オンライン英会話徹底レビュー

【レアジョブ英会話やってみた感想】デイリーニュース教材はここがスゴイ!

オンライン英会話受けるリビングの部屋

 

こんにちは。

 

2021年になってからは、1カ月単位でレアジョブ英会話、DMM英会話、スパトレ英会話のどれかを選ぶやり方でオンライン英会話を活用しています。

 

多くのオンライン英会話は、入会金も解約金も不要で、かんたんに休会や再開ができるので便利ですよね。

 

その中で、レアジョブ英会話の教材Daily News Articleで20レッスンぐらいをこれまで受けました。

 

Daily News教材は、無料体験から受講でき、非常に良いレッスン教材だと実感できたのでメリットとデメリットを含めた感想、レッスンの流れや特徴が分かるように詳しくまとめました。

 

早速、説明します!

 

この記事を書いた人

  • 英会話スクール受講履歴
  • ベルリッツ(対面式)
  • DMM英会話
  • レアジョブ英会話
  • スパトレ英会話

※ 最近は、受講しない休会月もはさみつつ、DMM英会話、レアジョブ英会話、スパトレ英会話を1カ月単位で入れ替えてレッスン受講を継続している

  • 英会話力

自分の考えや言いたいことを1000語~2000語ぐらいの英単語を使ってどうにか話せるレベル

レアジョブ英会話で英語レベルの判定を受けたら「Nativeに近いレベル」のレベル10だった

レアジョブ英会話での英語レベルの判定結果

 

目次

 

感想のサマリーからレポートしますね。

 

Daily News Article教材の特徴と感想(良いと思った点)

 

メリットから説明します。

 

メリット①:1600以上の記事数(面白い記事が見つけやすく飽きない)

レアジョブ英会話のデイリーニュースは1600以上のアーカイブから好きな記事を選んで受講できる

アーカイブは1600以上

 

レアジョブ英会話のデイリーニュース記事は2017年4月から毎日1記事追加されていますね。

 

2021年12月時点でアーカイブを含めて1600以上の記事数に達しています。

 

この中から好きな記事を選んでレッスンを受けられるので教材に飽きることがありません。

 

そして、これだけの記事があるので、興味を惹かれる面白い記事も見つけやすいですよ。

 

記事を探すには、検索ボックスに入力して検索するか、アーカイブを順に見ていきます。

 

↑ 目次へ戻る

メリット②:Speaking, Reading, Listeningを同時に鍛えられる

 

Daily News Article教材では、リスニングのための記事再生機能があったりレッスン中に口に出して記事を読みあげたりするので効率よくトレーニングができる

 

Daily News Article教材では、レッスンの最後にViewpoint Discussionが4問~6問あり、英語スピーキングのトレーニングもできる

 

レッスンでは、記事を読み上げ、ディスカッションを行います。

 

これにより、Reading能力とSpeaking能力をレッスン中に鍛えることができます。

 

また、各教材には記事の再生ボタンがあり、Nativeの読み上げをいつでもListeningできるようになっていますね。

 

リスニングの再生スピードは、TOEICリスニングに比べると遅いですが、Writingを除いた3つの能力をトレーニングできる優れた教材と感じています。

 

↑ 目次へ戻る

メリット③: 1記事の質と単語数がちょうどいい

 

1記事あたりの単語数は200~300です。

 

25分のレッスン時間にぴったりな量ですね。

 

長すぎず、短すぎません。

 

また、教材のテーマにより、内容が理解しやすい/しにくいの違いはあります。

 

けれど、興味があるニュース教材を選んでレッスンを受ければ気になりませんよ。

 

自分の直近TOEIC点数は855点ですが、記事を最初に読んだときに意味が分からない英単語はだいたい0~5語の範囲です。

 

記事の難易度を推し量る参考までに。

 

Daily News Articleは中級者~上級者向けにちょうどいい難易度の教材ではないでしょうか。

 

また、「25分のレッスンでは時間が足りない」と感じたこともありません。

 

ただ、デイリーニュースのディスカッション時間はレッスンの後半です。

 

