英語勉強法・TOEIC

【解く順番・配分の秘策!】 TOEICリーディング時間足りない・終わらない

TOEIC試験でマークシートに解答を記入している様子

 

TOEICのリスニングについては、400点取る対策をこちらの記事でみっちり書いたので、今回はタイトル通り、

 

「TOEICリーディングの時間足りない・終わらない」

 

この難敵を攻略する方法をいろいろ考えてみました。

 

 

TOEICリーディングって、何度受けても”過酷”ですよね。

 

「えっ休憩なしでそのままリーディングかよ・・・」

 

「あの時間で100問解けるわけないだろ・・・」

 

終わった後は、魂を抜かれたようにどっと疲れが出ます。

 

なので、TOEICのリーディングは、自分なりのPart 5~Part 7の目安時間を設定し、時間をある程度コントロールする必要がありますよね。

 

毎回時間が足りないですが、一問でも多く解いて点数を上げるために

  • Part 5、Part 6、Part 7を解く順番
  • 消去法は使えるのか

などについてまとめてみました。

 

検討に取り入れた事項

  • リーディングの1問あたりの解答配分時間
  • リスニング直後の脳の疲れと集中力の推移
  • 各Partの消去法の使いやすさ
  • 残り10分の焦る心境

 

では、早速行ってみましょう!

 

目次

(好きなところから読めます)

 

TOEIC試験の脳の疲れと集中力の推移

著者のTOEIC試験2時間における集中力と疲れの推移を曲線で表した図

TOEIC試験における集中力の曲線

 

まず、TOEIC試験2時間の中で感じる集中力のイメージ曲線と心理を描いてみました。

 

リスニングの45分間は、少しでも先読み時間を確保しながらアナウンスを聞き逃さないように必死に集中力を持続させてますよね。

 

なんとかリスニングで集中力を持たせたとしても、辛いのは、リスニングの100問目が終わった直後に休憩やインターバルなくそのままリーディング試験に移行するとこですよね。

 

「誰だよ、TOEIC試験のルール決めたヤツ、、、どSだな。。。」

 

と頭の中でつぶやき、軽く深呼吸しながら休憩を取りたい気持ちをかなぐり捨てて、そのままリーディング開始です。

 

ミュー吉
忍耐・・・

 

なので、リーディングの開始直後は、問題を解き進めながらもリスニングで疲れた脳をクールダウンさせることが重要です。

 

そして、リーディング試験75分の最後の方は、疲れのピークと集中力の限界を迎えてます。いや、もう超えてます。

 

「もうこの残りのボリュームの文は読めないな。。。」

 

集中力も切れ、半ばあきらめモードになりつつ、ラストスパートをしなきゃいけない気持ちばかりが焦って目で文章を追っても頭に全然意味が入ってきません。

 

だいたいTOEIC試験の2時間ってアナタもこんな感じで進みませんか?

 

Part 7の長文問題のイメージ

Part 7の最終問題の文字量に嫌気・・・

 

 

↑ 目次へ戻る

対策の前に(各Partの問題形式と特徴)

 

時間が足りずにやっかいなTOEICリーディング対策を考える前に、各Partの問題形式とサンプル問題です。

 

知ってる人は読み飛ばしてください。

 

Part 5-7の問題形式と構成

 

リーディングの各パートの問題数と構成です。

Part問題数問題構成
Part 5 (単語穴埋)30問・1文の穴埋め箇所に適切な単語を選択する問題
Part 6 (長文穴埋)16問

・4問×4セット
(各セットは、①単語/熟語の穴埋め3問、②文の穴埋め1問の4問で構成)

Part 7 (長文理解)54問

 ・シングルパッセージ:10題 29問(1題2~4問)
 ・ダブルパッセージ:2題 10問(1題5問)
 ・トリプルパッセージ:3題 15問(1題5問)

 

  • シングルパッセージ:1ドキュメントで構成
  • ダブルパッセージ:2ドキュメントで構成
  • トリプルパッセージ:3ドキュメントで構成

 

↑ 目次へ戻る

TOEIC公式HPのサンプル問題

 

Part 5・Part6・Part 7の配分時間の目安

 

TOEICリーディングは75分で100問を解かなければなりません。

 

時間内に100問全てを解くとした場合の各Partの1問の目安解答時間はだいたいこんな感じでしょうか。

 

Part問題数1問あたりの目安時間合計配分時間
Part 5 (単語穴埋)30問10秒5分
Part 6 (長文穴埋)16問60秒16分
Part 7 (長文理解)54問60秒54分

