オンライン英会話レビュー

【レビュー】ビズメイツは初心者OK?安いオンライン英会話との違い

仕事のオフィス

 

こんにちは。

 

ここ1年、DMM英会話、レアジョブ英会話、スパトレ英会話などを休会月を挟みながらローテーションして受講してきました。

 

仕事で英語を使う必要があり、ビジネスシーンで英語を上手く使えるようになるためです。

 

上記3社のオンライン英会話は、基本メニューの月額費用が4,900円~6,480円とオンライン英会話の中では低~中の価格帯です。

 

決して悪いわけではないのですが、「もっとビジネス英語に特化して学んでみたい」と感じ、値段がワンランク上のBizmates(ビズメイツ)を受講しました。

 

Bizmates(ビズメイツ)は月額13,200円~と高め。

 

「この値段の差はどこにあるのか」

 

Bizmatesを検討する際に気になりますよね。

 

自分の目で確認した感想を、低価格のオンライン英会話との違いを比較しながらレポートします。

 

結論からです。

 

Bizmatesと低・中価格のオンライン英会話との違い・比較

  • マンツーマンでレッスンを受ける度に講師の質の高さから得られる刺激があり、ビジネス英語力の向上仕事のやる気アップWの効果が得られる
  • 講師はビジネスシーンに慣れておりビジネス英語の指導力が高い
  • 身だしなみもフォーマルなので、レッスン受講に真剣さが増す
  • レッスン生が話す英語のCorrection(訂正)ではなくRefine(洗練)に重きを置いている
  • オプションのBizmates Coachingで低価格で専任コンサルタントを活用できる

 

Bizmatesをひとことで言うと

実際の自分の仕事の場面でそのまま生かせる英語表現やコミュニケーションのとりかたをプライベートコーチが教えてくれ、レッスンを受けるとピリッと引き締まるオンライン英会話

 

  • 自分の仕事の場面に置き換えて説明するレッスン
  • 英文法・語法観点からのCorrection(訂正)でなく、「もっとこう言ったほうがビジネスがうまく回る」というRefine(洗練)
  • 実際に自分が仕事で行うプレゼンテーションのスクリプトを経験豊富な講師に相談できるレッスン
  • 芸術・文化・人の優しさなどをテーマとし、人間性が向上されるディスカッション

 

こういう質の高いレッスンが受けられます。

 

Bizmatesがフィットする人

  • 仕事で実際に英語を使っており、ビジネス英語力を向上させたい意欲がある人
  • ビジネス英語に詳しい講師陣から英語を学びたい人(初心者、中級者、上級者いずれも問題なし
  • 自分の仕事でプレゼンテーション、ミーティング、メール対応などの対応を控え、その準備として講師に相談したい人
  • 仕事の一場面にいるかのような自然と気合が入る上質な雰囲気でレッスンを受けたい人

 

Bizmatesがフィットしない人

  • 仕事で英語を全く使わない・使う予定もない人
  • 留学・旅行での英会話準備や外国人との交流が第1の目的でオンライン英会話を探している人

 

ビズメイツを受講した人

ビズメイツのレッスンを受講した人:サービス業で働くサラリーマン。最近はTEAMSを利用した英語打ち合わせが多い。オンライン英会話もよく受ける

いくつかのオンライン英会話を休会月を挟みながらローテーションして英語学習を継続しています。

 

ビズメイツについて詳しく説明します!

 

 

無料体験にはクレカ登録不要

 

目次

 

オンライン英会話 Bizmates(ビズメイツ)サービス概要

 

ビズメイツ(Bizmates)

項目毎日25分×1レッスン
月額料金税込13,200円(会員登録3日以内の申込で初月50%off)
トレーニング(レッスン)回数1日1回
トレーニング(レッスン)受講可能時間5:00-25:00(5分前まで予約可・30分前までキャンセル可)
無料体験1回
無料体験登録に必要な情報Skypeまたはブラウザ
講師の国籍フィリピン人
トレーニング(レッスン)を受けるツールPC・タブレット・スマホ
対応教材ビジネス英語が中心・4つのコースでシーンごとに多数

 

※レッスンメニュー、教材、料金などの詳細は、Bizmates(ビズメイツ)の公式HPで確認できます。

 

会社概要 

社名: ビスメイツ株式会社 (Bizmates,inc.)