前半で時間を使い過ぎないようすることで、最後にあるディスカッションの時間を確保するようには心がけています。

 

たとえば、単語の意味などはレッスン中に講師に聞くのではなく、自分でレッスン中に調べればすぐに分かりますよね。

 

 

↑ 目次へ戻る

メリット④: レッスンの流れが固定されているので講師の実力差が気にならない

 

デイリーニュース記事を使ったレッスンの流れ(後述)は、どの講師を選んでも同じです。

 

このため、講師の違いによるレッスン内容のバラツキは感じません。

 

教材の質が優れ、レッスンの流れが固定されているからこそです。

 

これは大きなメリットと感じました。

 

ただ、あえて言うと、以下の二つについては講師による差があります。

 

  1. レッスンの最後に行うディスカッション4問に関する講師の意見
  2. 文法的な質問をした際の解答の深さ

ただし、2点目は多くのレッスン講師がネットで質問に関する英文法の説明をチェックしながら答えたり、URLをチャットで送ってくれたりするのでそこまで気にする必要はないと思います。

 

↑ 目次へ戻る

Daily News Article教材の特徴と感想(イマイチと思った点)

デメリット①: 覚える必要のない英単語も記事に含まれる

 

この教材はニュース記事が中心です。

 

時事問題や出来事を扱っているため、頻出英単語ではなく内容に特化した専門的な英単語も含まれていることがありますよね。

 

このため、記事の中で意味が分からなかった英単語が、英語学習者が覚える必要があるものなのかの判断が難しいです。

 

自分は以下の2点を参考に覚えるべき英単語かどうかを判断するようにしています。

  • 自分が使っている暗記用の頻出英単語帳(キクタン英単語)に記載されているか
  • 辞書で重要度「中・高」の扱いとなっているか

 

↑ 目次へ戻る

デメリット②:英文法の解説を期待する教材ではない

 

レッスンの流れの詳細は以降に書きますが、ざっくり言うと『記事を読み上げる』→『講師の内容質問に答える』となっています。

 

どちらかというと、デイリーニュース教材は内容理解や要約力を鍛えるためのレッスンですね。

 

英文法で分からない箇所があれば、予習の時間を使って調べておきます。

 

もちろんレッスン中に講師に聞いてみてもOKですが、そのやりとりに時間がとられてしまいますね。

 

そうなると、最後のディスカッションまで進まずにレッスンを終えることになりますよ。

 

↑ 目次へ戻る

デメリット③:教材音源のNormal再生スピードがやや遅い

Daily News Articleの記事再生機能には、再生スピード調整、5秒巻き戻し、ダウンロードなど機能があるが、ノーマルの再生スピードはTOEICリスニングに比べると遅め。

 

先述のとおり、Daily Newsの各記事は再生してリスニングできるようになっています。

 

ダウンロードも可能。

 

再生スピードのコントロールはできるのですが、Normalの再生スピードがやや遅めです。

 

TOEICリスニングのスピードを想定したトレーニングには向いていないように感じますね。

 

学習者の嫌気がささないように、少し遅めのスピードとなっているのでしょうか。

↑ 目次へ戻る

Daily News Article教材の概要

Daily News Articleでは、記事に9個のカテゴリがあり興味がある内容を選べる

 

レアジョブ英会話の公式記事教材Daily News Articleの概要をまとめました。

 

教材の位置づけ:カレントニュースを理解しそのトピックを基にディスカッションをするレッスン

 

記事数:1600以上

※ 2017年4月から毎日1記事追加されており、過去記事アーカイブを含めて自分が興味ある記事を指定してレッスンを受講することができる

 

記事のカテゴリ

  • Business
  • Education/Family
  • Health
  • Human Interest
  • Lifestyle/Entertainment
  • Science/Environment
  • Sports
  • Technology/Innovations
  • Top Stories

 

1記事あたりの文字数:200~300語

 

1記事あたりのパラグラフ数:5~10パラグラフ

各パラグラフは、1~5文程度で構成されています。

 