 

いゃ~やっぱりこれは無理だよ・・・

 

ミュー吉
無理ゲー

 

↑ 目次へ戻る

Part 5の特徴:文法や語彙の知識次第で短時間で解ける

 

Part 5は、単語の穴埋め問題30問です。

 

5文型や品詞など、文法や語彙力の知識で答える問題です。

 

"集中して考える"というより、知っているかどうか、文法知識があるかどうかで10秒前後で正答を選べる問題ですね。

 

短時間で解けます。いや、解かないといけません。

 

Part 6の特徴:16問中12問は短時間で解ける

 

Part 6は16問です。(4問 × 4セット)

 

各セットは、①単語/熟語の穴埋め3問、②文の穴埋め1問の計4問で構成されています。

 

それぞれ、こんな感じですよね。

 

Part 6の特徴

単語/熟語の穴埋め3問:Part 5と同じく文法知識で解くためある程度短時間で解答できる

文の穴埋め1問:パラグラフごとの要旨や前後の文脈理解が必要なため、解答にそれなりに時間がかかる

 

↑ 目次へ戻る

Part 7の特徴:速読力次第で解く時間が変わる

 

Part 7は54問は一言で言って、速読力がものを言いますよね。

 

テキストを中心とする文章題やメールやチャットのやりとり、図表など種類はさまざまです。

 

読解力や考える力はそんなに必要ではないけど、表面的な意味をいかに短時間で掴めるか、そこがキモですよね。

 

膨大な量を読まなければならないので1問あたりの時間は速読力次第です。

 

各Partの解答テクニック

 

各Partを解くために使っているテクニックをまとめました。

 

Part 5: 5文型と副詞・形容詞の見極め力が必須

 

Part 5は文法的な知識で解く問題と語彙力で解答する問題に分かれますね。

 

文法的な知識で解く問題のうち、取りこぼすともったいないPart 5の頻出10パターンは以下の記事にまとめています。

 

 

↑ 目次へ戻る

出題される文法問題

  • 5文型・形容詞・副詞
  • 接続詞
  • that節
  • 前置詞
  • 語彙力

 

穴埋め箇所に入る品詞は何?

 

いつもコレをできるだけ早く見極めることに集中しています。

 

そのために、英語の5文型を軸に英文を分解します。

 

サラッと品詞の見極め材料をまとめてみました。

 

↑ 目次へ戻る

5文型と副詞・形容詞

 

英語の5文型

  1. S + V
  2. S + V + C
  3. S + V + O
  4. S + V + O + O
  5. S + V + O + C

 

関連記事

記事タイトル入りスライド
【英語の第1文型は絶対分かる!】自動詞と他動詞の特徴・違い・見分け方

  こんにちは!   自動詞と他動詞のマスターってむずかしいですね。   英語の勉強において、第1文型と自動詞と他動詞に対する僕の捉え方を説明します。   高校 ...

続きを見る

 

副詞の見極め材料

 

  • 副詞は動詞、形容詞、副詞を修飾する。
  • 意味が分からない英単語でも、以下のような語尾で終わる英単語は副詞の可能性が高い。

 

形容詞の語尾に"ly"が付いたもの: properly, beautifully, kindlyなど

 

形容詞の見極め材料

  • 形容詞は名詞を修飾する
  • 意味が分からない英単語でも、以下のような語尾で終わる英単語は形容詞の可能性が高い。
接尾語
-edexited, bored, confusedなど
-calidentical, mechanical, economicalなど
-iveattractive, effective, innovativeなど
-arsimilar, far, linearなど
-ing:exiting, terrifying, interestingなど
-ble:visible, capable, stable, curableなど
-ous:anxious, anonymous, curious, obvious, previousなど
-fulbeautiful, careful, powerful, stressfulなど
-ly (名詞の接尾語にlyがついたもの)friendly, weekly, timelyなど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ 目次へ戻る

接続詞

 

  • 接続詞を選ぶ問題は前後の意味を比較して選ぶ

接続詞

    • 時:when, while, as, after, before, until, since
    • 条件:if, unless
    • 原因:because, since, as
    • 譲歩:though, even if
    • 目的・結果:so that

 

that節

 

  • 空欄の後ろに続くS+Vの節をまとめるときはthat
  • thatの部分は疑問視(when, where, why, how)を入れても同じ働き。

例文

I know that he works.(彼が働いている事を私は知っています)

 

例文

I know where he works.(彼がどこで働いているか私は知っています)

 

↑ 目次へ戻る

前置詞

 

  • 前置詞は熟語とセットで覚えているかどうかがポイント
  • 前置詞のコアな意味もイメージで頭に入れておく

 

関連記事

一直線に伸びる道。~にむかって、~からの前置詞for, fromをイメージできる写真
from(起点)to(到達点)for(方向)の違いをイメージで捉える!

