英語表現・フレーズ

【aboutとonの違い】「~に関して・について」の英語表現10選

2020年9月20日

記事タイトル入りスライド

 

こんにちは、りゅーたです。

 

仕事で英語を使っていると、「~に関して」の表現をよく使う機会が頻繁にあります。

 

その都度、

 

about"以外の表現はないかな

 

と考え、思いつく別のフレーズを使うか、辞書で表現を探しています。

 

そこで、この記事では「~に関して」の英語表現をまとめました。

 

英語を使う仕事に従事されている人や英語学習に力を入れている読者の皆様にも活用してもらえたらうれしいです。

 

この記事を読むと分かること(After)

  • 「~に関して」、「~について」の意味で使える10の英語表現

 

【この記事を書いた人】

プロフィール画像(白シャツ)

About me

  • 英語力:英語実務において、基本英単語2000語ぐらいを使って自分が言いたいことをどうにか相手に伝えられるレベル
  • 仕事:自社サービスの運営に関する取引先との交渉業務やパートナー会社との協業プロジェクトのマネジメントに従事。主に欧米・アジアを対象として海外企業との英語による交渉・打ち合わせ・電子メール対応などの実務を14年間経験。

 

 

「~に関して」「~について」の英語表現

 

①:about

 

「~に関して」、「~について」と話すときは、たいてい"about"を使いますね。

 

日本人でも中学生以上ならだれでも分かるし、"about"を知らない外国人もいません。

 

aboutは、幅広く一般的な話題に対して「~について」の意味で使える口語的な言葉です。

 

例文


They were talking about the next strategy.
(彼らは次の戦略について話していた)

 


It is a document about the product.
(それはその商品に関するドキュメントです)

 

②:on

 

aboutはその後に続く言葉に関する広め範囲を対象に「~について」の意味で使います。

 

一方、Onは専門的な内容に対して「~について」、「~に関して」の意味で使われます。

 

Onは、aboutより範囲が狭く、より専門的なことに対して使うイメージですね。

 

本、講義、会議などには"about"ではなく"on"を使うとより英語らしくなります。

 

例文

 


Today's conference is on business expansion in China.
(今日の会議は中国での事業拡大についてです)

 


I bought a book on marketing.
(マーケティングに関する本を買いました)

 

③:regarding

 

aboutより堅い言葉でビジネスには良く使われます

 

ひとつめの例文のように文頭から使われることもよくあります。

 

例文


Regarding
the cancellation policy, please refer to the website of our company.
(キャンセルポリシーについては、弊社のホームページを参照ください)

 


We need to get information regarding the detailed design of the product.
(私たちはその商品の詳細設計に関する情報が必要です)

 

④:with/in regard to

 

 "with regard to"、"in regard to"のどちらも同じ意味で、文頭から使われることも文の途中で使われることもあります。

 

例文


With regard to
your farewell party, it will be held at a near hotel.
(あなたの送別会に関しては、近くのホテルで開催されます)

 


There is an important change in regard to employment regulation.
(社員就業規則に関して重要な変更がありました)

 

⑤:with respect to/ in respect of

 

フォーマルな表現で仕事の場面にも適していますね。

 

with respect to, in respect ofともに同じ意味です。

 

例文


With respect to
  your question. I need to ask it to sales team.
(あなたの質問については、営業チームに確認する必要があります)

 


We are not allowed to compromise in respect of the payment conditions.
(支払条件に関しては妥協は許されていません)

 

⑥:relating to

 

relateは「関連のある、関連づける」の意味ですね。

 

relating toとすることで「~に関して」の意味です。

 

例文


Explanation relating to the history of the company is described on the last page of the brochure.
(会社の歴史については、パンフレットの最終ページに記載されています)

 


We do not know anything relating to the matter.
(その出来事について何も知らないのです)

 

⑦:in relation to

 

「~との関連で」、「~と比べて」の意味でも使われます。

 

例文


I have a question in relation to the problem.
(その問題に関して質問があります)

 


In relation to
the topic, I suppose we need further discussion.
(議題に関してさらなる議論が必要と思います)

 

⑧:concerning

 

concerningは、aboutやonと違って疑問文には使えません

 

○ What is this book about ?

× What is this book concerning ?

 

例文


I have several things to confirm concerning the result of the investigation.
(調査の結果についていくつか確認事項があります)

 


Concerning
page 5, we need to check it again.
(5ページについては、もう一度確認が必要です)

 

⑨:as for

 

以前に出ていた話題や内容に対して、「~に関して」の意味で使う英語です。

 

ビジネスのフォーマルな場でよく使います。

 

また、多少異なる意見を後に持ち出すときに 「~に関しては」の意味でas forが使われることがあります。

 

"As far as I am concerned," を短くした同じ意味の語句ですね。

 

例文


As for
me, I do not support her idea.
(私は、彼女の考えを支持しません)

 


As for
the plan to recover the sales plan, I do not agree to his opinion.
(売上回復計画に関しては、彼の意見に同意できません)

 

⑩:as to

 

what, why, whenなどの疑問視に先行し、「~については」の意味で使われることが多いです。

 

例文


I do not know as to when they will finish the work.
(彼らがいつ仕事を終わらせるのかについては分かりません)

 


As to
agenda No.3, it will be cancelled.
(アジェンダのNo.3については、取りやめになります)

 

まとめ: 10表現を入れ替えて使う

 

「~に関して」の意味で英語を使う際は、入れ替えて使うことで、表現が豊かになりますね。

 

  1. about
  2. on
  3. regarding
  4. with/in regard to
  5. with respect to/ in respect of
  6. relating to
  7. in relation to
  8. concerning
  9. as for
  10. as to

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

少しでも参考になったらうれしいです。

 

HOMEへ戻る

 

-英語表現・フレーズ

© 2021 Go for a Change.