英語ミーティングで使う表現

【Frankly speakingだけじゃない 】カンタン分詞構文9表現

仕事でディスカッションをしている4人

 

frankly speaking=「率直に言って」は、受験英語で一度は目にしたことがありますよね。
この分詞構文の同じパターンで使える英語表現をいくつか覚えておくと、以下の5点の理由から便利で役立ちます。

~ly speaking表現の特徴

  • 2語で構成される短い熟語表現で覚えやすい
  • しかも後ろのspeakingは皆同じ
  • 前には気持ちに合った副詞を入れるだけ
  • speakingとwritingの両方に違和感なく使える
  • ビジネスにも友人との英会話にも両方使える
そこで、frankly speaking以外の9つの英語表現と例文をまとめました。
まず最初にサラッと分詞構文について書きます。
文法的な構造を理解しておくと、このパターンの英語表現が脳に定着して使いやすくなりますね。

 

目次

 

TOEIC試験でよく出る文法問題をまとめています。

TOEIC文法問題で「落とすともったいない」を呼びかける女性(記事タイトル)
【取りこぼし厳禁!】TOEIC Part5よく出る文法問題25パターン

続きを見る

 

Frankly speakingなどの「~ly speaking」は分詞構文

仕事でディスカッションをしている2人

この"副詞 + speaking"は文頭で使い、分詞構文とよばれるものですね。
分詞構文では、主語+動詞からなる2つの文節がある英文をコンパクトな形の英文に言い換えることができますね。
2つの文節が以下のような関係にあるときに、分詞構文を使って英文を言い換えることができます。
  • 時:when, while, after, before, then
  • 原因・理由:because, since, as, therefore
  • 結果:and
  • 条件:if
  • 譲歩:although, though
  • 付帯状況:with
frankly speakingなどは、条件ifに該当しますね。
言い換えるとこうなります。

例文

If I speak frankly, it is not a good idea to tell him the truth.
(率直に言うと、彼に真実を伝えるのは良いアイデアではありません)

👇

Frankly speaking, it is not a good idea to tell him the truth.
(率直に言うと、彼に真実を伝えるのは良いアイデアではありません)

※Frankly speakingは、To be frank with youでの言い換えも可能

[/st-mybox]

分詞構文に書き換えるには以下の3ステップで行います。

step
1
接続詞“If” を消去する

step
2
後ろの主節の意味上の主語(it)とspeakの主語は異なるが、speakの主語がI(自分)であることが言わなくても明確なため主語(I)も消去する

step
3
speakにingをつけてfranklyと順序を入れかえる

ポイント

分詞構文の本来のルールは、ふたつの文節の主語が異なる場合、STEP2で意味上の主語として"I frankly speaking"のように前半の部分に主語を残しますよね。
しかし文脈などからspeakingの意味上の主語が自分であることが明らかです。
そう。「率直に言って」という意味さえ伝わればよくspeakの主語は重要ではないため、『~ speaking』のパターンでは分詞構文の意味上の主語は明示しません。
意味上の主語がこのように話者一般の人の場合、主語を明示しないので2語の慣用表現として覚えてしまえばいいですね。

 

↑ 目次へ戻る

カンタンに使える 「~ ly speaking」9表現

仕事でディスカッションをしている4人

Frankly speakingのように、文頭で簡単に使える9つの分詞構文を順に見ていきましょう。
これらの分詞構文の英語表現は、「ちなみに、~的に言うと」の意味で補足したり間を埋める英語表現にも使えますよね。
『ちなみに』の意味で使える英語表現11表現もあわせて確認しておきましょう。

 

Honestly speaking (正直に言うと)

"If I speak honestly"を言い換えた表現で、「正直に言うと」の意味ですね。
"To be honest with you"で言い換えもできます。

 

例文

Honestly speaking, I want to eat MacDonald's for lunch.
(正直に言うと、昼はマックが食べたいです。)

Honestly speaking, I ordered Uber delivery lunch 30 minutes ago .
(正直に言うと、30分前にUberを頼みました。)

Honestly speaking, He told him a lie.
(正直に言うと、彼は私に嘘をつきました)

 

↑ 目次へ戻る

Generally speaking (一般的に言えば)

"If I speak generally"を言い換えた表現で、「一般的に言えば」の意味ですね。

例文

Generally speaking, girls like active sports more than boys do in this school.
(一般的に言うと、この学校では男子より女子がアクティブはスポーツを好みます)

Generally speaking, it takes at least 3 month to reach agreement.
(一般的に言うと、合意まで少なくとも3か月はかかります)

Generally speaking, plantain is one of the most popular food in Central America region.
(一般的に言うと、プランテーンは中米エリアではもっとも人気のある食べ物です)

 

↑ 目次へ戻る

Technically speaking (技術的に言えば/正確に言うと)