  こんにちは、りゅーたです。   今回は from, to, forについて説明します。   to と forは共に"へ向かって"の意味で使われるので区別が分かりにくい ...

続きを見る

internetの前置詞はどうしてonなのか?
【前置詞】なぜon the internet? in? "オンラインで"の英語

  ”internet”の前につく前置詞に迷うことはありませんか?   正しくはon the internetです。(on internetではなく冠詞のtheもinternetの ...

続きを見る

 

↑ 目次へ戻る

Part 6: 文選択問題は接続詞やalsoなどが正答のヒント

 

Part 6

①単語/熟語の穴埋め3問
②文の穴埋め1問

 

①単語/熟語の穴埋め3問

 

  • 1文ではなく長文の中での単語/熟語の穴埋め問題ではあるものの、対策はPart 5と基本的に同じ

 

②文の穴埋め1問

 

  • 文の穴埋め問題は、内容展開を理解するために、文書をすべて読んでから解く
  • 文章展開は以下の流れのパターンが多い

 

・時系列(過去→現在→未来)

・概要→詳細

・手順・プロセス(例:予約→納品→支払いなど)

 

  • 選択肢A~Dの英文や穴埋め箇所の前後に以下の単語や接続詞があれば、前後の展開を見極め正答判断に使う

 

Part 6を解くヒント

  • also:文よりも前に他の似たような主旨の内容が言及されている
  • but/however/on the other hand:直前までは挿入する文の意味とは反対の論調で展開されていたはず
  • one of:直前までの内容に対するひとつのサンプル・例としての挿入文
  • the:定冠詞が付いた単語は、それよりも前に言及されている可能性有り
  • a:不定冠詞が付いた単語は、初めて言及される可能性有り
  • he/she/they/his/her/their:代名詞は前後に代名詞が指す人や物がある
  • その他接続詞(therefore, subsequently, In additionなど)は順節の内容展開

 

↑ 目次へ戻る

Part 7①: スラッシュリーディングで速読

 

「肝はいかに速読できるか」

 

なので、スラッシュリーディングでどんどん前から後ろに読み進めていく。

 

スラッシュリーディングとは、前から後ろの順に英文を意味のかたまりの単位で区切り、読み進めて全体を理解する読み方です。

 

後ろから前には戻りません。

 

Part 7対策

  • TOEICは表面的な意味が掴めればOKなので、本文を読むときは”ざっと”内容把握でOK
  • 部分的に意味がすぐに理解できない箇所があったとしても立ち止まらずにスピードを重視して先を読み進める

 

Part 7を解いていると以下のようなことがよくありませんか?

 

  • 本文に意味が分からないところがあったけど、設問には関係なかった(本文を読んでいるときに立ち止まって何度も読み返し意味を理解しようとしたのは結果的に時間のムダだった!)
  • 本文を読んでいるときは意味がよく分からなかった箇所が設問文を読んでから理解できた
  • 表面的なだいたいの意味がつかめれば設問は簡単だった

 

なので、少々意味が分からなくてもいちいち立ち止まらないほうがいいですよね。

 

TOEICのリーディングには、大学受験の現代文とは違って、題材がビジネスドキュメントですからね。

 

ダラダラと長い文書はありますが、読めば分かる資料であり、深読みを求められてはいません。

 

それに、設問に関係なかったらスラッシュリーディングの途中に意味が分からなくて悩んでも、

 

完全に時間のムダ で・す・か・ら~!」

 

残念! TOEIC切り。~波田陽区~

 

ミュー吉
木枯らし吹いた? 今・・・

 

Part 7を解く手順

 

step
1
本文を一度さっと速読で読む(意味がすぐに分からない箇所も過度に気にしない。立ち止まらずに進める)

 

step
2
設問を順に読む

 

step
3
設問の回答がすぐに分かったものは速やかに回答をマークする(本文に戻って再確認しない

 

step
4
設問の回答がすぐに分からなかったものは、本文の該当箇所のあたりを短い時間でさっと読み直して確認はする(すぐに分からなかったら諦めて適当に急いでマークする)

