英語実務ノウハウ

アフターコロナの海外出張・旅行持ち物・荷物リスト【機内持込/スーツケース別】

 

こんにちは。

 

アフターコロナの1週間程度の海外出張・旅行で必要な持物リストをまとめました。

 

空港内、飛行機、現地いずれにおいてもマスクの常備が必須。

 

このあたりもふまえて、『肌身離さず持っておく機内持込み手荷物』『空港やホテルに預けるスーツケース』に分けてまとめています。

 

いざというときに必要なものをスーツケースに入れてしまうと、機内や現地の外出先で役にたたない可能性があります。

 

そのあたりも注意が必要ですね。

 

また、世界100か国以上の講師が在籍しているオンライン英会話の無料体験を使って、渡航先の現地情報を出発前に現地に住んでいる人から聞く方法も紹介します。

 

この記事を読むと分かること(After)

  • 海外出張・旅行持ち物リストの確認(手荷物/スーツケース別)
  • 行き先現地の在住者から出発前に情報収集する方法

 

事前予約で空港受取り・空港返却できる2社

イモトのWiFi

 

 

目次

 

機内持込手荷物・衣服のポケットに入れておくもの

飛行機の機内

 

アフターコロナの必要アイテム

 

  • ワクチン接種証明書
  • マスク(滞在日数の2倍の枚数)
  • アルコール除菌ティッシュ
  • 体温計

 

ワクチン接種証明書の要否や扱いはコロナの状況により変動します。

 

最新情報を外務省の海外安全ホームページなどで確認して準備をすすめましょう

 

また、マスクは洗濯をしにくいホテル生活を考えると使い捨てマスクが便利です。

 

少なくとも滞在日数の2倍ぐらいの数を用意しておくと安心ですね。

 

そして、不測の長期滞在なども考慮し、使い捨てタイプではないマスクも用意しておくと安心です。

 

マスクは、飛行機の中やホテルの部屋など、空気が乾燥している場合にも重宝します。

 

 

また、携帯用のアルコール除菌ティッシュも現地で何かと役立ちます

 

訪問先やレストランでちょっとしたところで、一拭きするのにあると便利ですね。

 

多めにあれば、同行する人にもシェアできて気が利いた対応ができます。

 

東南アジアなど一年中暑いエリアでは、汗をかいたときなど体を拭くのにも使えるので無香料でのものを手持ちバックに入れておくと、用途がさらに広がって便利です。

 

使い捨てマスクもアルコール除菌ティッシュも、往路では嵩張りますが、現地で使えば帰りは空きスペースになりますね

 

無香料ウェットティッシュ

無香料ウェットティッシュ

 

 

 

また、滞在中に体調が悪くなったときに、体温計があれば、同行者や出張先のメンバに体温を伝えられます。

 

小さく軽いものであれば、ペンを一本鞄に入れておくのとたいして変わりません。

 

英語表現

現地で病院を受診することになったら 

"熱がある"

I had a fever of 37.4 degree in this morning.
(今朝、37.4度の熱がありました)

濃厚接触者とのかかわり

濃厚接触者:close contact (person)

I don't think I had any contact with close contact person.
(濃厚接触者とコンタクトがあったとは思いません)

倦怠感

倦怠感:sense of fatigue

I do not feel sense of fatigue now.
(現在、倦怠感は感じていません)

参考:コロナ関連の英語表現

地球にマスクをしたイラストを背景に記事タイトルを入れたスライド
コロナ禍・COVID-19関連の頻出英語40選【いくつ使える?】

続きを見る

 

 

↑ 目次へ戻る

手荷物バッグ・衣服のポケットに入れておくその他のアイテム

 

パスポートは説明の必要ありませんね。

 

スマホもどこにいても肌身離さずです。

 

最近は、出張先で現金がなくてもクレジットカードあればOKな都市が増えてきました。

 

世界主要都市への出張であれば、出発前に空港や銀行で両替の必要はありません。

 

現地で直接クレジットカードで支払うか、ATMのキャッシングにより現地でお金を引き出せます。

 

欧米やアジアで試したことが何度かありますが、キャッシングの手数料も空港の両替手数料と大差はないです。

 

ただし、海外でクレジットカードを使うと、不正利用の疑いから現地で急にクレジットカードが使えなくなることがあります。

 

24時間受付の日本のコールセンターの番号を控えておきましょう。

 

本人確認ができれば停止の解除をしてもらえます。

 

また、VISA、Master、JCBなど異なるカードを2~3枚持っておくとより安心です。

 

それから、現地で困らないよう出発前に持っていくクレジットカードの暗証番号を確認しておきましょう。

 

キャッシュ(現地通貨/日本円)

クレジットカードやキャッシュレスで払えない事を想定し、数千円分の現地通貨があると安心です。

 

国際運転免許証

現地でレンタカーの運転をする予定がある場合、忘れないように準備しましょう。

>>警視庁のホームページ(国外運転免許取得手続き)