参考までにレッスン受講したDaily News記事のパラグラフと文字をカウントしてみました。

記事タイトルカテゴリパラグラフ数英単語数
Hand Gestures Can Influence What People HearHealth8294語
Fishermen rescue naked fugitive from treeHuman interest5184語
People Make Decisions Based on Feelings, Study SaysHuman interest5247語
Man hits 2 deer, then hits $2M in lotteryLifestyle/Entertainment7213語
People Less Likely to Finish Reading Articles with Like and Dislike ButtonsHuman interest5319語
10-year-old boy in Texas sells his GameStop stocks for a 5,000% profitBusiness5144語
Rainy season in western Japan arrives earlier than everScience/Environment7220語
25 Greatest Inventions of the 20th Century: Air conditionersTechnology/Innovations6255語
Coca-Cola with Coffee Now Available in US MarketBusiness6270語
Japanese Baseball Star Joins American TeamSports5256語

 

その他関連情報

2021年4月1日から学習効率をより高めるため、 株式会社ジャパンタイムズ出版が提供する「Japan Times Alpha」の国内外様々なニュース記事を使用した レッスン教材に生まれ変わることになりました。

URL: https://help.rarejob.com/answer/605c604de3d5010012cfb684

 

↑ 目次へ戻る

Daily News Article教材レッスンの流れ

 

レッスンの最初にお互いの自己紹介を済ませた後の教材学習の流れです。

 

step
1
講師からの教材テーマに関する簡単な質問に答える

 

受講者の関心を引き寄せるために講師から教材テーマに関する1-2問の質問がありますね。

 

実際の例をあげると、"Man hits 2 deer, then hits $2M in lottery."『鹿に車でぶつかった男が2億円の宝くじに当選!』の記事でレッスンを受けた際は、

 

Do you like to buy lotteries?

 

Have you ever won a lottery?

とレッスン講師から聞かれましたね。

 

step
2
記事上部に記載の5つの重要英単語、説明文、例文を声に出して読む

 

すべてのDaily News Articleの上部には、重要英単語5つとその説明、例文があります。

 

それらを声に出して読むように講師から指示があります。

 

step
3
重要英単語5つについて質問があれば講師に聞く

 

講師から5つの重要英単語について不明点があるかを聞かれます。

 

質問があれば聞けますね。

 

step
4
記事を声に出して読む

 

次に、2-3パラグラフごとに出して読むように講師から指示があります。

 

講師によっては、全体をいっきに読むのと2-3パラグラフずつ切って読むのとどちらが良いかを聞かれるケースもありました。

 

各英単語の発音やアクセントに注意しながら読み進め、発音で問題があれば講師が指摘をしてくれますね。

 

指摘の範囲は、個別の英単語の発音です。

 

Nativeの英語に特徴的な隣り合う英単語どおしの関係から生まれる音の変化(リエゾン)に着目した指摘はありません。

 

どちらかというと、オンライン英会話は発音を矯正するより英語のアウトプット力を増やす場なので仕方ないですね。

 

 

step
5
読み上げたパラグラフの内容に関する講師からの質問に答える

 

パラグラフに書いてある内容について講師が質問をします。

 

解答に該当する箇所の英文を記事から抜き出して答えればOKのレベルの質問ですね。

 

step
6
記事全体を要約して答える

 

講師から記事内容をSummarize(要約)して答えるよう指示があります。

 

2-3文の英文で記事の要旨を答えます。

 

文章を要約するトレーニングになりますね。

 

step
6
記事内容に関するディスカッションを行う

 

すべての記事の下には、ディスカッションに使う質問が4~6問記載されています。

 

  • Discussion A:2問(3問の場合もあり)
  • Discussion B:2問(3問の場合もあり)

 

ディスカッションは、記事テーマに関して、ある意見に対する自分の考えやその理由などを答えるものが多いですね。

 

step
7
講師からレッスンのフィードバックを受ける

 

レッスンにおける発音や文法に関するコメントを講師から受けます。

 

発音を特に気をつけたほうが良い単語や、文の組み立てができていたかどうかなどのコメントが中心です。

 