 

step
5
次の問題へ移る

 

あれだけの文量があるんですから、よく分からない題にはあきらめも肝心!間違いなく。

 

TOEICの問題を作るドS者の心理もちょっと考えてみると、

 

「よし、この題は難しい問題にしておくか。フフフ」ってのが何題か盛り込まれてますよね。

 

実際は、問題の膨大のDBから機械的に15題ピックアップされているのかもしれませんが、難易度のバラツキが重視されているのは間違いないです。

 

なので、

 

「難しい題があるのは仕方ない」

 

「分からなくてもそれに時間を取られないよ。俺は。ドSのTOEIC君!」

 

ぐらいの気持ちの余裕を受ける前から持っておきましょう。

 

そして、スラッシュリーディングの練習にはスマホやPCでTOEIC教材や英語ニュース記事をガンガン読みましょう!

 

以前は「紙に印字された問題集で英文をスラッシュで区切りながら練習しないとTOEICのトレーニングにはならないかな」

 

と思っていましたけど、今はそんなことないと思っています。

 

TOEIC試験本番は問題用紙へのメモやチェックが認められていないので、頭の中で意味の単位を区切って前から後ろに読み進める練習が本番にも役立ちます。

 

↑ 目次へ戻る

Part 7②:文位置選択問題が2問出る

 

Part 7には、長文の中に[1]~[4]までの空欄があって、選択肢の1文がどこに入るかを答える問題が2問出ます。

 

In which of the positions marked [1], [2], [3], and [4] does the following sentence belong ?

 

Part 6の文選択問題と解き方の対策は同じと考えてますが、この問題は捨ててもいいと半分思っています。

 

最初の速読で題の意味がつかめていれば、選択肢の英文、[1]~[4]までの空欄前後の英文に以下のようなヒントがないかを確認しつつ、解きますけど。

 

でも最初のスラッシュリーディングで文書の意味が掴めなかったら穴埋め問題は捨てたほうがいいです。

 

Part 7全体で2問しかないし、時間を食いつぶす危険があります。

 

ある意味、そういうトラップがしかけられた問題ではないかと。

 

文位置選択問題を解くヒント

  • also:の文よりも前に他の似たような主旨の内容が言及されている
  • but/however/on the other hand:直前までは挿入する文の意味とは反対の論調で展開されていたはず
  • one of:直前までの内容に対するひとつのサンプル・例としての挿入文である
  • the:定冠詞が付いた単語は、それよりも前に言及されている可能性有り
  • a:不定冠詞が付いた単語は、初めて言及される可能性有り
  • he/she/they/his/her/their:代名詞は前後に代名詞が指す人や物がある
  • その他接続詞(therefore, subsequently, In additionなど)

 

↑ 目次へ戻る

各Partの消去法比較

 

”消去法が使えるか”について各Partを比較しました。

 

Part 5:副詞・形容詞の特徴を活用して消去法が使える

 

Part 5は穴埋め箇所に入る品詞が特定できたら解答テクニックに書いた品詞の特徴を生かして消去法が使えますよね。(例:ly語尾は副詞)

 

消去法にかかる時間は1問あたりの解答目安時間10秒の中で行います。

 

Part 6:文穴埋問題は6文だけを読んて判断

 

Part 6

①単語/熟語の穴埋め3問
②文の穴埋め1問

 

①はPart 5と同様です。

 

②の文の穴埋め問題は、穴埋め箇所の前後の英文と選択肢A~Dの合計6つの英文だけを読んで対応します。

 

基本的には全体の展開を理解しないと解けない問題ですが、選択肢の一つか二つは、「これは違うかな」と判断できます。

 

↑ 目次へ戻る

Part 7:消去法は難しい

 

一方でPart 7は消去法が使いにくいです。

 

長文になればなるほど。

 

本来は速読で問題文全体を読み内容を理解してから設問を順に解く必要があります。

 

設問を先に見て問題文の該当箇所を探して読もうとしても、長文だと内容がすぐには理解できずに選択肢除外に時間がかかります。

 

結局、「頭から文書を読み直すしかないのかな」と焦った中で感じてしまうことにもなりかねないです。

 

消去法比較まとめ:Part 5とPart 6は使える

 

Part 5とPart 6は消去法が使えそうです。

 

Part 5は1問を解く時間10秒の中で消去法を使います。

 

Part 6も16問中12問はPart 5と同じように消去法が使えます。

 

Part 7は実質消去法は難しいです。

 

リーディング試験が残りわずかになってきた時間帯は心理的にかなり焦っているので、文量が少なく短い時間で解けて消去法が使いやすい問題が向いていると思いませんか?

