頃にひどい講師に当たっても、「たまたまかな」と普通に我慢でき、そのオンライン英会話の全体把握に目を向けることができます。

 

もし悪い講師が日替わりで続くようなら、運営側にも問題がありそうなので、別のオンライン英会話へのスイッチを検討すればいいと思います。

 

② トレーニング内容に関して

 

スパトレでは、受講者の英語力向上をしっかりとサポートするために、トレーニングの仕組みや流れがプログラム化されていますね。

 

スパトレは(受講者が)一人でも効果的に知識データベースを獲得できるように、オンラインで実践できる学習プログラムと、外国人トレーナーによる発音・学習チェックのプログラムを設計し、科学的な学習を実践できる世界で初めてのサービス

(スパトレHPより)

 

日々のトレーニングは、『予約⇒予習⇒トレーニング受講⇒復習 』 の流れで行うのですが、英語学習者の主体的な自主学習プロセスの一部になる感じがあります。

 

選ぶ教材によっては、ReadingやWritingの事前課題が必要なものもあります。

 

このため、うまく英語学習に組み込めば、日々のスパトレ英会話で英語の4つの基本能力(Reading, Writing, Listening, Speaking)を効率的かつ同時に鍛えることができますよ。

 

スパトレ英会話の公式サイトを見る

 

トレーニングの予習

 

トレーニングの予習内容は、"いくつかの英語フレーズをあらかじめ覚えておくように"というものから、"レッスン教材を読んで200語の英作文を事前提出"などさまざまです。

 

初心者から中級者向けの表現練習やロールプレイを中心とするトレーニングは、予習にそんなに時間を要しません。

 

英語力を高めたいモチベーションがあれば全く苦にならないし、長くても30分以内でできる予習がほとんどです。

 

予習せずに受けることも当然できますが、学習効果が低減してしまうかも、という感じですかね。

 

ちなみに、予習にボリュームがあるトレーニングの例を挙げると、オリジナル教材の「TED TALK」があります。

 

こんな感じの指示です。

 

【事前準備】
動画を確認し、事前に内容を理解してきてください。動画が分からなければスクリプトの確認をいただくことをオススメいたします。
不明な語句や用法は調べておきましょう。また、内容の要約を200単語程度で事前に書いて提出してください。

 

どうでしょう?

 

これは結構時間かかる予習内容ですよね。

 

僕は30分ではちょっと難しいです。

 

他にもIELTS SpeakingやAcademic Writingのトレーニングを受講する際は、予習には相当の時間がかかります。

 

参考までに、「コミュニケーションストラテジー」というオリジナル教材でトレーニングを予約すると届く予約完了メールを紹介します。

 

しっかりと構成された毎回のトレーニングの流れがイメージできるのではないかと。

 

予約完了メールに含まれる項目

スパトレ英会話で予約を完了すると送られてくるメール

  • トレーナー名:○○
  • 予約日時:(例) 6/2 12:30-12:55
  • 教材名: (例) コミュニケーションストラテジー 中級
  • トレーニング方法: (例) Role Play
  • 実施内容: コミュニケーションの場面を定義  (例) 相手の言ったことが聞き取れなかった時の対処法
  • 学習目的:トレーニングの目標を明記
  • オススメの学習者:学習者のターゲットレベルや「○○ができるようになりたい人」により対象を明記
  • トレーニングの流れ:25分間のトレーニングにおける講師と一緒に行う学習の流れが記載されている
  • トレーニングの期待成果:トレーニングを通じて学習者ができるようになることを明記
  • 宿題: (例) 「トレーニングで使う英語表現を10個程度事前に覚えておく」などの予習内容の指示を明記

 

スパトレ英会話の公式サイトを見る

 

トレーニングの中身

 

トレーニングは常にインタラクティブで、ひとことで表現すると、『内容の濃いしっかりとした英語学習のレッスンが受けられます。』

 

