英語勉強法・TOEIC

【時間がない社会人】英語力を伸ばすために"時間帯効果"を高める大人の勉強法3手順

2020年11月21日

社会人が英語の学習をするデスクにノートとペンとスマートホンが置いてある

 

中学の授業で英語の勉強をスタートしてからかれこれ30年、英語の学習法はいろいろと試してきました。

 

そんな自身の経験を振り返り、忙しい社会人や大人が英語を効率的に伸ばす勉強法をまとめました。

 

ただ、

 

「聞き流すだけで英語がペラペラに!」

 

「この教材さえ買えばあなたの英語も見違えるほど上達!」

 

とか、そんなマジックみないな内容ではないです。

 

上手い話ニャ裏がある・・・
ミュー吉

 

また、「すぐに英会話スクールに通いましょう」というようなものでもないです。

 

以下の3点が軸となった勉強法です。

 

  • 日々の学習継続を前提とする
  • 英語力を成長させる順序(語彙力⇒リスニング力⇒スピーキング力)を重視する
  • 自分の目で"時間帯効果"が高い教材を選ぶ

 

英語は適当に勉強していも伸びませんよね。

 

時間が限られている忙しい社会人や大人だからこそ、自分がコレだ!と思った教材に絞って学習手順を決めて日々継続することで、英語力UPの時間対効果が高まります。

 

僕自身、それを意識して英語学習を継続するようになってから、効率的に英語力の強化と維持ができ、TOEIC試験で常に800点以上を取れるようになれました。

 

そして自分が言いたいことを2000語ぐらいの英単語を使って、なんとか相手に伝えられるようになれています。

 

自慢?
ミュー吉

 

英語の勉強は以下の3つの手順で行っています。

 

社会人の”時間対効果”を最大化させる英語の勉強法3手順

  1. 頻出英単語暗記 ⇒語彙力UP
  2. ディクテーション & シャドーイング ⇒リンスニング力UP
  3. オーバーラッピング & オンライン英会話 ⇒スピーキング力UP

TOEIC受験 ⇒成果測定

 

【この記事を書いた人】

プロフィール画像(白シャツ)

About me

  • 英語力:英語実務において、基本英単語2000語ぐらいを使って自分が言いたいことをどうにか相手に伝えられるレベル
  • 仕事:自社サービスの運営に関する取引先との交渉業務やパートナー会社との協業プロジェクトのマネジメントに従事。主に欧米・アジアを対象として海外企業との英語による交渉・打ち合わせ・電子メール対応などの実務を15年間経験。
  • 過去のTOEICスコア:855~980点 (15回程度受験)

 

【統計情報】社会人は英語学習の時間がとれない!

 

まず、英語学習の時間を社会人が確保するのは難しいですよね。

 

統計情報もそれを示しています。

 

【参考にした統計情報】

 

現在のTOEIC取得スコアが600点台、700点台、800点台の人別に以下の棒グラフの色で回答が分かれています。

 

統計情報①:1日あたり英語学習時間は30分

 

過去5年間で英語を伸ばした人が集中的に学習した期間の1週間の平均学習時間は3時間です。

 

1日あたり約30分ですね。

 

【リクルート社実施の統計情報】過去5年間で英語が伸びた社会人の1週間あたりの学習時間数は3時間の人が5割近くを占めている

出典:リクルートマネジメントソリューションズ組織行動研究所

 

統計情報②:英語ができるようになるまでの学習時間は1000~3000時間

 

英語で十分にコミュニケーションができるようになれるまでに必要とした学習時間は1000時間~3000時間が最も多いです。

 

【リクルート社実施の統計情報】過去5年間で英語が伸びた社会人のトータル学習時間は1000時間~3000時間が3割程度を占めている

出典:リクルートマネジメントソリューションズ組織行動研究所

 

統計情報③:一番の悩みや課題は学習時間の確保

 

英語学習の問題点や悩みのトップは”学習時間”です。

 

【リクルート社実施の統計情報】過去5年間で英語が伸びた人が抱えている英語学習の悩みのトップは時間の確保

出典:リクルートマネジメントソリューションズ組織行動研究所

 

これらの統計情報の要旨は以下の3点です。

 

  • 社会人は1日30分の英語勉強時間しかとれない
  • 英語マスタするまでに1000時間程度は必要
  • 英語学習時間の確保が最大の悩み

 

1日30分で"時間帯効果"を高めて英語を上達させる3つの手順

1日30分の学習時間で効率的に英語力を伸ばす手順を示した図

 

統計情報の要旨3点を前提とすると以下のような英語学習法が社会人には必要ですよね。

 