 

↑ 目次へ戻る

解く順番の比較

 

ここまで見てきた以下の項目を考慮して、Part 5~Part 7の解答順序について考えてみました。

 

解答順を考えるための要素

  • 脳の疲れ
  • 各Partの問題形式と解答に使うテクニック
  • 消去法の使いやすさ。1問あたりの解答時間

 

まず、リーディング開始直後はPart 5から手をつけるので問題ナシです!

 

Part 5は各問題1文のため、ひとつの問題に長い時間の集中力を持続させる必要がありません。

 

1問ごとに細かくインターバルが取れるので、リスニングで疲れた脳をクールダウンさせながら解くのにピッタリです。

 

Part 5から解くメリット

  • 脳の疲れをクールダウンするのに丁度良い
  • 30問を早めに解くことでリーディング問題の解答が進んでいる安心感を得られる

 

問題はPart5の次です。

 

以下の二つのパターンを比較してみます。

 

  • Part 5 → Part 6 → Part 7
  • Part 5 → Part 7 → Part 6

 

↑ 目次へ戻る

① Part 5 → 6 → 7:マークシートミスのリスク小

 

メリット

  • あまり何も考えずに、とにかく順にガンガン解くだけでいい
  • 順に進めるのでマークシートの位置をミスするリスクが小さい

 

デメリット

  • 時間が足りない場合、終了間際に焦りの中で消去法が使いにくいPart 7と格闘しなければならない

 

② Part 5 → 7 → 6:終了間際に消去法が使いやすい

 

メリット

  • ボリュームが最大のPart 7に時間を確保しやすい
  • 最後の10分は「Part 6の時間」と決めておけば、終了間際の焦った状態に消去法が使いやすい問題を解ける

 

デメリット

  • Part6より先に取組んだPart 7が残り10分で読み終わっていなければ焦りが増す。
    ミュー吉
    Part 6もPart 7も解く時間が足りないなんて・・・(泣)
  • マークシートの位置をミスするリスクがある

 

↑ 目次へ戻る

解く順番まとめ:Part 5 → 7 → 6は検討の価値あり

 

解く順番(Part 5 → 76)はこれまで見てきた観点から検討の価値がありそうです。

 

ただし、

 

「残りの10分はPart 7の途中でもPart 6に移る」

 

を徹底させておく必要があります。

 

  1. リーディングの最初は、脳のクールダウンがしやすいよう、1問あたりの解答時間が短いPart 5でOK
  2. リーディングの最後は、疲れがピークでかつ残り時間が少なく焦っているので、1問あたりの解答時間が短く消去法が使えるPart 6が向いている

 

問題を解く順序をPart 5→7→6とすることのメリットを表わした図

 

 

↑ 目次へ戻る

リーディング対策に使う教材

 

模擬試験が充実しており、リーディングの対策に使える教材です。

 

アルクのキャンペーン・おすすめ情報はこちら

 

言わずと知れたアルクの通信講座。

 

多数のTOEIC教材があります。

 

自分のレベルに合った教材を。

 

テキストブック(紙媒体)なので模擬練習にはピッタリです。

 

【スタディサプリ ENGLISH】 TOEICコース

 

コスパが良く、ちょっとした合間にも勉強できるツールですね。

 

【高得点者はやっている】TOEICリスニングで400点取るための作戦と合わせて、テキストブックも追加購入してリーディング対策にも使うのがおススメ。

 

TOEIC試験前の2-3か月前だけ追い込み学習で利用しましょう。

 

僕が使用した感想・レビューの詳細を以下の記事にまとめています。

 

得点UPの近道
スタサプの注意点を知らずにびっくりした人
【申込前に必見!】評判のスタディサプリ(スタサプ)TOEIC 3つの注意点

  スタディサプリってCMもよくやってるし以前から気になって、『スタディサプリ ENGLISH TOEIC L&R TEST対策コースベーシックプラン』を2021年に実際に利用してみ ...