 

ノートPC/電源ケーブル

 

ボールペン

入国・出国手続き書類を空港や機内で記入する際や仕事の打ち合わせのメモ用に役立ちます。

 

海外の空港で、入国・出向用の手続き書類記入カウンターで共用のボールペンが備え付けてあるのを見たことがありません。

 

電源プラグ変換器

現地の電源プラグの形状はネットで事前に調べておきましょう。

海外電源アダプタ・変圧器

 

電源タップ

100円ショップで電源タップを購入して電源プラグ変換器につけておけば、現地で3プラグ同時に使えて便利です。

 

電源変換プラグと電源タップ

電源変換プラグと電源タップ

 

モバイルWiFIレンタル

 

スマホのローミング契約が高額な場合やPCやタブレットを現地で利用する際には必須アイテムです。

 

予約を済ませておけば、出発日に空港のカウンターで受け取れ、帰国時にも同様に返却すればよいので便利に使えます。

 

出発の2日前までに予約を済ませておけば確実です。

 

 

\モバイルバッテリーも一緒にレンタル/

イモトのWiFi

 

 

モバイルバッテリ

不測の事態への対応力が弱まる海外滞在ではあれば安心ですね。

モバイルWiFiを空港でレンタルする場合、オプションで借りることもできます。

 

歯ブラシ・歯磨き粉

海外では、ホテルの部屋のアメニティに歯ブラシはないと思って間違いないです。

そして、手荷物バッグに歯ブラシを入れておくと、フライトの前にゲート近くのトイレで歯磨きに使えます。

 

耳せん

機内で睡眠にあったほうが良い場合は持参しましょう。

 

メガネ(ケース)・コンタクトレンズ用品

機内で外す場合、ケースが手持ちバッグに必要です。

 

常備薬・タブレット栄養剤・サプリ

手元にあれば、必要な時に飲めます。

 

フリース/軽い素材の防寒服

機内や現地の夜など急に冷えてきたときに役立ちます。

 

折り畳み傘

超軽量タイプが便利です。

 

現地ガイドブック

本・雑誌類は重量があるためスマホで検索するほうが便利ですよね。

 

しかし、ガイドブックを用意しておくと機内で時間を潰すのに使えます。

 

また、特に現地でモバイルWiFiやローミングを使わない場合は役立ちます。

 

出張や旅行のときだけしか使わない場合も多いので、出発前に図書館で借りるのもおススメです。

 

↑ 目次へ戻る

スーツケースに入れておくもの

スーツケース

 

スーツケースは、フライトでは預けホテルでは滞在期間中、部屋に置いておくことを前提としています。

 

スーツ上下

現地の打ち合わせで必要な場合持参します。スーツ用の専用バッグに入れてスーツケースに入れておくと、しわになりにくいです。

 

ベルト

移動時のズボンに付けているもので兼用できればそれで構わないと思います。スーツ用のベルトが別にあれば忘れないようにしましょう。

 

ネクタイ

ビジネスのミーティングでも最近は無くても大丈夫なことも多いですね。

しかし、フォーマルな食事会などに参加する場合を想定して、1本スーツケースに入れておくと良いと思います。

”現地で相手側や自分の上司がネクタイをしているのに自分は持っていない"などの事態も避けることができます。

 

革靴(移動に歩きやすい別の靴を履いていく場合)

 

カッターシャツ必要日数分

カッターシャツ、下着上下、靴下、ハンカチは、ファスナー付き透明袋に一日分ずつ入れておくと便利です。

ファスナー付き透明袋は100円ショップに売っています。

長めの滞在の場合、3日分だけの用意にして現地ホテルでクリーニングして使いましょう。

 

1日分のセット(シャツ・下着上下・靴下・ハンカチ)

1日分のセット(シャツ・下着上下・靴下・ハンカチ)

 

ホテルのロビー
海外ホテルでクリーニング・コインランドリーを利用する際の英語表現

続きを見る

 

下着上下

 

靴下

 

ハンカチ

 

ヒートテック上下(冬場)

現地が冬の場合やホテルのエアコンが極端に効き過ぎて寒いときの備えとして役に立ちます。

 

寝巻用パジャマ上下またはTシャツ

 

髭剃り

充電・給電用のケーブルも持参する場合、電圧が海外対応しているかチェックしておきましょう。

 

日焼け止め

紫外線が気になる人は東南アジアなど1年中暑い場所への出張には入れておきましょう。

 

化粧水

 

紅茶・コーヒーなど

海外では、自分の好みの飲み物がすぐに手に入りません。

お気に入りのものを持参しておけば、ホテルの部屋でリラックスできます。

湯沸しポットはホテルの部屋のアメニティグッズに備えられていることが多いと思います。
(出発前にホテルのホームページで確認しておきましょう)