"If I speak technically"を言い換えた表現で、「技術的に言えば」の意味で、技術職に就く人が頻繁に使える表現です。
また、日常英会話で「正確に言うと」の意味で広くNativeがよく使っていますね
覚えておくと表現力の幅が広がりそうです。

例文

Technically speaking, it is impossible to finish that process within a week.
(技術的に言うと、そのプロセスを1週間で終わらせるのは不可能です)

Technically speaking, it may be feasible.
(技術的に言うと、それは実現可能かもしれません)

Technically speaking, I was born in California. So I am not from New York city.
(正確に言うと、生まれはカルフォルニアなのでニューヨーク出身ではありません)

speakingをのけて"technically"単独でも、会話でNativeが良く使うので覚えておくと便利です。

Drinking and eating inside the public bus is... technically against the rule.
(公共バスの中での飲食は、、、厳密に言うとルール違反です)

Their proposal is technically superior to its competitors.
(彼らの提案は、実質他社より優れていた)

 

↑ 目次へ戻る

Practically speaking(現実的に言えば)

"If I speak practically"を言い換えた表現で、「現実的に言えば」の意味です。

例文

Practically speaking, we can't afford to buy a new house.
(現実的に言えば、新しい家を買うお金の余裕はありません)

Practically speaking, it will be difficult to finish the work by the end of this month.
(現実的に言えば、今月中にその仕事を終わらせるのは難しいでしょう)

Practically speaking, Shohei Otani's performance is incredible.
(現実的に言って、生まれはカルフォルニアなのでニューヨーク出身ではありません)

英語の泉

 

↑ 目次へ戻る

Logically speaking(論理的に言うと)

"If I speak logically"を言い換えた表現で、「論理的に言うと」の意味です。
聞く人がうなずくような論理的な説明を展開させる必要があるため、実際に利用する際は、少しプレッシャーもあるかもしれませんね。

例文

Logically speaking, the percentage of our success is low.
(論理的に言うと、我々の成功確率は低いです)

Logically speaking, the cause and result is clear.
(論理的に言えば、その結果の原因は明らかです)

Logically speaking, it is understandable for the player to be punished.
(論理的に言うと、その選手が処罰されるのは理解できます)

 

↑ 目次へ戻る

Theoretically speaking(理論的に言えば)

"If I speak theoretically"を言い換えた表現で、「理論的に言うと、セオリーから言って」の意味です。

例文

Theoretically speaking, it is impossible for a high school team to win the game against a professional team.
(理論的に言うと、高校生のチームがプロのチームに勝つのは不可能です)

Theoretically speaking, the faster speed is the higher the possibility of the accident.
(理論的に言えば、スピードが速まる程、事故の確率は上がります)

Theoretically speaking, it is impossible for us to finish it by tomorrow with this limited resource. 
(理論的に言うと、この限られたリソースで明日までそれを終わらせるのは不可能です)

 

↑ 目次へ戻る

Roughly speaking (おおざっぱに言うと)

"If I speak roughly"を言い換えた表現で、「おおざっぱに言うと」の意味ですね。
"Strictly speaking"の反対の意味でも頻繁に使える便利な表現です。
仕事などで概要をまず述べる際に、この表現を使って説明を始めることができますよね。

例文

Roughly speaking, there are 3 options to deal with the situation.
(おおざっぱに言うと、状況に対処するには3つの選択肢があります)

Roughly speaking, we have 50 incoming calls every day.
(おおざっぱに言うと、毎日50の電話を受けます)

Roughly speaking, it will take 30 minutes to get to the airport by taxi.
(おおざっぱに言うと、空港までタクシーで30分です)

英語の泉

 

↑ 目次へ戻る

Strictly speaking (厳密に言うと)

"If I speak strictly"を言い換えた表現で、「厳密に言うと」の意味です。

例文

Strictly speaking, it's against regulation to walk and eat on the street in this city.
(厳密に言うと、この都市では通りで歩きながら食べることは規制に反します)

Strictly speaking, the candidate is not qualified for the job.
(厳密に言うと、その候補者はその仕事に適していません)

Strictly speaking, he is innocent.
(厳密に言うと、彼は無実です)

 

↑ 目次へ戻る

Literally speaking (文字通り)

言いたいことを強調したいときによく使われています。

例文

Literally speaking, what he did is not acceptable.
(文字通り、彼がしたことは受け入れられない)

Literally speaking, I have to face the severe situation from now.
(文字通り、自分はこれから困難に立ち向かわなければなりません)

Literally speaking, COVID-19 has changed the world.
(文字通り、COVID-19は世界を変えました)

 

英語の泉

 

↑ 目次へ戻る

 

英語学習ブログの人気サイト

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 


英語ランキング

 

 

-英語ミーティングで使う表現