続きを見る

ポイント

  • 5分解説動画を140本も収録。英語基礎からパート別の攻略法まで有り。
  • 本番に近い問題形式の「実戦問題集」は、PART1~PART7全てに対応。
  • TOEIC(R)テスト20回分相当の実戦形式問題・解説が含まれている

 

【トライズ TOEIC(R)対策プログラム】2ヶ月で最大200点アップ保障

TOEICのスコアが会社の昇格条件の会社なら、昇格できたら受講費の元がとれるので検討に値する魅力的な教材ですよね。

 

例えばTOEIC高スコア取得による昇格で給与が2万円上がったとします。

 

1年ちょっとの昇格による増額給与分でトライズの受講費用は回収できます。

 

2万円×12カ月×1.5年=36万円

 

しかも綺麗なスクールで高級感に包まれてのTOEIC勉強は気分が良さそうじゃないですか。

 

ちょっとハイステータスな感じもするし。

 

気になる人は、無料カウンセリングでコースの中身や勉強の進め方が自分に合いそうかを確認してみましょう。

 

ポイント

  • 短期間でスコアを上げることに特化したTOEIC専用のスクール
  • 2ヶ月間毎日最低3時間の学習
  • 専属コンサルタントと講師が週3回レッスンや面談で学習をサポート

 

↑ 目次へ戻る

まとめ:模擬問題でシミュレーションする

 

解く順番(Part 5 → Part 7 → Part 6)に関する考察はいかがでしょう?

 

時間が足りない・読み終わらないという焦った最後の時間帯に対応しやすい問題を残せるメリットがあると感じませんか?

 

残り10分はPart 7の途中でもPart 6に充てる!」としっかり決めておけば、75分の時間で1問でも多くの問題を解くことにつながると思います。

 

まぁでも本番でいきなり試すのではなく、模擬試験でまず自分で試してみてからですね。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

TOEIC試験攻略の旅を一緒に続けましょう!

 

↑ 目次へ戻る

 

英語学習ブログの人気サイト

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
にほんブログ村

 


TOEICランキング




関連コンテンツ

オンライン英会話の7つのデメリット 1

  オンライン英会話を利用する人が増えているらしいけど、本当にやる価値はあるのだろうか・・・? やっても英語力が上達しないなら時間とお金のムダなので失敗はしたくない   この記事は ...

オンライン英会話をしているレッスン生 2

  「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング(ベレ出版)」を持っているけど、スピーキング向上に生かし切れてない。暗記が楽しくないので続かない   何ページか瞬間英作文をやってみた ...

ハイスコアのイメージ 3

    この記事はこんな人向けです 現状のTOEICリスニングパートのスコアは300点台。400点突破が次回の目標   この記事で分かること TOEICリスニングパートで ...

オシャレで緊張する必要を感じないオフィスの部屋 4

  こんにちは。   わずか30分~1時間で結果が決まる昇格昇進面接。   しっかりと準備して臨まないと同期に差をつけられる昇格昇進面接。   たとえ出世欲がな ...

お酒をやめて朝日を見ながら爽快な気分に包まれているところ 5

  「うゎ~、また意志の弱い酒好きが入ってきたぞぉ!!」   なんてね。   冗談です。   禁酒がそんなに簡単ではないことを身をもって知っている男、りゅーたで ...

川に飛び込んでリフレッシュしているところ 6

  こんにちは。   昨年から断酒をなんとか続けています。   けれど、酒を飲まない生活を続けるのって、ホントにむずかしいですよね。   ときどき、"間"がさし ...

オンライン英会話で英語が話せるようになれるのか? 7

  オンライン英会話を数か月やってみたけどほとんど話せるようにならない   これからオンライン英会話をはじめてみたいけど、ホントに英会話力が伸びるのかな。時間とお金はムダにはしたく ...

社会人が英語の学習をするデスクにノートとペンとスマートホンが置いてある 8

  どうも、りゅーたです。   中学の授業で英語の勉強をスタートしてからかれこれ20年、英語の学習法はいろいろと試してきました。   そんな自身の経験を振り返り、忙しい社 ...

英会話をしている様子に記事タイトルを入れたスライド 9

  こんにちは。   スパトレ英会話( https://sptr.jp/ )は格安ですよね。   25分のオンライン英会話レッスンを毎日1回受講しても月あたり税込4,90 ...

TOEIC試験でマークシートに解答を記入している様子 10

  TOEICのリスニングについては、400点取る対策をこちらの記事でみっちり書いたので、今回はタイトル通り、   「TOEICリーディングの時間足りない・終わらない」 &nbsp ...

-英語勉強法・TOEIC

© 2021 グロバログ