また、滞在が延長になったときなどにも重宝します。

 

スリッパ

ホテルの部屋で履くのに便利です。100円ショップで買うのがお手軽ですね。

 

ビニール袋

洗濯用の衣類をまとめてスーツケースに入れておくのに便利です。

 

折り畳める携帯用バッグ

 

部屋干し用のたこ足

下着・靴下類は2~3日分の持参に留め、ホテルの部屋で手洗いして干すのに使えます。写真のものは100円ショップで買いました。

室内干し用の洗濯ピン

室内干し用の洗濯ピン

 

渡航先で会う人へのお土産

お土産はスーツケースのパッキングの前までに買っておいたほうがいいですよね。

出発日に出発空港の売店で買ってからスーツケースに入れる場合、出発カウンターでスーツケースを預ける前にお土産を買うのを忘れないようにしましょう。

 

 

 

 

\出発前に自宅に宅配もできる/

イモトのWiFi

 

↑ 目次へ戻る

参考:DMM英会話/Native Campの無料体験を使って現地の情報を出発前に収集する

 

旅先の現地情報を現地の人から出発前に直接自分で確認する方法を紹介します。

 

オンライン英会話大手のDMM英会話ネイティブキャンプには、世界各国に講師が住んでいます。

 

講師検索画面から渡航先の講師がいるかどうかを検索し、1回あたり25分間のレッスンで、確認したいことを聞くことができます。

 

  • アフターコロナの街の様子
  • 治安情報
  • おススメのスポット

 

画面内でチャットも使えるので、『URLを共有して一緒に見てもらい現地の情報を教えてもらう』というような使い方ができますよ。

 

 DMM英会話 ネイティブキャンプ
登録講師の国籍数134か国以上120か国以上
登録講師の人数10,000人以上10,000人以上
無料体験の回数2回(7日間)無制限(7日間)
料金(1カ月利用の場合)3,240円(無料体験後3日以内に登録した場合の半額料金)6,480円

 

これらの2社は24時間レッスンが受けられるので、講師が見つかれば今からすぐにでも聞ける可能性もあります。

 

特に、渡航先が少しマイナーな国の首都/最大都市の場合、講師を見つけやすいですよ。

 

現地情報を確認しつつ、そのまま受講を1カ月継続して出発までの期間、英会話の準備にレッスンを毎日1回受けてみてはいかがでしょうか。

 

初月割引を使えば、たったの3240円で最大30回の25分レッスンをマンツーマンで受けられます。

 

DMM英会話の場合、無料体験を登録する前でも講師検索画面でカンタンに渡航先の国の講師がいるかどうかを確認することができますよ。

 

⇒DMM英会話で渡航先に住む講師を探してみる

手順

DMM英会話を利用して渡航先の講師から現地情報を得るために無料体験レッスンを受ける手順①

DMM英会話を利用して渡航先の講師から現地情報を得るために無料体験レッスンを受ける手順②

DMM英会話を利用して渡航先の講師から現地情報を得るために無料体験レッスンを受ける手順③

渡航先に住む講師がいれば、無料体験レッスンを通じて現地情報を聞いてみる ※ 無料体験はクレジットカードを登録せずに受講可

 

>>DMM英会話の公式サイトを見る

 

⇒ネイティブキャンプで渡航先に住む講師を探してみる

 

手順

ネイティブキャンプを利用して渡航先の講師から現地情報を得るために無料体験レッスンを受ける手順①

ネイティブキャンプを利用して渡航先の講師から現地情報を得るために無料体験レッスンを受ける手順②

ネイティブキャンプを利用して渡航先の講師から現地情報を得るために無料体験レッスンを受ける手順③

※ネイティブキャンプは、無料体験のみで終了する場合は解約の手続きが別途必要

 

ネイティブキャンプ公式サイトを見る

 

関連記事

記事タイトル入りスライド
【1カ月で30か国!】世界とつながるDMM英会話レビュー!

続きを見る

 

↑ 目次へ戻る

まとめ:有事の対策も忘れずに

海外出張中に洪水、地震など緊急事態も有り得る

 

その他、以下のような備えをしておくと万一のときに役立ちます。

 

  • 海外傷害保険に加入しておく
  • 現地で買う/頂くお土産を入れるためのスペースをスーツケースに確保しておく
  • 折り畳み式の収納バッグをスーツケースに入れておき、復路で荷物が増えたときに利用する
  • 現地で万一のスーツケース紛失に備え、スーツケースの外観と中身はスマホで出発前に写真をとっておく
  • 出発前に爪を切っておくと1週間程度の出張期間中に気にならない

 

Stay safe and enjoy your trip abroad!

 

\現地で24時間ネット接続!/

イモトのWiFi

↑ 目次へ戻る

 

英語学習ブログの人気サイトはこちらです

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
にほんブログ村

 


英語ランキング

-英語実務ノウハウ

© 2022 グロバログ