所在地: 東京都千代田区神田須田町1-7-9 VORT秋葉原maxim 10階

代表者: 代表取締役 鈴木 伸明

設立: 2012年7月3日

事業内容:

  1. インターネットを利用した語学教授 及びビジネスに関する教育事業
  2. 海外研修事業
  3. 外国人IT人材の転職支援に特化した人材紹介事業

 

3日以内の申込で初月料金50%off


 

↑ 目次へ戻る

Bizmates Coaching (ビズメイツコーチング)

 

オンライン英会話のオプションサービスにBizmates Coachingがあります。(月19,800円)

 

専任コンサルタントから学習の目標設定、進捗管理、自己学習アドバイスなどの月4回のコンサルティング受領が可能です。

 

詳細は、上記のYouTubeを見るとよく分かります。

 

または、Bizmates(ビズメイツ)の公式HPに詳しい情報が載っています。

 

↑ 目次へ戻る

Bizmates(ビズメイツ)で感じた低価格のオンライン英会話との違い・比較

仕事で英語を使うミーティングをしている

 

低価格のオンライン英会話との違いについて感じたことを具体的にまとめました。

 

違い① レッスン生の英語のCorrection(訂正)だけでなくRefine(洗練)に重きを置いている

 

多くの講師がビジネス実務に関する経験と知識をしっかりと持っているので、実際の自分の仕事にそのまま役立ちそうなコミュニケーションの取り方のアドバイスをしてくれます。

 

例をあげるとこんなレッスンが受けられます。

 

レッスンシーン

講師: 

Where do you work ?

回答: I work in 〇〇〇 company and I do sales.

 

このようなシーンにおいてBizmatesでは、講師から2点のアドバイスをもらえます。

 

1点目:Correction(訂正)観点のアドバイス

 

「〇〇会社で働く」の英語はI work for 〇〇 company.と前置詞はinではなくforがベター。意味は通じるので過度に気にする必要はないけど。

 

2点目:Refine(洗練)観点のアドバイス

 

どこで働いている?と相手から聞かれて、その答えを単にしただけでは折角のビジネスチャンスをつくる機会が途切れてしまう。内容的に支障がない範囲で会話のキャッチボールを続けたほうがいい。会社名、事業内容、自分の役割まで簡単に伝えること。そして、最後はAnd you ?または、"May I ask you the same question ?"など会話を続けられるセリフまで伝えて終わった方がいい。

 

1点目のCorrectionはビズメイツでなくても、他のオンライン英会話でアドバイスをもらえます。

 

しかし、2点目のRefineは、ビズメイツならではです。

 

しかも、Bizmatesの講師は、その指摘が早いのとビジネス場面に沿った言い方の例を多く丁寧に教えてくれます。

 

Twitterのコメントにもありましたが初心者を含む多くの人が「教え方が丁寧」と口コミしてます。(記事最下部)

 

 

Bizmatesから確認した情報①

質問:講師がレッスン生の英語をRefineするという意識付け、また継続的な研修はどの頻度で行われていますか?講師によってはCorrectionのみの方もいるのではと思ってます。

Bizmates社回答:BizmatesではQuality Assurance部門(QA部門)というものがあり、QAの部門ではトレーナーのQualityを上げるための行動をいくつか取ってます。 例えば、トレーナーが自分のレッスンの音声をQAチームに聞いてもらい、フィードバックを受けるシステムや、お客様からのネガティブなフィードバックの徹底改善など、トレーナーは常に自分のTeachingスキルを磨いています。このようなやり方で全体の品質管理をさせています。

 

補足:Bizmatesならではの"レッスンの型"と自分の仕事にすぐに生かせるレッスン内容

Bizmatesのレッスン教材サンプル(See, Try, Actの3構成)

Bizmatesのレッスン教材サンプル(See, Try, Actの3構成)

 

