【虎の巻】英語実務

【グラフ説明の英語】数字の推移を説明する表現とドル円変換のコツ

2021年1月29日

グラフのスライド

 

こんにちは、りゅーたです。

 

グラフを使って数字の推移など、英語でプレゼンテーションや説明をするときによく使う英語表現をまとめました。

 

表、棒グラフ、折れ線グラフ、円グラフ、散布図をカバーしています。

 

グラフって確かに特定の英語表現は覚えておかないと言えないこともあるんですけど、見れば分かる(理解できる)絵みないなもんですよね。

 

それに加えて、スクリーンの位置を示す英語をセット使うことで結構うまく対応できたりします。

 

英語で説明しなくても、スクリーンの位置を手でさしながら「ココの事です!」みたいな感じで。

 

なので、気楽に行きましょう!

 

また、僕が仕事で実践している頭の中での円ドル変換のやり方も紹介します。

 

数十億円ぐらいまでの数字なら比較的混乱することなく円とドルの換算ができますよ。

 

良かったら参考にしてみてください。

 

この記事を読むと分かること(After)

  • グラフデータに関連する英語(表、棒グラフ、折れ線グラフ、円グラフ、相関図)
  • 「推移、上がる、下がる、示す、読み取れる」などグラフ説明と一緒に良く使う英語表現
  • 英語の数字の読み方や円ドル変換を頭の中で行いやすくするコツ

 

【この記事を書いた人】

プロフィール画像(白シャツ)

About me

  • 37歳会社員
  • 英語力:英語実務において、基本英単語2000語ぐらいを使って自分が言いたいことをどうにか相手に伝えられるレベル
  • TOEICスコア:855~980点
  • 仕事:自社サービスの運営に関する取引先との交渉業務やパートナー会社との協業プロジェクトのマネジメントに従事。主に欧米・アジアを対象として海外企業との英語による交渉・打ち合わせ・電子メール対応などの実務を15年間経験。

 

 

グラフ説明の英語

 

表、棒グラフ、折れ線グラフ、円グラフ、相関図に関する英単語と説明によく使う表現です。

 

① 表(テーブル)に関する英語表現

3社の4月~7月までの売上と合計額を記入した表

table

 

表に関する英語

英単語

  • 表: table
  • 図表: diagram, graph, chart
  • 行: row, line
  • 列: column
  • 項目: item
  • 縦の項目: vertical item
  • 横の項目: horizontal item
  • 単位: unit
  • 通貨: currency
  • 数字: number, fugure
  • 合計: total

 

例文

This table represents the result of sales amount of 3 companies from April to July.
(この表は4月から7月までのCompany A~Cまでの売り上げを表しています)

 

Unit of the numbers is 1 million US dollar. So the sales of Company A in April was 4.3 million US dollars.
(数字の単位は百万ドルです。つまり、Company Aの4月の売上は4百30万USドルです)

 

Each company sales amount is shown in horizontal line.
(それぞれの会社の売上額は横のラインに表示されています)

 

Company A has cumulative sales of 14.8 million US dollar.
(Company Aは累計1480万USドルの売上があります)

 

  • represent:表す、表示する
  • cumulative:累計の

 

 

「下表」、「左表」など表を示す英語

表やグラフを英語で説明する際に、

 

「下表」、「左表」、「上のグラフ」、「先に説明のグラフ」などと言いたいことがあります。

 

指示語は以下のような表現を使います。

 

  • 下表:table below/ following table
  • 左表:left table
  • 上のグラフ:above chart
  • 先に説明のグラフ:previous graph

 

belowとfollowing

 

belowもfollowも「次の・以下の」という同じ意味で使えます。

 

しかし、以下のような注意が必要です。

 

below:名詞の後ろから修飾する

the list below, the explanation below, the figures below

 

 

follwoing:名詞の前から修飾する

the following list, the following explanation, the following figures

 

 

「先に説明のとおり」、「以下の通り」

 

説明の流れで、「先に説明のとおり」、「以下の通り」の表現を使うことも頻繁にあります。

 

