気をつけたい英語文法・語法

other, another, the otherの違いとイメージ

サイトに広告を掲載しています

anotherとthe other(記事タイトル入りスライド)

 

「one」「other」「another」「the other」には、使い方に文法的な注意点があります。

イメージ例文を使ってまとめました。

ポイント

  • one」は、数えられる名詞を指す代名詞で、単数形の場合に使用される
  • another」は、「a/an」や「one」と同様に、1つのものを表す単語。複数形と共に使用することはできない
  • other」は、後に続く名詞が可算名詞の場合は複数形、不可算名詞の場合は単数形で使用される。例えば、「There is no other information.」という文では、「information」が不可算名詞であるため、「other」も単数形扱いとなりThere is となる
  • others」は、複数形の名詞を指す代名詞で、2つ以上の物や人を示す場合に使用される
  • the other」は、グループが2つ以上ある文脈で使う。「the other」だけではどのグループを指しているのかがわからなくなるため、適切な説明文脈が必要になる
  • the others」も、グループが2つ以上ある文脈で使う。複数形の名詞を指す代名詞で、2つ以上の物や人を示す場合に使用される

 

anotherやthe otherの用法はTOEIC試験の文法問題で頻出するパターンのひとつです。

 

目次

可算名詞と不可算名詞

可算名詞と不可算名詞の違いを説明した図

可算名詞と不加算名詞

 

可算名詞は、形や区切りがあり、ひとつ、ふたつ、みっつと数えられるものです。

不可算名詞は形や区切りがなくひとつ、ふたつと数えられません。

 

不可算名詞の詳細な解説はこちらの記事に

 

↑目次へ戻る

one, another, othersのイメージと違い

one, another, othersの語句が示すイメージ

one, another, othersの語句が示すイメージ

 

「one」、「another」、「others」は、英語でよく使われる代名詞の一種ですが、その使い方には文法的な違いがあります。

以下にそれぞれの使い方と違いを説明します。

  1. one」は、数えられる名詞を指す際に使用される代名詞で、物や人を指し示すときに使われます。例えば、「I need a pen. Do you have one?」では、「one」は「ペン」という名詞を指しています。また、「Which car do you prefer, the red one or the blue one?」という文では、「one」は「車」という名詞を指しています。

  2. another」は、「one」と同様に数えられる名詞を指す代名詞ですが、「one」と違い、同じ種類のものを指す場合に使用されます。例えば、「I have a pen, but I need another one.」という文では、「another one」は「別のペンをもう1本」という意味になります。

  3. others」は、複数の名詞を指す代名詞で、2つ以上の物や人を指し示す場合に使用されます。例えば、「I have various pens. One is red and others are blue and yellow.」という文では、「others」は「(その他の)青や黄色のペン」という意味になります。また、「Some people like coffee, but others prefer tea.」という文では、「others」は「紅茶を好む人たち」という意味になります。

それぞれの違いは、以下のようにまとめることができます。

使い方

  • one」は、数えられる名詞を指す代名詞で、単数形の場合に使用される
  • another」は、同じ種類の物や人を示す単数形の場合に使用される
  • others」は、複数形の名詞を指す代名詞で、2つ以上の物や人を示す場合に使用される

 

oneの使い方

oneは文字通り「1つ」です。

複数の人や物から不特定のひとつだけを示すときに使います

anotherやthe other(s)と一緒に使われることもあります。

その場合、"one""a + 名詞"が先に登場し、それ以外の人や物にも言及する際は、「another」、「the other」、「others」が続くと思っておけばよいですね。

 

anotherの使い方

anotherは、不特定多数の中からの一つ"です。

冠詞の"an" と "other"がくっついてできた単語です。

"otherの中の一つ"のイメージですね。

one以外の残りの集団の中の不特定の一つという意味となります。

anotherの使い方のイメージが分かりやすい動画を見つけました。

以前、アキラ100%がカナダで英語で行ったお笑いショー「丸腰デカ」に"another"が出てきます。(以下のYouTube開始後1分30秒あたり)

髪の毛は通常は不可算名詞の扱いですが、1本、2本と床に落ちている髪の毛を見つけたときは、可算名詞の扱いでanotherと一緒に使えます。

 

 

【参考】one anotherとeach otherの違い

「お互いに」の意味でeach other とone anotherの両方が良く出てきますね。

この二つの表現の意味や使い方にほとんど差はありませんが、以下のような特徴があります。

  • each other より one anotherのほうがフォーマル
  • 口語ではeach otherが好まれる
  • 二人だけの「お互いに」にはeach otherが通常使われれる。(3人以上ではone anotherもeach otherも両方使われる)

 

othersの使い方

othersは不特定多数です。

oneが最初の出た場合、残りの集団の中の不特定の複数を示す場合に使います。

other + 複数形のSとなっています。

文字通り複数形ですね。

ひとつなら"another"、複数なら"others"となるわけです。

また、otherに限っては不可算名詞とも一緒に使われることもあります。

 

例文


Do you have any other information ?
(何かほかに情報有りますか?)