第二言語習得者として英語を上達させるために、英語をインプットすることもアウトプットすることも重視しているレッスンスタイルなんでしょうね。

 

内容や指示を理解できているか、分からない単語はないかなど、講師が流れの中で気にしてくれながら進めてくれます。

 

悪い口コミにあった「自習が中心でレッスンでは英会話が少ない」なんてことは感じたことありません。

 

まぁ、でも講師の説明や指示を聞く時間もあったりするので、若干自分の発言が少なめになる時間帯もありますかね。

 

そして、トレーニング後すぐに(終了後1-2分)、Skypeのチャットでその日のトレーニング動画が丸々送られてきます。

 

スパトレのトレーニングはスカイプに保存される

過去のトレーニング録画が30日間保存される(赤枠部分)

 

実はこの機能、僕はイチオシです。

 

もう一度トレーニングを最初から再生してみることで、2つの効果があるからです。

 

トレーニング再生復習の効果

  1. 自分が言いたかったけど口から出てこなかった部分を特定し、英語表現を確認できる
  2. 講師の英語表現で「こういう言い方は自分はまだできないな」と思った部分をメモできる

 

ただ単に毎回トレーニングを受け続けるのと比べて、学習効果はゼンゼン違いますよね。

 

この復習はちょっと面倒ですが、英語の上達にはメチャクチャ大事だと思います。

 

また、トレーニング中の講師から送られた英語フレーズやロールプレイの内容もチャットに残っているのも便利です。

 

あっ、でも、フリートークに関しては要注意ですよ。

 

”常に自分の好きなテーマで外国人と毎回英会話を楽しむ”

 

なんてことは、ちょっとできる感じではありません。

 

毎回フルタイムのフリートークを希望する人にとっては、この点デメリットになるのでスパトレはやめておいたほうがいいと思います。

 

教材に沿ったテーマに関してディスカッションは毎回行われますが、ディスカッションのテーマは講師が決め、トレーニングの中の一部の時間で行うという感じです。

 

フリートーク重視派なら、DMM英会話がイチオシです。

 

世界の講師とのフリートーク体験記も書いているのでよかったらこちらもどうぞ。

 

記事タイトル入りスライド
【驚愕の面白さ!】オンライン英会話30日間フリートークの旅(DMM英会話)

続きを見る

 

トレーニング教材

 

スパトレの教材については、初回実力テストを受けた後、日本人スタッフから同じ日にレポートがメールで届きました。

 

初回実力テストの判定レベルから今後のトレーニング(レッスン)で使う教材を推薦してもらえます。

 

教材には「スパトレオリジナル教材」と「市販教材」があり、”約5000教材に対応”とホームページにも記載があります。

 

1回のトレーニングは教材内の各章単位など、より細かい単位になってます。

 

市販教材が手元に必要な場合、Amazonなどで購入しますが、オリジナル教材は追加費用なしで使えますよ。

 

ただ、教材の数が多いのは必ずしも便利とは限らないですよね。

 

予習のボリュームも教材によって結構差があるので、これだけ教材が多いと、

 

「どれが自分にフィットするんだろう?」

 

って手さぐりでよく分からないままになってしまい、教材を活用できる範囲も狭くなりがちです。

 

なので、そういうときは迷わずスパトレサポート係にメールで聞けばいいです。

 

自分が学びたい英語や注力したいビジネスシーンなどを伝えれば、スパトレサポートが適切な教材を紹介してくれるので。

 

スパトレサポート係は毎回のトレーニングの予約完了メールの署名にアドレスがついています。

 

それか、1度だけ利用が可能な「日本人サポート」を予約すれば、ライブで教材のことなど気になる点をなんでもマンツーマンで聞ける機会があるので、それを利用するのもありですね。

 

利用できるものを早めに活用することで、「えっ、もっと早く知りたかった」と後で感じなくて済みます。

 

ちなみに、自分が持っていない市販教材のトレーニングはあきらめようかとも思いましたが、

 

「いやまてよ、試しにやってみるか」

 

と思いなおし、市販教材を購入せずにトレーニングを受けたことがあります。

 

"We are checking the phrases on page 137 and 138."