例文

As I explained before, Company C has momentum and their sales gained a lot.
(先に説明のとおり、Company Cは勢いがあり売上が増加しています)

 

The figures and result was as follows.
(数字と結果は以下の通りです)

 

② 棒グラフに関する英語表現

4か月間の3社各社の売上を表した棒グラフ

bar chart

 

グラフは英語で”chart"または"graph"です。

 

僕はたいてい"chart"を使います。

 

”チャート”のほうが、/r/が入り/f/で終わる発音の"graph"より発音しやすいからです。

 

棒グラフに関する英語

英単語

  • 棒グラフ: bar chart
  • 棒: bar
  • 縦棒グラフ: vertical bar chart
  • 横棒グラフ: horizontal bar chart
  • 累計棒グラフ: total bar chart
  • 凡例: legend
  • 比率: ratio
  • 売上: sales, revenue
  • 営業利益: operating profit/income
  • 売上高営業利益率: operating profit to sales

 

例文

More or less, 3 companies remain contant in their sales.
(3社とも売り上げで同じようなレベルを保っている)

 

Green bar shows Company B and they did well in May.
(緑色の方グラフがCompany Bを示し、5月に成績が良かった)

 

3 companies have raised their sales amount in July month-on-month basis.
(3社とも7月には前月比で売上を伸ばした)

 

month-on-month basis:前月比

 

前年比:year-on-year basis

 

前月比のその他の表現:compared to the previous month

 

Company C has increased their sales 3 consecutive months.
(Compan Cは売上を3か月連続で伸ばしている)

 

3rd consecutive month:3か月連続で

 

グラフや売上推移の説明には、"consecutive", "continuous", "in a row"など、「○か月連続で、○日連続で」に相当する英語表現とそれぞれの使い方も覚えておくとよいです。

 

③ 折れ線グラフに関する英語表現

4か月間の3社の売上推移を表した折れ線グラフ

line chart

 

折れ線グラフに関する英語

英単語

  • 折れ線グラフ: line chart
  • 縦軸: vertical axis
  • 横軸: horizontal axis
  • 実線: solid line
  • 点線: dotted line
  • 破線: broken line
  • 太線: bold line
  • 細線: thin line
  • 推移: transition
  • 急上昇: strong gain, significant increase boosting
  • 急降下: strong decline, sharp decrease
  • わずかな上昇: slight up
  • わずかな減少: slight down

 

例文

Brown dotted line is the record of sales transition of Company C.
(茶色の点線はCompany Cの売上推移の記録です)

 

What we can read from this line chart is that both Company A and Company B is in its upward trend and recorded the highest monthly sales amount.
(この折れ線グラフから読み取れることは、Compnay AとCompany Cは上昇傾向に7月に月間売上最高を記録したことです)

 

「読み取る・理解する」の英語表現(人を主語にする場合)

  • read
  • understand
  • realize
  • grasp
  •  

「示す・表す」の英語表現(グラフを主語にする場合)

  • indicate
  • show
  • represent
  • imply
  • tell

 

例文

Both Company A and Company C indicate upward trend in the past 3 months.
(Company AもCompany Cも直近3か月上昇傾向にあります)

 

upward trend:上昇傾向

 

downward trend:下向傾向

 

Company C overtook Company B in sales during the period between June and July.
(Company Cは6月から7月の間の期間にCompany Bを売上で追い抜いた)

 

overtake:追い抜く

 

(参考)追いつく:catch up

 

英語の「増加する/減少する」

価格・数字・量などを定量的に増やす・上げる

  • go up
  • rise
  • grow(サイズや程度が増加にも使える)
  • double(2倍になる)
  • shoot up(急激に増える)

価格・数字・量などを定量的に減らす・下げる

  • reduce
  • decrease
  • lower
  • cut(切り落とす)
  • slash(大量に減らす・削減する)

価格・数字・量などが安定している(変化が小さい)