大人の英語勉強法のポイント

  • 英語学習の”時間帯効果”が高い学習法を選ぶ
  • 英語学習に時間が十分に取れないので、あれこれ手を出さず、教材と勉強法は「コレだ!」と思えるものに絞る
  • 時間帯効果を高めるのに役立つ教材・学習方法には必要な投資をする(時間をお金で買う)

 

これら3点のポイントを意識して、語彙力⇒リスニング力⇒スピーキング力の3つの手順で英語力を効率的に強化していきます。

 

 

手順1: 頻出英単語を覚える

仕事で英会話をしているところ

 

1冊の英単語帳に絞って親友のように長く付き合い、繰り返し頻出英単語のみを徹底して覚える!

 

仕事や英会話で使わない、また使う確率が低い英単語は優先度は低いので、忙しい大人や社会人が覚える必要はありません。

 

”英語ニュースやネットの英語記事に触れる中で意味の分からなかった英単語を都度覚える”、

 

こんなやり方は「非効率」ですのでやめましょう。

 

使う頻度が高い英単語に絞って暗記します。

 

頻出英単語に絞って暗記する

 

その使う頻度が高い英単語の絞り込みの判断は、市販の英単語帳に任せるのが一番です。

 

英会話やTOEIC試験によく出る系のメジャーな市販の英単語帳の中から自分のレベル・好みに合うものを1冊用意します。

 

そして、その英単語帳は、すべての英単語を覚えられるまで末永く親友のように付き合うつもりで選びます。

 

英単語帳を1冊に絞るメリットは2点ありますね。

 

英単語帳を1冊に絞るメリット

  • 分からない英単語が出てくる度に「これも覚えないとまずいのかな」と迷わなくて済む
  • 覚えられたかどうかのチェックを行いやすい

 

TOEIC系を指標にしている英単語帳だと、700点、800点、900点とかいろいろレベルがありますよね。

 

選ぶにあたっては、以下の4点に注意して選べばよいと思います。(多くの英単語帳が対応しているはずです。)

  1. 自分の現状よりワンランクか2ランク上
  2. 例文がしっかりしている
  3. 音声ファイル付属・ダウンロード可
  4. 掲載英単語のインデックス(目次)ある

 

そして、英単語を暗記する”タイミング”は大きく3つあります。

 

① 計画的に毎日英単語を覚えるとき

② 英語に触れる中で意味の分からない英単語が出てきたとき

② TOEIC試験の受験直前に確認するとき

 

インデックス(目次)がある英単語帳を選ぶ理由は、②の英語に触れる中で意味が分からない単語が出てきたときに調べるためです。

 

以下にそのやり方を記載しています。

 

そして、例文や音声がしっかりしている英単語帳を選ぶのは、暗記をしやすくするためです。

 

ちなみに僕は、10年前からアルク社の「聞いて覚える英単語キクタン」を使っています。

 

同じ英単語帳を長く使うと「内容的に古くならないのかな」と思われるかもしれません。

 

でも、TOEIC試験が扱う題材は昔から一貫性を重視しているため大きくは変わっていませんよね。

 

僕は15年間英語実務に就いていますが、仕事のメールや会議でよく使うような英語表現もずっと変わっていないと感じています。

 

なので、浮気せず「コレだ!」と自分が選んだ英単語帳と心中するぐらいのつもりですべての英単語を覚えるのがいいと思います。

 

出版社は販売量を増やすために定期的に教材を刷新しますが、一冊自分が決めたものを用意した後は気にする必要なしですね。

 

1冊にこだわることで愛着も沸くし英語の上達を一緒に歩むパートナーのような感覚が持てます。

 

すべての単語を覚えたらレベルを上げた単語帳に買いなおせばいいですよね。

 

もし以前買った英単語帳が既にあって、その英単語帳と長く付き合えそうなら新たに買いなおす必要もないと思います。

 

英単語帳もペットも末永く大切に!
ミュー吉

 

 

\アマゾンで自分なりの英単語帳を探す/

 

英単語帳を使うタイミング① 計画的に毎日英単語を覚えるとき

 

英単語帳は、重要な英単語が優先度の高い順に並んでいますよね。

 

動詞、形容詞、副詞、名詞など品詞によって分かれている場合も多いですが、基本、前から後ろの順に覚えます。

 

僕の場合は、

 

『1日5単語まで』

 

を覚える数の目安にしています。

 

これは、英単語帳の1ページ目の英単語No1~No5までという意味ではありません。

 

意味の分からない英単語が5つになるまで”という意味です。

 