 

トレーニングがはじまると、当たり前のように該当の箇所を講師が進めようとしたので、

 

「おっやばっ!」となって、

 

"I don't have a text book...."

 

と言ったら、

 

"That's no problem."⤴

 

と言われ、結局、講師が口に出して読む英語だけを聞いて、カンニングなしで発声するガチのリスニング&リピート練習になりました。(汗)

 

そして、聴きとれなかった部分は、僕の方が「Repeat again please!」と言わないといけないハメになり、講師と受講生が反対になったような状態に・・・

 

チョット優越感に浸れました。 😎 

 

ミュー吉
なわけニャイだろー!

 

まぁ冗談はさておき、教材を手元に用意してからレッスンを受けるのが基本だと思いますが、該当の市販教材がないからといってトレーニングが受けられないわけではないようです。

 

きっと著作権の問題もありますし、良い教材は手元に保有しておいた方がレッスン以外の時間も勉強に使えるので買っておくに越したことはなさそうですけどね。

 

それから、スパトレのオリジナル教材は予習や事前課題を必要とするものが多いので、どれか自分に合いそうな市販教材を用意して集中的に毎日その教材のレッスンを受けるのもすごくいいのではと思います。

 

たとえば、初級レベルの英会話からしっかりと学んでいくのに定評の教材「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」がありますよね。

 

これはスパトレでも扱われています。

 

スパトレでのレッスン単位とこの教材の事前課題は以下のような感じです。

 

事前課題は難しめに書いていますが、トレーニング前に該当のページと英文に目を通しておく程度でもゼンゼン大丈夫です。

 

市販教材「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」のスパトレにおけるトレーニングの単位と事前課題

市販教材「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」のスパトレにおけるトレーニングの単位と事前課題(全部で40回)

 

上の画像は最後の部分と事前課題の部分を切り取ったものですが、この1冊だけでも40回もトレーニングがあります。

 

1回あたりのトレーニングは、Part1-1, Part1-2などの4ページを単位をしています。

 

 

スパトレのオリジナル教材

スパトレのオリジナル教材

 

スパトレの市販教材

スパトレの市販教材

 

スパトレ英会話の公式サイトを見る

 

トレーニング後のフィードバック

 

トレーニング受講後、数時間以内にトレーナーがパフォーマンスについてフィードバックをしてくれます。

 

内容は、スパトレサイトにログインして確認します。

 

 トレーニングの総合評価

 

以下の3つの項目に対して、各々9点満点の合計27点満点でスコアが付与されます。

 

  • 予習ポイント適格度
  • トレーニング目標達成度
  • 語彙力UPマスター度

 

また、トレーナーから以下の項目ごとに具体的に数行のアドバイスやコメントがもらえます。

 

  • コメント
  • 良かったポイント
  • 改善ポイント
  • 語彙力UPポイント

 

英会話の上達に前向きに取り組めるよう促してくれる趣旨のコメントが多いですね。

 

おススメのトレーニングの受け方:同じトレーニングを繰り返し受ける

 

トレーニングのプログラムがしっかりと構成されているので、自分が実際に仕事で英語を使うシチュエーションに近い教材を選んで繰り返して同じトレーニングを受けると効果がありました。

 

たとえば、僕がそうしたのは、オリジナル教材の「プレゼンテーション」です。

 

【プレゼンテーショントレーニングの流れ】

  1. 本日のテーマをトレーナーが読む
  2. 不明な単語の確認
  3. ビジネスプレゼンテーションで使うと良い表現が紹介される
  4. トレーナーが先にお手本としてプレゼンを行う。自分でやる際のイメージを膨らませながらプレゼンの聞き手としてプレゼンを聞
  5. プレゼンのデモンストレーションを自分が行う
  6. トレーナーからプレゼン内容についてフィードバックを受ける
  7. フィードバックを踏まえてもう一度同じ内容でプレゼンのデモンストレーションを行う