  • remain constant
  • remain stable
  • remain solid

上げる・下げると一緒に使う程度を表す副詞

程度

  • significantly
  • drastically
  • a lot

程度

  • slightly
  • lightly
  • a little

英語で会社紹介をする際にもこれらの定量的な上がる・下がるの英語表現は、以下の項目のような過去数年間の事業関連数字の推移の説明に使えます。

・売上・営業利益の増収増益、減収減益

・社員数やエキスパート数の推移

(参考)痛み・不安などを「定性的に減らす・下げる」の動詞

  • relieve
  • ease
  • lessen
  • alleviate

 

④ 円グラフに関する英語表現

4月の3社の売上シェアを表した円グラフ

pie chart

 

円グラフに関する英語

英単語

  • 円グラフ: pie chart
  • 円グラフを構成するピース: segment, piece
  • 割合: proportion
  • 比率: ratio

例文

In April, Company A had the largest share and almost reached 50 %.
(4月はCompany Aが最大のシェアでほぼ50%に届いた)

 

※reachは他動詞のみの使い方

 

関連記事

記事タイトル入りスライド
【英語の第1文型は絶対分かる!】自動詞と他動詞の特徴・違い・見分け方

続きを見る

Company C ranked third in its product share in April.
(4月はCompany C は3番目の順位だった)

 

rank:順位づけられる

Company B stands second in its share.
(Company Bはシェアで2位だ)

 

stand:の位置にいる(Be動詞の代わりとして使える動詞)

 

⑤ 散布図に関する英語表現

散布図(scatter plot)のグラフ

 

散布図とは縦軸と横軸の2つの項目で数値を計測し、分布を表現するために使うグラフです。

 

縦軸と横軸の要素に相関関係(correlation)があるかどうかを分析する際に使われます。

 

散布図に関する英語

英単語

  • 散布図: scatter plot
  • 相関関係: correlation
  • 相関分析: correlation analysis
  • 相関係数: correlation coefficient
  • 正の相関: positive correlation
  • 負の相関: negative correlation

 

例文

Next, let's move on to correlation analysis. This scatter plot shows the correlation between work hours and quality.
(次に相関分析に移りましょう。この相関図は作業時間と品質の相関を示しています)

 

We can realize that there is positive correlation between work hours and quality in the range from 0 to 8 work hours.
(作業時間8時間までは作業時間と品質には正の相関があることが読み取れる)

 

On the other hand, we can read negative correlation between work hours and quality in the range from 8 to 16 hours.
(一方で、作業時間が8時間~16時間においては作業時間と品質に負の相関があることが読み取れる)

 

スクリーンの位置を指し示す英語

スクリーンや画面の位置を示すときに使う英語(プレゼンテーションや説明の補完に役立つ)

 

「スクリーン右上の」、「左下に見える」、「ど真ん中の」とか、スクリーンの位置を示す英語です。

 

グラフ説明に限ったことでもないですが、プレゼンテーション全般でスクリーンの位置の表現で補完するテクニックも便利です。

 

特に、グラフの複雑な部分などを説明したいときに、「右下を見れば分かるように」と説明を省略したりできますね。(笑)

 

  • 左上:top left
  • 左中:middle left
  • 左下:bottom left
  • 真ん中上:top middle
  • ど真ん中:center (middle)
  • 真ん中下:bottom middle
  • 右上:top right
  • 右中:middle right
  • 右下:bottom right

 

例文

As you can see in the top middle area, the sales bar chart hit USD2,000 in July.
(真ん中上を見ていただければお分かりのように、7月に売上の棒グラフが2000ドルに到達しました)

 

Line chart shows sharp decrease and reached 0 point at the end of 2019. Now I am explaining about the point shown in the area of bottom right of the screen.
(折れ線グラフは急激な降下を示し、2019年末にはゼロポイントになりました。今、私は画面右下エリアのポイントの部分を説明しています)

 

\実体験です/

 

英語での数字の読み方・変換方法

 

数字を英語で伝えるときは、3桁ごとに対応する英単語を覚えて、それがいくつあるのかを考えるようにしています。

 

具体的な数字を例に説明します。

 

step
1
hundredと3桁区切りの対応英単語を覚える

 

  • 100:hundred
  • 000:thousand
  • 000,000:million
  • 000,000,000:billion
  • 000,000,000,000:trillion

 

step
2
数字を読むときはSTEP1で覚えたhundred~trillionが何個かを考える

例1:351

 

100が3つだから3 hundred。それに51が足されたもの。だから 3 hundred fifty oneだな!