ビズメイツには、レッスンの流れとして『SEE ⇒ TRY ⇒ ACT』の基本の型があります。

 

ビジネス相手をランチに誘う例で紹介すると、こんな感じです。

 

step
1
SEE

Example:ビジネスシーンの一般的な英会話の例文を確認する

「ランチ一緒に行きますか?」と相手を誘う。

 

Bizmates Style:よりコミュニケーションを円滑に進めるための英会話の流れを確認する

「誰々と誰々と一緒にイタリアンを食べにランチにいくのだけどあなたはご飯済ませた?」と誘う前にまず聞くことを推奨。

 

関係が浅いビジネス相手に気をつかいながら、英語でランチへ誘うセリフをレッスンで理解できる。

 

 

step
2
TRY

SEEで確認したBizmates Styleのダイアローグを内容を変えて練習する。

ランチの代わりに「イベント」、「ゴルフ」、「飲み会」におきかえて、講師を相手に英語で相手を誘う実践練習。

 

 

step
3
ACT

自分の実際の仕事におきかえて、SEEやTRYで確認した英語表現の練習をする

自分のビジネス相手を何かに誘う場面を考え、そのシーンで再度ダイアローグの練習

 

このように、レッスンの流れとしての『SEE ⇒ TRY ⇒ ACT』の基本の型ビジネスでよりうまく事が進む言葉の選び方の紹介は低価格のオンライン英会話にはない特徴と感じました。

 

自分の仕事に置き換えて、実際に使いそうなシーンをイメージしながら英会話の練習できるので仕事ですぐにレッスンの成果を出しやすいです。

 

オンラインで学ぶ「高品質」ビジネス英会話 Bizmates(ビズメイツ)

 

↑ 目次へ戻る

 

違い② 仕事で実際に使う英語のアドバイスがもらえる(Other Programs & Assist Lesson)

Bizmatesの4つのレッスンタイプ(Bizmates Program, Other Programs, Assist Lesson, Discovery)

 

Bizmatesには4つのレッスンがあります。

 

たとえば、Other Programsのプレゼンテーションで効果的なプレゼンターのふるまいを学べます。

 

また、Assist Lessonを選べば、自分の仕事のプレゼンテーション、資料説明、英語面接のリハーサルなどの個別のニーズに対して、アドバイスをもらうこともできますよ。

 

特に、数週間後に自分が行うプレゼンテーション、英語会議、面接などが控えており、その不安があるときは利用すると効果が高いです。

 

プレゼンの練習を例にすると、

 

 

レッスン前

  • プレゼン資料と説明スクリプトの準備(レッスン前)

 

 

Bizmatesレッスン

  • 実際に英語で準備したスクリプトを説明してみる(読んでもOK)
  • ビジネス英語に強い講師から改善のアドバイスをもらう
In the opening message, you can also start your presentation like ~ 

 

レッスン後

  • スクリプトのブラッシュアップ⇒次回のレッスンで再度説明

 

このような便利な使い方がBizmatesはできますよ。

 

 

Bizmatesから確認した情報②

質問:今は英語を使う仕事に就いていなくても、Bizmatesのレッスンは合いますでしょうか? 

Bizmates社回答:はい、これは問題ないです。Bizmatesはビジネスパーソンのためのオンライン英会話スクールですが、実は今後英語を使おと思ってる大学生の方や、いずれ海外でお仕事したいと思ってる方、定年で引退された方でBizmatesで受けてる方もいます。教材によって自分の仕事や会社の事を聞かれる場合もありますが、その場合は前の仕事や今後の仕事について話してください。また、「Discovery教材」ではビジネス以外の内容もありますので、ご自身に合わせたレッスン内容で英語力アップできる教材を様々ご用意していますのでご安心ください。Good luck with your studies. 