↑ 目次へ戻る

あとがき:英語学習継続に使える教材

オンライン英会話を受ける自宅のデスク

 

レアジョブ英会話のDaily Newsは、質・量に優れ、選べる対象の記事数がかなりあって面白いですよ。

 

飽きません。

 

Daily News Article教材を中心に日々学習して分からなかった部分を復習でカバーすれば、英語力の向上と維持に役立つのは間違いないと思います。

 

レアジョブ英会話には、受講者が月に1回無料で使えるAIスピーキングテストもあるので、英語学習で成果を着実に伸ばしていきたい人にすごく向いています。

 

無料体験でもDaily News Articleは受講できるので、ぜひ自分の目で確かめてみてください。

 

レアジョブは、クレジットカードや個人情報を登録しなくても無料体験を受けられます。

 

>>レアジョブ英会話の公式サイトを見る

 

↑ 目次へ戻る

 

英語学習ブログの人気サイト

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 


英語ランキング

 

オンライン英会話を受講している男性(記事タイトル入り)

オンライン英会話徹底レビュー

2022/1/17

オンライン英会話を始めるレベル「初心者でも大丈夫?」6社受講者が解説

記事タイトル入りスライド

オンライン英会話徹底レビュー

2022/1/16

【英語勉強20年】社会人の英会話学習モチベーション維持・向上の秘訣

記事タイトル入りスライド

オンライン英会話徹底レビュー

2022/1/9

【知ってる?】オンライン英会話の上級者向け活用法・楽しみ方と使い方

記事タイトル入りスライド

オンライン英会話徹底レビュー

2021/12/29

【理由と特徴6つ】5000円以下の激安・格安オンライン英会話は危険?

記事タイトル入りスライド

オンライン英会話徹底レビュー

2022/1/15

【フレキシブル!】大人の英会話俱楽部レビュー(口コミと評判も)

英語勉強法書籍「英語日記BOY」(新井リオ)

英語学習法・トピック

2022/1/3

【英語勉強法の紹介本】英語日記BOY(新井リオ)の要約とレビュー

オンライン英会話徹底レビュー

2021/12/20

【カンタン無料!】スカイプ・WinPCでオンライン英会話を録音・録画する方法




あわせて読みたい

記事タイトル入りスライド 1

  こんにちは。   大手3社のオンライン英会話(レアジョブ英会話、DMM英会話、ネイティブキャンプ)はいずれも月額6,380~6,480円ですよね。   あまり名は知ら ...

オンライン英会話に疲れた女性 2

  オンライン英会話を毎日レッスン受けるなんて続かない。   オンライン英会話に疲れた。最近やらない日も多くなってきたけど、毎日はきついな   この記事では、こんな悩みの ...

記事タイトル入りスライド 3

  こんにちは。   オンライン英会話『大人の英会話倶楽部』を最近利用しています。   その前までは、DMM英会話やレアジョブなど、メジャーな1日1回レッスンプランのオン ...

アメリカの街並み(記事タイトル入りスライド) 4

  オンライン英会話を数か月やってみたけどほとんど話せるようにならない   これからオンライン英会話をはじめてみたいけど、ホントに英会話力が伸びるのかな。時間とお金はムダにはしたく ...

ハイスコアのイメージ 5

  この記事はこんな人向けです 現状のTOEICリスニングパートのスコアは300点台。400点突破が次回の目標   この記事で分かること TOEICリスニングパートで400点を突破 ...

TOEIC試験でマークシートに解答を記入している様子 6

  「TOEICリーディングは時間が足りない・終わらない」   この難題を攻略する方法をいろいろ考えてみました。   TOEICリーディングって、何度受けても”過酷”です ...

オンライン英会話をしているレッスン生 7

  こんにちは。   『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』ってすぐに飽きますよね?   単調な英訳練習作業をずっとひとりで続けられる人はスゴイです。   ...

8

  英語力上達のためにオンライン英会話を受けたいけど、講師の選び方がよく分からない   この記事はそんな悩みを解決します。     こんにちは。   ...

-オンライン英会話徹底レビュー

© 2022 グロバログ