 

25分のトレーニングで1~7まで行いますが、時間が短いのでペースは速めです。

 

1回目が消化不良に終わったので同じレッスンを翌日も受けてみました。

 

そうすると、2回目の受講で英語表現の使い方が1回目よりもよく分かったことで満足感が高まりました。

 

僕は1回目と同じ講師を選びましたが、変えても問題ないと思います。

 

上記の1~7の流れはプログラム化されているため、どの講師を選んでも進め方は同じなので。

 

録画動画も振り返り、復習を合わせて行うことで効果もさらに上がりますよ!

 

スパトレ英会話の公式サイトを見る

 

③ 予約から受講までの使い勝手やシステムに関して

 

予約できる講師がいなかったことはない

スパトレのレッスン予約の画面(3人の講師が表示されている)

日時を選んで講師を予約する画面

講師の自己紹介動画とテキスト

講師の自己紹介動画とテキスト

 

予約画面では、時間指定による検索講師指定による検索の両機能が提供されています。

 

「予約したい時間に講師を誰も選べない」なんてことは1カ月近く毎日利用して一度もありませんね。

 

このため講師の数に関しても過度な心配はいらないと思います。

 

昼や夜を中心に受けていますが、候補の講師は5人~20人程度毎回表示されるので。

 

まぁそうはいっても、予約のしやすさについては、受講生・講師の登録数増減に伴い変動するものですかね。

 

自分が受けたいと思った時期に無料体験期間を通じて実際のレッスン予約で確認したほうがよさそうです。

 

また、予約の際に、上の画像のような感じで予約可能な講師の自己紹介動画とそのテキストを確認することができます。

 

数年間の教育経験を保有している講師が多いですね。

 

また、講師の動画を予約前に見ておくことで、英語発音のなまり有無や聴き取りやすさを確認できるので講師選びに役立ちます。

 

なので、悪い口コミにあった「講師の顔写真・名前・国しか見られない」というのは何かの間違いか過去のことですね。

 

あっそうだ。忘れてた。

 

それから「開始直前に講師が変わっていた」という不満の口コミもありましたが、これもまだ経験してません。

 

それから、次に、一度にとれる予約の回数は、

 

・・・

 

うん?いや待てよ・・・

 

ミュー吉
どうした?

 

あ~なるほど、分かったぞ。

 

謎が解けた。

 

「開始前に講師が変わってた」っていう口コミは、予約画面で見た紹介動画の印象とトレーニング時で感じた実物の印象が違って別人に見えたってことじゃないのか!

 

これは確かに1~2回感じたぞ!

 

ミュー吉
・・・

 

たとえば、予約画面で出てくるこの女性講師の、、、

 

ミュー吉
コラ!コラ!ダメダメ。

 

あっそうだな。これネットだった。危ない。危ない。

 

ミュー吉
相手の講師だってきっとそのとき思ったはずよ。「あ~ハズレ」って

 

・・・

 

 

はい、話を元に戻します。

 

まぁ、講師も都合が急に悪くなることはあると思うので、講師が本番で入れ替わることがたまにあってもおかしくはないですかね。

 

 

注意点は他にもあります。

 

スパトレも複数回の予約を一度にまとめて取ることはできないです。

 

「一回目のレッスンを終了後に、次のレッスンを予約する」という他の多くのオンライン英会話と同じ流れですね。

 

あと、トレーニングの15分前にメールで開始前通知が毎回届きます。

 

できればPCかタブレットで受講したほうがよい

 

トレーニング(レッスン)では、講師から送られる英文をチャット画面で見ながら、指示に基づき読み上げたりロールプレイをしたりします。

 

スカイプはスマホアプリ、ブラウザのどちらでも受講はできるんですけど、できれば画面が大きくタイピングもしやすいPCかタブレットで受講したほうがストレスが小さいですね。

 

スマホの画面サイズや処理速度にもよるので一度自分のもので試してみると良いかと。

 

通信状態が悪くなる場合があるのは9月頃?