たとえばNo1の英単語からスタートして、No33の英単語が5番目の分からない英単語なら、その日に勉強するのはNo33までです。

 

例:英単語帳で1日に覚える英単語数

  • No1. 覚えていた
  • No.2 覚えていなかった
  • No.3 覚えていなかった
  • No.4 覚えていた
  • No.5 覚えていなかった
  • (途中省略)
  • No.31 覚えていなかった
  • No.32 覚えていた
  • No.33 覚えていなかった

 

このため、1冊の英単語を覚えるのにどれぐらいの時間がかかるかは、自分の現状レベル次第で決まりますね。

 

易しめの英単語帳なら早めに終わりますし、難しめなら結構時間もかかります。

 

いずれにせよ、1日5単語ぐらいを上限にしておいたほうが無理なく継続できます

 

犬のようにバクバク急いで欲張るのはダメということだニャ
ミュー吉

 

英単語帳を使うタイミング② 英語に触れる中で意味の分からない英単語が出てきたとき

キクタン英単語帳のIndexを使って意味が分からなかった英単語が乗っているかどうかをチェックするところを説明する画像

キクタン英単語帳のIndexを使って分からなかった英単語があるかをチェックする

 

仕事、英語ニュース、ネット英語記事、YouTubeなど、英語コンテンツに触れるなかで意味の分からない英単語が出てきたときにも英単語帳を使います。

 

1冊に絞った自分の英単語帳のインデックスや目次で、その英単語が掲載されているかを確認します。

 

そして、

  • 載っている場合:覚える!
  • 載っていない場合:意味を辞書で確認する or 何もせずスルー

というやり方にしています。

 

余裕があるときは、英英辞典を使って意味を確認します。

 

英英辞典を使うのは語感が育つような感覚を持てるからです。

 

特にLongman英英辞典は、英単語の解説が初級から中級レベルの2000語以下の英単語で解説されていて、英単語の意味のイメージがつかみやすいです。

 

他にも、Oxfordの”Word Power Dictionary”もすごくいいです。

 

イラストが多く説明の語彙が分かりやすい。

 

使い始めた初期のころは、

 

「少し載っている英単語が少ないのかも」

 

という不安もありましたが、47,000語収容されているので全く問題ありませんでした。

 

 

英単語帳を使うタイミング③ TOEIC試験の受験直前に確認するとき

 

TOEIC試験を受ける1~2週間前から、英単語帳で記憶をチェックします。

 

”詰め込み”ですね。

 

TOEIC試験は語彙力次第のところがあるため、時間の許す限り余裕をもって早めに英単語帳の復習に時間を割きます。

 

英単語の覚え方:五感をフル活用して記憶!

英単語帳の画像

英単語帳で頻出ビジネス英語を覚えなおす

 

英単語を覚えるには、目を通すだけでは頭への定着が悪いですよね。

 

30代後半ぐらいから特にそう感じるようになりました。

 

ミュー吉
もうおっさんだ

 

静かに・・・!(汗)
りゅーた

 

なので、
見て、聴いて、書いて、声に出して、例文のシーンを想像して、英英辞典で調べるなど、できるだけ五感をフル活用し脳への刺激を増やして頭に定着させます。

 

手順2: ディクテーションとシャドーイングで聴きとれない英単語を"見える化"する

ディクテーション

 

ディクテーションとは、聞こえた英語を書き取る練習です。

 

英語は、聞き流すだけではなかなか聴きとれるようにはなれませんよね。

 

聞こえた英語をノートに書いてみることで、耳が認識できる英単語と認識できない英単語をハッキリさせることができます。

 

これがディクテーションの効果です。

 

聴き取れない英単語を見つけてひとつひとつ潰していく

 

ただ、難しい語彙が多く含まれていたり、長いリスニング教材をいきなりディクテーションしてもモチベーションが続きません。

 

1文の易しめの英文からスタートするのがおススメです。

 

たとえば、YouTubeにある以下のようなディクテーション教材です。

 

無料で使えます。

 

タダはいいニャ
ミュー吉

 

英文の長さ1文

コンテンツ量:No.1 ~ No.600までの600文

コンテンツの流れ

① Native男性が1文の英文を普通のスピードで2回読み上げる(テキスト表示なし

② Native女性が同じ英文をややゆっくり目に1回読み上げる(テキスト表示有り

 

もしまだディクテーションを試したことがなければ、ぜひこのコンテンツを使ってやってみてください!

