英語ミーティングで使う表現

going forwardの意味・例文・使い方【ビジネスMTG英語】

サイトに広告を掲載しています

going forwardの意味である”今後”を道でイメージ(記事タイトル入りスライド)

 

going forward

  • 英語フレーズ going forward/moving forward
  • 品詞:副詞句
  • 意味これから先、今後未来は
  • 使い方:「前の方向に進みながら/前の方向に動かしながら」の直訳が示すように、「今後未来は」、「これから先は」の意味の決まり文句。副詞は英文のどこに置いても意味が変わらないので文頭にも文末にも使えます。実際にビジネス英会話で使われる割合ではmoving forwardよりgoing forwardのほうが多い印象。ライティングで意味を分かりやすくするには、文頭の場合には直後に、文末の場合は直前コンマをつける。

 

【例文】going forward

未来に続く道(going forward/moving forwardのイメージ)

 

Going forward, we're likely to see more and more large-scale AI integration in various industries.
(今後は、多くの産業で大規模のAI導入が起きるだろう)

 

Going forward, business proposal price to any clients needs to be approved in advance by senior managers.
(これからは、クライアントすべてに対するビジネス提案価格はあらかじめ部長の承認が必要だ。)

 

Moving forward, we will discuss Agenda 3, which will deep dive into the pros and cons of service A.
(それでは次に、アジェンダ3に移りサービスAのメリットとデメリットについて話しましょう。)

 

We have to decide what we are going to do, going forward.
(これから先、我々は何をするかを決めなければならない)

 

Slack-off is going to be a major negative factor, going forward.
(手を抜いてさぼると、今後の大きなネガティブ要因になります。)

 

「to ing なぜ?」のスライド
【to動名詞15熟語】be looking forward toの後にingなぜ?

  look(ing) forward toだけは後ろの動詞はingで"to + 動詞の原形"にならない例外パターン   そんなふうにこの熟語表現を覚えていませんか? 私も長い間そ ...

続きを見る

 

【英英辞典の定義】going forward

going forwardの英英辞典の定義は以下のとおりです

 

Cambridge英英辞典

going forward

used, especially in business, to mean "in the future"

URLhttps://dictionary.cambridge.org/dictionary/english/going-forward

 

moving forward

Cambridge英英辞典に定義なし(2023年12月時点)

 

【言い換え・類語】going forward

"going forward/moving forward"は、以下のような類語表現で言い換えられます

 

言い換え・類語表現

  • in future
  • from now on
  • going ahead
  • moving ahead
  • going on
  • moving on

 

going forward/moving forwardの言い換え例文

 

In the future, we're likely to see more and more large-scale AI integration in various industries.
(今後は、多くの産業で大規模のAI導入が起きるだろう)

 

From now on, business proposal price to any clients needs to be approved in advance by senior managers.
(これからは、クライアントすべてに対するビジネス提案価格はあらかじめ部長の承認が必要だ。)

 

Going ahead, we will discuss Agenda 3, which will deep dive into the pros and cons of service A.
(それでは次に、アジェンダ3に移りサービスAのメリットとデメリットについて話しましょう。)

 

We have to decide what we are going to do in the future.
(これから先、我々は何をするかを決めなければならない)

 

Slack-off is going to be a major negative factor, going ahead.
(手を抜いてさぼると、今後の大きなネガティブ要因になります。)

 

【注意】going forwardがなくても意味が同じことも

たとえば、以下のような英文は、Going forwardをつけてもつけなくても英文の意味に違いはありません
  • Going forward, we are going to have to cut travel cost since work-from-home is becoming standard.
    (リモートワークがスタンダードになってきたので今後は移動コストを削減しなければならない)
  • According to the new CEO, all employees will be required to join the morning meeting every day, going forward.
    (新しいCEOによると、すべての社員は毎朝のミーティングに参加しなければならなくなるだろう)

 

このため、スピーキングで"Going forward"を乱発させると、”大げさ感”、”冗長”により聞く相手や読む相手をイラっとさせることもあります。

『今後未来は!』と強調したい場面ではGoing forwardを使えばいいのですが、be going towillなど未来を明確に示す英単語も使うときには、going forwardの使い過ぎには注意したほうがよさそうです。

 

 


英語で伝えられる?

赤枠に入る英単語は?

「1対1で」

one        one

正解はこちら

 

【いくつわかる?】英語MTGでネイティブがよく使う英語慣用句

ビジネス英会話でよく出る英語の慣用句じゃがいくつわかるかな?

 

2割で普通、8割以上はNativeレベル

 

-英語ミーティングで使う表現