 

補足:質が分からないNativeより優秀なフィリピン人講師がいるオンライン英会話を選ぶべき

 

少しそれますが、

 

「Bizmatesの月額料金なら低価格のオンライン英会話にオプションをつけてNative講師の授業を受けたほうがいいのかも」

 

Bizmatesのレッスンを受ける前までは、この点を悩んでいました。

 

けれど、レッスンを受けるとこの迷いが解消されました。

 

そもそも、ビジネス英語に講師の国籍は関係ありません。

 

安いオンライン英会話のオプションでNative講師にしても教材は市販教材やフリートークが中心。

 

講師にビジネス経験があるとも限らないです。

 

そして、質がよく分からないNatvie講師よりビジネス英語のレベルの高いBizmatesのフィリピン人講師を選んだ方が絶対良いと今は思っています。

 

Bizmatesに在籍しているようなレベルが高い講師は、発音もなまりがなくきれいですよ。

 

それに加えて、同じアジア人としての親和性、フィリピン人の優しい国民性、日本と時差が1時間。

 

日本人が英語を学ぶのに、これらはすべてプラスです。

 

フィリピン人講師の特徴の詳細については、こちらの記事でもまとめています。

 

 

↑ 目次へ戻る

 

違い③ 講師の質の高さが仕事にもいい影響をもたらす

講師の採用率は1%だけあって、指導力のレベルは高い

講師の採用率が低さが示す通り指導力のレベルは高い

 

仕事をしていると、すごくできる人に出会ったときにすごくいい刺激をもらえることがありますよね。

 

Bizmatesの講師にはそういう雰囲気を持った人がいます。

 

英語講師としてすごくできる人。

 

オンラインでも、そういう人とマンツーマンで対面できると自分の仕事にも良い影響がありますね。

 

実際の仕事の場面で「あの講師だったら、ここでうまく英語でスマートに対応するのだろうなぁ」と思うことがよくあります。

 

補足:身だしなみや印象がビジネスフォーマルなため受講に真剣さが増す

Bizmatesの講師(スカイプでレッスン受講をしているところ)

Bizmatesの講師(服装もビジネススタイル)

 

低価格のオンライン英会話と違って、講師はフォーマルな服を着用しています。

 

講師検索の画面で予約可能な講師が表示される際も写真はすべてビジネススタイルの格好。

 

レッスンにフォーマル、ビジネスの雰囲気があり、自然と真剣さが増しますよ。

 

長く続けると慣れていくものではありますが、レッスンの雰囲気に上質感がありますね。

 

↑ 目次へ戻る

 

Bizmates(ビズメイツ)の注意点・デメリット

仕事で英語のビジネスミーティングをしている様子

 

日常英会話や異文化体感が一番の目的ならやめておく

 

ビズメイツはビジネス英語に特化したオンライン英会話です。

 

講師もフィリピン人のみです。

 

「いろいろな国のいろいろなバックグラウンドの講師と日替わりで趣味をテーマにフリートークで交流を楽しみながら英会話を学びたい」

 

そういう目的を持った人にとっては、ビズメイツは合わないです。

 

DMM英会話レアジョブ英会話 のほうが値段も安くて目的に合致しています。

 

特徴が近いレアジョブ英会話『ビジネス英会話コース』との比較

無料体験はクレジットカード登録不要

無料体験はクレジットカード登録不要

 

 

Bizmatesはレアジョブ英会話の『ビジネス英語コース』と特徴が似ています。

 

受講前に比較しました。

 

項目ビズメイツ(Bizmates)レアジョブ英会話『ビジネス英会話コース』
プラン毎日25分×1レッスン毎日25分×1レッスン
月額料金税込13,200円(会員登録後3日以内の申込で初月50%off)税込10,780円(会員登録後7日以内の申込で初月50%off)
トレーニング(レッスン)回数1日1回1日1回
トレーニング(レッスン)受講可能時間5:00-25:00(5分前まで予約可・30分前までキャンセル可)6:00-25:00(5分前まで予約可・30分前までキャンセル可)
無料体験1回 ※クレジットカード不要2回(7日以内) ※クレジットカード不要
無料体験登録に必要な情報Skypeまたはブラウザブラウザ
講師の国籍フィリピン人フィリピン人
トレーニング(レッスン)を受けるツールPC・タブレット・スマホPC・タブレット・スマホ
対応教材ビジネス英会話・4つのコースでシーンごとに多数ビジネス英会話・NHKビジネス講座など多数

