【虎の巻】英語実務

【意外に超重要!】グローバル交渉のノンバーバルコミュニケーション5つ

2020年10月23日

 

こんにちは、りゅーたです。

 

コミュニケーションにおいて、話す内容そのものが相手に与える影響はたったの7%なんですね。

 

残りの93%は目から入る情報など、言葉以外の情報と聞きました。

 

ミュー吉
メラビアンの法則な

 

へぇ、、、名前までは知らなかったよ(汗)

 

これって、見方を変えるとコミュニケーションにおいて、どんなにすばらしい意見であったとしても、態度や表情などの伝え方が悪かったら90%以上の確率で相手に良い印象を与えられないということですよね。

 

英語で外国人との交渉や打ち合わせに臨むとき、このノンバーバルコミュニケーションは特に重要だと感じています。

 

日本人同士の場合は、控えめで謙遜的な態度が好まれやすいですね。

 

外国人は自分に自信がありそうな相手を好む傾向が強いです。

 

15年間、グローバルの仕事をしてきて強くそう感じます。

 

僕が外国人と対面で打ち合わせするときに態度や振る舞いで気をつけているポイントをまとめました。

 

この記事を読むと分かること(After)

  • 外国人との打ち合わせにおいてノンバーバルコミュニケーションで気を付けるポイント
    (打ち合わせで足を組んだ状態を続けるのは良くない)

 

【この記事を書いた人】

プロフィール画像(白シャツ)

About me

  • 英語力:英語実務において、基本英単語2000語ぐらいを使って自分が言いたいことをどうにか相手に伝えられるレベル
  • 仕事:自社サービスの運営に関する取引先との交渉業務やパートナー会社との協業プロジェクトのマネジメントに従事。主に欧米・アジアを対象として海外企業との英語による交渉・打ち合わせ・電子メール対応などの実務を15年間経験。

 

 

①: あいさつは満面の笑みでアイコンタクトをする

 

外国人と対面してあいさつをするときに特に気をつけているのは笑顔アイコンタクトです。

 

笑顔は「あなたにお会いできて嬉しいです」と言葉よりも強く相手に伝えてくれます。

 

特に海外から来日してくれた相手には、

 

遠いところからよく日本へ来てくれました

 

というWelcomeの気持ちを持つと自然と笑顔でアイコンタクトができます。

 

そして男性どおしであれば、がっちりと強めの握力で握手をします。

 

がっちりと握手をするかどうかで、欧米人は相手が自分に自信がある人かどうかを感じとろうとします。

 

ただ、最近はコロナウィルスの影響で、この”がっちり握手”を控えることも多くなりましたね。

 

がっちり握手をする欧米人とのビジネスの様子

男性間の握手はがっちりとする

 

またあいさつのときの名刺交換は、欧米人はそこまできっちりしていないです。

 

名刺を持ち歩いていない人が特に最近は多くなりましたね。

 

名刺を持っている場合でもトランプのカードを手渡すような感じで相手の前の机に置いたりします。(笑)

 

ミュー吉
もう紙の名刺は古いニャ

 

②: 声はしっかりと出す

 

短い英語やひと言のフレーズであったとしても、声のトーンや調子をしっかりさせることを意識しています。

 

小さい声や相手に聞こえにくいボソッとした声では相手に弱々しい印象を与えかねません。

 

"相手の目を見て堂々と声をしっかり出して発言する"

 

内容はともかく声が大事だといつも自分に言い聞かせてます。

 

 

③: 姿勢もピシッとする

 

猫背やうつむき加減での会話も相手に良い印象を与えないです。

 

堂々と姿勢を良くして振る舞うほうが交渉をうまく進めることができます。

 

特に欧米人は自己主張の文化に慣れています。

 

言いにくいことでも仕事と割り切ってしっかりした態度で姿勢よく相手に伝えたほうが好印象です。

 

ミュー吉
俺様のようにイケメンじゃないんだから姿勢ぐらいピシッとせんとな

 

・・・ 静かに!

 

④: スーツやシャツもピシッとする

 

価格交渉や他社との大事な打ち合わせは、特にスーツをピシッと着ることを意識しています。

折り目の付いたスーツやベストなどは、プロフェッショナルな印象を与えることができ、相手からレスペクトを得やすいです。

 

"相手から低く扱われない(なめられない)ように自分を着飾る"ことも重要なノンバーバルコミュニケーションだと感じています。

 

ミュー吉
なめんなよ

 

古っ!

 

また、欧米人はスーツの下に着るシャツに胸ポケットがないものを着ていることがよくあります。

 

これは、胸ポケットにごちゃごちゃと物が入らない分、シャツの型が崩れずさっぱりとした印象を与えるからのようです。

 

特に金融系やコンサルティングの職種の欧米人は胸ポケットがないシャツを着ていることが多いですね。

 

見た目で心理的に負けたくないので、外国人とフォーマルな打ち合わせの日は胸ポケットがないシャツを着ることもあります。

 

相手の文化に合わせるためにそうするのではなく、グローバルの標準に自分を近づけて相手と同じ土俵で互角に戦うイメージです。

 

仕事で胸ポケットがないシャツを着こなす外国人のふたり

欧米人は胸ポケットがないシャツがスタンダード

 

⑤: 交渉の場で足を組まない

 

交渉の場では、足を組んだ状態が続かないように気をつけています。

 

気が緩むと意識することなく足を組んでしまいます。

 

しかし、足を組むと相手に以下のような無言のメッセージを伝えるようです。

 

「その場を支配したい」

 

「壁を作って自分を守ろうとしている」

 

お互いの妥協点を探り、歩み寄ることを目的とした打ち合わせにはこの印象はプラスに働きません。

 

価格交渉の場で長い時間足を組んで座ってしまうと、相手との心理的な距離を近づけにくくなります。

 

決裂を想定した交渉やそれを意図している場合はそれでも構わないのかもしれませんが。

 

なので、相手と交渉をまとめたいときは足を組まないように心がけています。

 

ではどのような足のポジションが良いのだろうか?

 

と思ってしまいますね。

 

両足の裏を床につけて両足の膝をかるく横に開いた状態が相手にオープンな印象を与えるようです

 

◎膝を開く=気持ちもOpen

×足を組む=気持ちもClose

 

と関連づけて覚えています。

 

記事タイトル入りスライド
【そうだったのか!?】英語の助動詞の使い分け。will以外も未来の意思を表す!

続きを見る

 

まとめ: 自分には無理と思わず”演じる”意識で臨む

 

ノンバーバルコミュニケーション力もグローバル人材に必要なスキルだと実感しています。

 

慣れもあるので最初からうまく使えることは難しいですよね。

 

私も経験を積み重ねてようやく少しずつ意識できるようになれました。

 

役者になったつもりで”演じる”意識を持つようにしています。

 

表情や態度をいつも以上に意識して交渉に臨むと、思いのほかうまく進むようなこともあります。

 

ノンバーバルで気をつけていること

あいさつは満面の笑みでアイコンタクト!

声はしっかりと出す

背筋を伸ばす

大事な打ち合わせは胸ポケットのないシャツを着る

交渉の場で足を組まない

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

少しでも参考になればうれしいです。

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
にほんブログ村

 


英語ランキング

HOMEへ戻る

-【虎の巻】英語実務

© 2021 Go for a Change.