 

①のNative男性英語を聞いた直後に再生を一時停止して、聞こえた英語をノートかPCのタイピングで何も見ずに書いてみます。

 

一度で聴きとれなければ、数秒戻して何度かトライします。

 

そして②でテキストを確認し、聴き取れなかった単語をハッキリさせます。

 

聴き取れないことがハッキリした英単語がもし覚えていなかった英単語ならば、手順1で紹介したように自分の英単語帳のインデックスにあるかどうかを確認します。

 

このディクテーション作業を1日5英文、1週間続けてやってみるだけでもゼンゼン違うはずです。

 

英語の感覚が身に付いていくのを感じられます。

 

ディクテーションの詳細手順は以下の記事に紹介しています。

 

 

また、頻繁にCMが流れるリクルート社の「スタディサプリTOEICコース」でも、TOEIC教材を聞いてスマホでタイピングするディクテーション機能が標準で使えます。

 

これも実際にやってみましたが、仕事や外出中の合間の短い時間を使ってディクテーションができます。

 

忙しい社会人が外出の合間に1問だけディクテーションするとか、そういう使い方もできるので活躍してくれます。

 

シャドーイング練習

シャドーイング練習は2-3語遅れて音源を追いかけることからストーカーにたとえたイラスト

 

シャドーイング練習は、Native音源を聞きながら2~3語遅れて発声する練習です。

 

2-3語先を行くNativeの音源を常に追いかけるので別名、ストーカー練習です。

 

そのネーミングはヤバいだろ!
ミュー吉

 

シャドーイング練習の手順

  1. 自分のレベルにあった速度の1分弱のNative音源とそのスクリプトを用意する
  2. 数回聴いてみる
  3. 和訳を確認し分からない語彙や文法は調べて内容を理解する
  4. 英語スクリプトを見ながら何回か音読練習をする
  5. スクリプトを見ずにNative音源から2~3語遅れて発声できるまで何度も繰り返し練習する

 

最終的にはテキストを見ずに音源だけを聞いて2~3語遅れて発声できるようになることを目指したトレーニングです。

 

最初は難しいので慣れるまでちょっと時間がかかります。

 

けれど、”耳で聴いて認識できた音は話せるはず”という前提のもと、この練習を続けているとすごく効果を感じられましたよ。

 

ホントに。

 

ただ、難しく感じるようなら最初はできるだけ簡単で短めの英語音源を使うようにしたほうがいいです。

 

シャドーイング練習を効率的に実施できるアプリをレビューした記事も書いています。

 

このアプリは利用料は高めですが、以下の2点のメリットがあり、時間を節約して英語学習をするのに役立ちました。

 

  • 自分のレベルにあった適切な教材と繰り返し再生アプリを、時間をかけて探さなくてもすぐ手に入った
  • 自分の発音の添削が毎日受けられて、独学では気づけない発音の矯正箇所を教えてもらえた

 

教材選びや繰り返し再生の操作など、英語の勉強とは直接関係ない部分にかかる時間を大幅に削減してくれます。

 

 

シャドテン

 

>>【感想】2021年スタサプTOEICやってみた(メリットとデメリットをレビュー)

 

 

手順3:オーバーラッピング練習とオンライン英会話でスピーキング力をUPさせる

 

実際の英語アウトプット練習を通じて話せる語彙を増やす

 

手順3では、英語のアウトプットを増やすことを意識します。

 

実際にどんどん英語をしゃべって話せる語彙を増やしていきます。

 

オーバーラッピング練習は、先に書いたシャドーイング練習より簡単です。

 

そのやり方を説明します。

 

オーバーラッピング練習

オーバーラッピング練習はアーティスティックスイミングのイメージであることにたとえたイラスト

 

オーバーラッピング練習は、Native音源とタイミングを合わせて発声する発音練習です。

 

好きな歌は、歌手の声に合わせて、歌を口ずさみますよね。

 

あんな感じです。

 

これと同じことをするのがオーバーラッピング練習です。

 

別のイメージで言うとシンクロナイズドスイミングみたいな感じです。

 

あっいや、最近では"アーティスティックスイミング"って言うんですよね。

 

噛みそうになりますけど。

 

オーバーラッピング練習はひとりでやるんだから足8本もいらないだろ!
ミュー吉

 

りゅーた
そんなとこ突っ込まなくていいよ・・・

 

具体的には以下の流れで練習します。

 

オーバーラッピング練習の手順

  1. スクリプト付きで1分程度の長さのNative英語コンテンツを用意する
  2. 数回聴いてみる
  3. 和訳を確認し分からない語彙や文法は調べて内容を理解する
  4.  英語スクリプトを見ながら声に出して音読して練習をする
  5. Native音源とタイミングを合わせて一緒に音読する