 

↑目次へ戻る

one, the other, the othersのイメージと違い

one, the other(s)の語句が示すイメージ

one, the other(s)の語句が示すイメージ

 

それぞれの違いは、以下のようにまとめることができます。

 

使い方

  • one」は、数えられる名詞を指す代名詞で、単数形の場合に使用される
  • the other」は、2つのうち特定の1つを示す場合に使用される
  • the others」は、複数形の名詞を指す代名詞で、2つ以上の物や人を示す場合に使用される

 

the otherの使い方

oneは「1つ」でした。複数のものから不特定のひとつだけを示すときに使います。

oneとthe otherをセットで使う場合、ふたつしかないものが前提です。

どちらかひとつがone, the otherはもう片方のひとつです。

範囲を限定する定冠詞theがついているので対象が特定できます。

 

the othersの使い方

the otherが複数形になっています。

oneやsomeを除いた2つ以上の残りすべての意味です。

the のイメージ

  • the は"範囲を限定
  • コミュニケーションをとっている当事者間で”どれを示しているか同じ認識を持てる

その場に一緒にいる人、メールを送っている相手、文書を読んだ人などが、theがついた対象物の共通認識をもてる場合にtheが使えます。

 

theなどの冠詞の使い方と可算/不可算名詞との関係をこちらの記事でまとめました。
記事タイトル入りスライド
【5分で分かる】冠詞a/theの使い方と可算/不可算名詞との関係

Gmailで"May I borrow pen ?"、"Where can I get a water ?"とタイプすると以下のように青い波線が入ります。   これは、 文法的に誤っている可 ...

続きを見る

 

↑目次へ戻る

someのイメージと解説

some, others, the othersの語句が示すイメージ

some, others, the othersの語句が示すイメージ

 

someの使い方

someは複数のものを示すときにつかいます。

someとothersがセットで使われる言い回しも覚えておきましょう。

 

例文


Some like desktop PC and others like Note book PC.
(デスクトップPCが好きな者もいれば、ノートPCを好む者もいる)

 

↑目次へ戻る

one, another, the other(s), othersを使った例文

職場に配られたお土産のサクランボ

 

one, another, the other, some, othersを使った例文でそれらの用法をより確実に理解しましょう。

状況

職場にサクランボのお土産が差し入れされました。

Aさん:最初に自分のサクランボと花子さんのサクランボを要求し、残りをチームの皆でシェアすることを申し出

Bさん:自分のサクランボと太郎さんのサクランボを要求

Cさん:残りを受付の人たちにもおすそわけすることを提案

 

Aさん


Can I have 2 cherries here? One is for me and the other is for Hanako-san. And please share others with the rest of the team here.
(ふたつサクランボをもらえますか?ひとつは太郎さんのもう一つは花子さんのです。残りはチームで分けましょう。)

 

Bさん


Can I have one ? Please give me another for Taro-san.
(ひとつください。Cさんのもひとつお願いします。)

 

Cさん


Oh. Thank you. It seems that we have more than enough. Some are for us and others are for receptionists, maybe ?
(ありがとう。サクランボが余りそうですね。いくつかは私たちで頂いて、他のサクランボは受付の人たちにおすそわけしましょうか?)

 

↑目次へ戻る

まとめ

以下の5つの英単語の違いと使い方をまとめました。

まとめ

  • one: 不特定数の中のひとつ
  • another: one以外の残りの不特定数の中のひとつ
  • the other: oneやsomeを除いた残りのもうひとつ
  • other: oneやsomeを除いた残りの不特定数の複数
  • others: oneやsomeを除いた残りの不特定数の複数名詞
  • the others: oneやsome以外の残りの不特定数すべて

 

示す範囲をイメージで理解しておけば忘れにくいです。

 

each、every, allで気をつける用法や使い方も以下の記事で詳しくまとめています

 

↑目次へ戻る

TOEICスコアアップの秘訣まとめ

 

TOEIC対策

【取りこぼし厳禁!】TOEIC Part5頻出文法30パターン練習問題

⇒ TOEIC Part5には語彙問題文法問題に分かれます。文法問題の頻出パターンをまとめました。確認しておくだけで本番での取りこぼしを防げます。

 

【高得点者はやっている】TOEICリスニングで400点とる実践対策

⇒ TOEICリスニングで高得点をとるためのマインド試験への臨み方をまとめました。リスニングのスピードについていくのではありません。

 

【解く順番・配分の秘策!】 TOEICリーディング時間足りない・終わらない

⇒ TOEICリーディングはリスニングでヘトへトに脳が疲れた状態からのスタートです。1問でも多く解くための消去法解く順番について考えました。

 

30点UPを狙うTOEIC直前悪あがき対策【あの方法があった!】

⇒ TOEIC試験を初めて受ける人、久々に受ける人が直前でも得点をUPさせるための心得対策をまとめました。

 

【できる人は知っている】英語の前置詞が聞き取れない理由!

⇒ TOEICリスニングで高得点をとるには、単語が短いのに音の変化を受ける前置詞の攻略を避けて通れません。難敵である前置詞の正体が分かります。

 

【シャドテン恐るべし】1日30分でリスニングと発音は着実に上達!でも料金高い

⇒ 質も値段も高いプログリット社のシャドーイング教材です。TOEIC模擬問題をそのまま使って発音リスニング力1日30分で強化できました。

 

【ディクテーションのやり方】ネイティブ英語が聞き取れない・わからない対策

⇒ リスニング力UPに効果的なディクテーション(書取り練習)のやり方をまとめました。

 

【受講者の徹底解説!】NativeCamp TOEICコースの詳細

⇒ 受け放題のオンライン英会話でTOEIC対策レッスンを受講した詳細レビューです。無料で1週間何度でもTOEIC対策レッスンを受けられます。

 

↑目次へ戻る

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
にほんブログ村

 


英語ランキング

 

 

-気をつけたい英語文法・語法