 

それから、講師側の通信回線の状況のせいで途中で切れるとかも今のところ一度もないです。

 

この点について、トレーニング中にフィリピン人講師に聞いてみました。

 

「9月~11月を中心に台風が直撃すると停電がおきたりインターネットが不安定になることはフィリピンではよくあること」とのことでした。

 

ちなみにその講師は、バックアップ回線(モバイルWiFI)も念のため用意しているそうです。

 

口コミにあった情報は、台風シーズンの頃なんですかね。

 

台風時に通信環境が不安定になるのは、スパトレ英会話に限らず他のオンライン英会話でもフィリピン人の英会話講師と会話をするときはきっと同じですね。

 

 

スパトレ英会話の良い口コミまとめ

 

自分の受講からのフィードバックだけでは、少し網羅性に欠けるかもしれないので、スパトレの良い口コミもネットでいろいろ探してみました。

 

悪い口コミと同じ観点でまとめると、以下のような内容でした。

 

① 講師の質や数に関する良い口コミ

 

  • 適当なレッスン講師が多いのかとはじめは心配していたが、どの講師も指導がしっかりしている
  • 他のオンライン英会話よりも熱心な講師が多い
  • 毎日レッスンでリスニング力がめきめき上がるのを感じている。また、講師が、あきらめず嫌がらず教えてくれるので、こちらも真剣に学ぶ姿勢になれる

 

② レッスン内容に関する良い口コミ

 

  • 体験レッスン時の実力テストの結果で、弱点と弱点を克服するためのレッスンプランを提案されるためスムーズにレッスンに入っていける
  • レッスン終了時に毎回コメントと採点が送られてくるところが役立つ
  • 前回のレッスンで出てきた3つの単語の確認テストが冒頭にある。前回と違う講師が担当でも、必ず確認してもらえるので学習効果が高まる
  • スパトレのレッスンの大きな特徴は予習と復習の自学を基本としていること。むやみやたらにレッスンを受けるより予習と復習の時間をとって丁寧にレッスン受講する方が英語力が伸びる
  • オリジナル教材と市販書籍教材があり、ディスカッション系を中心にオリジナル教材が充実。スパトレで勉強していれば、市販の教材を無駄に買うことがなくて済む。第二言語学習習得に精通している専門の日本人スタッフが、自分に合った最適な英語教材を選んでくれる

 

③ 予約から受講までの使い勝手やシステムに関する良い口コミ

 

  • 予約が取りにくい時間帯もあるが、受講時間を少しずらせばいいだけ。問題とは感じない
  • 「ビジネス英語でプレゼン力を強化したい」、「TOEIC試験前に対策レッスンを受けたい」、このようないくつかのリクエストは都度、日本人サポートスタッフにメール相談できる。日本人サポートには、「25分間の動画通話によるサポート(1人1回まで)」と、何度でも利用可能な「メールによるお問い合わせ・ご相談・サポート」の2種類がある

 

スパトレ英会話の無料体験をはじめる流れ

 

はじめてトレーニングを受講する際の流れです。

 

他の多くのオンラインスクールも7日間の無料体験は提供されていますが、『2回まで』が普通です。

 

でもスパトレは無料体験の回数制限はないので、毎日受ければ7回まではレッスンを無料で受けられますね。

 

安いのに無料体験の回数が多いのも懐が広いですよね。

 

無料体験登録前の準備

※無料体験トライアルの申込前にSkype IDを取得しておく(スカイプはスマホにSkypeアプリをダウンロードするか、WEBまたはPCアプリで利用)

Skypeホームページ

 

① スパトレHP(https://sptr.jp/trial )から「無料で体験する」⇒「7日間無料体験トライアル」を選択

 

② メールアドレス、パスワード、スカイプIDを登録

 

④ クレジットカード情報を登録

 