 

ビズメイツの方が2000円程度高いですが、YouTubeでBizmatesの取締役伊藤日加さんが自ら行う数々のプレゼン力の高さに魅力を感じて選びました。

 

一方で、レアジョブ英会話は、オンライン英会話の老舗です。

 

大手3社(他の2社はDMM英会話、ネイティブキャンプ)の中でも一番ビジネス英会話に力を入れている会社ですよね。

 

日常会話コースは過去に受けていますが、スパルタ系の男性講師が結構いました。

 

このため、レアジョブ英会話のビジネスコースの指導力も高いでしょう。

 

ビシビシと英語を指摘してもらいながら、上達を望む人にはレアジョブを試した方がいいのかもしれません。

 

選択を迷う場合、ひとまずビズメイツかレアジョブの無料体験から試してまず2-3か月やってみる。

 

そして、休憩を入れたいと思えば休会もはさみ、もう一方へのスイッチを検討してみる。

 

そんな流れを想定しておけば軌道修正がカンタンにできます。

 

2社とも休会金/退会金は不要なので月単位でのスイッチ障壁は小さいです。(月額費用の日割り計算はない)

 

ただ、注意点としてレアジョブ英会話の無料体験では「ビジネス英会話コース」の受講ができません。

 

けれど、無料体験で講師から英会話力のレベル判定をされた後、日本人カウンセラーと無料でオンライン面談ができます。

 

その場でビジネス英会話コースについて知りたいことを何でも聞くことができます。

 

関連記事

レアジョブ英会話『日常英会話コース』のデイリーニュース教材レビュー記事(ビジネス英会話コース利用者も受講可

【レアジョブ英会話やってみた感想】デイリーニュース教材はここがスゴイ!

 

↑ 目次へ戻る

 

~ネイティブ英語のリスニング力アップと発音矯正にはシャドーイング練習~

 

まとめ:Bizmatesは初心者・中級者・上級者すべてが使える

BizmatesはLevel0-5の6段階で受講生のレベルを判定する

Bizmatesが設定する受講生のレベル

 

Bizmatsは受講生のレベルをLevel0~5の6段階、各LevelごとにA~Eの合計30段階で決定します。

 

最初の無料体験で講師が判定してくれますよ。

 

そして、利用を始めた後でも自分のLevelと教材が合わないときは、Bizmatesのスタッフに連絡すると受講生の要望に沿ってLevelを変更してくれます。

 

なので、初心者・中級者・上級者のすべてが安心して申し込めると思います。

 

オンラインでありながら、実際にビジネスシーンにいるかのような雰囲気で優秀な講師から毎回レッスンを受けられるBizmatesは、ビジネス英語をマスターするモチベーションをUPさせてくれるオンライン英会話です。

 

初月50%offの特典は、無料体験登録後3日以内。

 

本格利用する際はご注意ください。

 

"試さないことで可能性を狭める失敗"は避ける

 

↑ 目次へ戻る

参考:Twitterの「ビズメイツ」口コミ

 

  • 検索対象期間:2022年1月1日~2022年1月10日
  • 検索語:「ビズメイツ」

 

つぶやきをメリットとデメリットに分けてならべるとこんな口コミでした。

 

カテゴリメリットデメリット
講師採用率1%だけあって講師の質が高い普段の仕事で相手するNative英語が速いのでもっと速く話してもらいたい
ナチュラルな英会話の返しを教えてくれるので助かる今日は過去一でひどい講師(途中で寝てるしレッスン時間終了前に切られた)
英語がまったくできない自分でも丁寧に正しい英語を教えてくれるドタキャンされて急遽夜のレッスンに変更
レッスン内容・教材テキストがよくまとまっている 
内容をサマライズするコーナーが負荷が重くて勉強になる
値段が高いだけある。レッスンの質がネイティブキャンプより高い
TOEIC800点取れたのでスイッチして大正解
Discoveryの異文化もすごくいい教材と感じる
利用システム予約がとりやすい 
段階的に成長を感じられる仕組み

 

↑ 目次へ戻る

-オンライン英会話レビュー

© 2022 グロバログ