 

 

 

参考動画

Nativeの英語の特徴を理解するのに役立つ動画

 

オンライン英会話スクールで1カ月間レッスンを受ける

オンライン英会話レッスンを受講している様子

 

上達させた語彙・リスニング力・発音を実践の場でアウトプットする

 

オンライン英会話で自分の実力を試しつつ、スピーキング力を伸ばしていきます。

 

”実践練習”ですね。

 

マンツーマンオンライン英会話で外国人の先生にリスニングとスピーキングの相手役になってもらいます。

 

英語はアウトプットする量を増やすことで最終的に上達していきますよね。

 

多くのオンライン英会話スクールは1回のレッスンは25分です。

 

6500円程度の月額費用で済むので、実践練習の機会を気軽に持つことができます。

 

飲み会1-2回我慢すれば費用はOKだニャ
ミュー吉

 

まずは1週間の無料体験で試した後、良さそうならそのまま1カ月続けて毎日実践練習をしてみましょう。

 

そして、

 

「思うようにまだ英語を話せないな」

 

と感じたら、手順1と手順2の語彙とリスニングを強化する英語学習やオーバーラッピングの比重を増やします。

 

毎日受講できるオンライン英会話のメジャーな3社を以下の記事で比較しています。

 

>>【1週間無料体験有・入学金・解約金不要】初めてのオンライン英会話スクール。3社比較と選び方

 

 

「世界と話して、未来を変えよう」

 

締め: TOEIC試験で上達を測定する

 

せっかくなので、手順1~3を実施した後に成果の測定としてTOEIC受験をするとよいです。

 

点数がアップしていると、英語学習のさらなるモチベーションアップにつながりますよね。

 

そして、点数のアップを確認するためにも、できれば英語の勉強に本格的に取り組む前にも現状把握としてTOEIC受験しておくと良いです。

 

>>TOEIC受験申込公式ホームページでTOEIC試験日程を確認する

 

参考

TOEIC試験を受ける場合、受験票に貼る証明写真も最近は簡単に用意できますね。

「履歴書カメラ」アプリをスマホにダウンロードすれば、コンビニで数十円で印刷できます。

※「履歴書カメラ」については、画面キャプチャーとともにこちらの記事にまとめています。

 

TOEIC受験対策

TOEICリスニング試験対策

記事タイトル入りスライド
【読みでみんさい】2021年評判のスタサプTOEICやってみた感想・レビュー
ニューヨークのダウタウンをバックに記事タイトルを入れたスライド
【20点UPするコツ!】初心者のTOEICリスニング対策
記事タイトル入りスライド
前置詞が聞き取れない理由が分かった!【30年の英語学習で見つけたリスニング対策】

TOEICリーディング試験対策

記事タイトル入りスライド
【解く順番・配分の秘策!】 TOEICリーディング時間足りない・終わらない

続きを見る

 

まとめ:とにかく勉強時間を確保する(継続が肝!)

英語学習にチャレンジすることを滑走路から飛び立つイメージにたとえた画像

 

いかがでしたでしょうか?

 

英語学習にあまり時間がとれない環境で効率的に英語を伸ばす勉強の手順をまとめました。

 

手順の1~3をワンセットとして、3か月~6カ月ぐらいの期間、まずは毎日30分、英語の勉強に時間を割いてみましょう。

 

1日30分の学習時間でも着実に英語力が伸びていくのをだんだん実感できます。

 

そして、そのワンセットを繰り返していくことで英語が伸びていきます。

 

記事で紹介したスタディサプリのTOEICテスト対策 やリスニング力UPと英語発音の矯正に効果があるシャドテンは、適切な教材を探す手間を確実に省いてくれたり、ちょっとした合間にも学習に使えるので便利です。

 

無料体験で自分の目で教材を体感して、時間帯効果を高められると実感できたら集中的に利用してみましょう。

 

3~6か月後に英語への抵抗感が減って英会話が楽しくなっていたら最高ですよね!

 

仕事で英語を使う場合、なんとなく気持ちでどこか逃げながら英語実務に就くのと、英語のレベルを上げて業務対応するのとでは、充実感に天と地の差があります。

 

  1. 頻出英単語を覚える
  2. ディクテーションとシャドーイングで聴きとれない英単語を"見える化"する
  3. オーバーラッピング練習とオンライン英会話スクールで英語のアウトプットを増やす

TOEIC試験で上達を測定する

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

少しでも参考になればうれしいです。

 

HOMEへ戻る

-英語勉強法・TOEIC

© 2021 Go for a Change.