⑤実力診断テストのための事前アンケートに回答

アンケート質問内容

 

学習目的に関する質問(プルダウンから回答を選択)

Q1:英語を学んでどのようになりたいですか?(プルダウンから回答を選択)

Q2:具体的な目標を教えてください(プルダウンから回答を選択)

 

学習時間についての質問(プルダウンから回答を選択)

Q1:達成期限

Q2:平日1日あたりの勉強時間

Q3:休日1日あたりの勉強時間

Q4:スパトレ以外で取り組んでいる学習

Q5:自習について

 

⑥ 初回実力テストの予約

 

自分の希望する日時を選ぶと候補講師が表示されるので、動画やテキストの自己紹介をみて好きな講師を選ぶ。

 

⑦ 初回実力テストの受講

 

講師からの指示にそって、ディクテーション、リーディング、単語を知っている/知らないの申告、スピーキングなどのテストを実施

 

⑧ 日本人スタッフから同じ日にメールが届き、初回実力テストの結果と今後のレッスンのアドバイスやおススメ教材の推薦を受ける

 

⑨ 教材を自分で指定し、2回目以降のトレーニング(レッスン)をWEBで予約

 

【注意点】

・無料体験期間で終了する場合は、7日以内の解約手続きが必要

 

まとめ:スパトレは深い英語学習ができる英会話スクール

 

悪い口コミは確かにネットにありますが、実際のレッスン受講と良い口コミの結果からみて、スパトレは決して『安かろう悪かろう』のオンライン英会話ではないですね。

 

言語習得のプロセスにこだわりを持ち、受講生の英語上達を教育された講師がしっかりサポートしてくれるまじめなオンライン英会話という印象です。

 

トレーニング教材も難易度の低いものから高いものまで揃っており、選ぶ教材次第で英語学習の歯ごたえを十分に得ることができますよ。

 

そして、めんどくさがらずにレッスン動画の復習もセットで行うことで、リスニング力とスピーキング力を着実に伸ばせます。

 

なので、今やっている日々の自分の英語学習の一部に組み込む感じでスパトレ英会話は使うといいと思います。

 

あっそうそう、でも、スパトレでちゃんと英語を勉強しようとすると、毎回のトレーニングの予習と復習にそれなりに時間がかかるので、無制限プランはあまりおススメしないです。

 

1日1レッスンプランでも十分に英語学習の負荷を自分にかけられるので、特に最初の1カ月は、1日1回レッスンでいくつかの教材(オリジナル教材と市販教材の両方)を試して様子を見たらいいと思います。

 

そして、1カ月やってみて、日々の英語の学習をスパトレを軸にもっと自らに負荷をかけて行えそうなら、無制限プランに変えるぐらいでもいいのではないでしょうか。

 

まぁでも、なかなかないですね。こういう感じで悪い予想が外れるパターンは。

 

「この値段でよくこれだけのサービスを提供できるな」ってやっぱり感じています。

 

ただ、2021年3月末までは1日1回のプランは税込3,278円だったらしいです。

 

値上げは、採算が厳しいのか計画的なのかはよく分かりませんが、4900円/月でも似たようなサービス提供条件のレアジョブ英会話より1480円/月も安いのは、やっぱりスゴイですよね。

 

それに、値上げにより受講者の増加率が落ち着いているとしたら、講師の予約は反対に取りやすくなっているかもしれないので今はチャンスなのかもしれません。

 

2021年6月時点でスパトレ受講中なので、随時、情報はアップデートしていきます。

 

スパトレが気になるけどサービス品質に不安がある人!(2カ月前の自分です)

 

過度に心配せず、自身の目でもコスパを無料体験で体感してみてください。

 

ゼンゼン大丈夫なオンライン英会話であることが分かります。

 

ためらって先送りする時間が結果的に英語の上達を遅らせるのでもったいないです。

 

では、また。

 

スパトレ英会話の公式サイトを見る

 

 

-英語勉強法・TOEIC

© 2021 Go for a Change.