 

3 hundred fifty one.

 

例2:200,000(20万)

 

0が3個のthousandが200個ある。だから2 hundred thousandだな!

 

2 hundred thousand

 

ポイント

数字をぱっと見たときに、最初のカンマの前を数字を見ます。

200,000の場合は200、

541,000,000の場合は541、

という感じで。

そして、

”最初のカンマ以降の0の数に応じて、thousand、million、billionのいずれかをつなげるだけですね。

 

例3: 39,000,000,000(39億)

 

0が9個のbillionが39個ある。だから39 billionだな!

 

39 billion

 

一瞬で英語に変換できます。

 

円とドルの通貨変換のコツ

 

グラフで売り上げを説明する際に、単位をドルやユーロなどで説明することもあります。

 

円とドルの変換ですぐに頭が混乱することがありませんか?

 

僕は、以下のように変換しています。

 

あたりまえの計算方法も含めていますが、全体を説明させてください。

 

100万円/1万ドル前後の小さめ数字の変換

 

日本円をドルに変換するとき

 

日本円 を100でわる

 

例:10,000円

 

10,000 ÷ 10 = 100ドル

 

ドルを円に変換するとき

 

ドル に100をかける

 

例:1,000ドル

 

1,000 × 100 = 100,000円

 

参考

『100万円=1万ドル』と機械的に覚えておくと計算が楽です。

500万円なら5万ドル、

3000万円なら30万ドル、

反対にドルから円に変換するときは、

20万ドルなら2,000万円、

65万ドルなら6,500万円

といった感じです。

 

1億円/$1 million前後の大きめ数字の変換

 

1億円=$1 million

 

を軸にします。

 

億円単位の数字を扱うときはこの基準を軸にしておけば簡単です。

 

30億円なら30 millionドルだな

 

500億円なら500 millionドルだな

 

と機械的に変換できますので。

 

反対も同様です。

 

5 millionドルなら5億円だな

 

20 millionドルなら20億円だな

 

という感じです。

 

また、数千万円のドル返還は、小数点を1桁付けるだけで済みます。

 

たとえば、8,000万円をドルに変換する場合、

 

「0.8 millionドルだな」と一瞬で変換できますね。

 

小数点はpointと発音します。

 

0.8 million

 

この、1億円=$1 millionを覚えて軸にしておけば、変換が正しいかどうかの換算計算が不要です。

 

だいたい、円ドル変換で頭が混乱するのは正しい換算かどうかを頭の中で計算し始めたときですよね。

 

なので、1億円=$1 million前後の機械的に換算できる範囲の数字は、正しいかどうかの計算を行わないようにしています。

 

まとめ:プレゼンテーションの実践練習で自信をつける

 

グラフの英語表現と円ドル変換の計算方法を紹介しました。

 

英語でプレゼンや説明を行うときの、始め方から展開、締めまでの流れの中でよく使う英語表現ノンバーバルコミュニケーションで気をつけるポイントもチェックしておきましょう。

 

良く通る声で姿勢をよくして説明できると外国人への説得力が増しますよね。

 

外国人は堂々としている人をマジで好みます。

 

特に欧米人は、内容よりもそっち(態度やふるまい)のほうが大事なんじゃないかと感じるぐらいに。

 

日本人は、どちらかというと態度より内容で判断する感じがありますが。

 

 

もし、自信がまだ持てなければ、フリートークができるオンライン英会話で英語説明の練習をしておくのがおススメです。

 

支障のない範囲でプレゼンで話す予定の内容を英語で話しておくと、外国人相手に理解してもらえるかを確認できます。

 

相手が聴き取れなかったら、画面に備え付けのチャット機能でその単語や表現をテキストで送って、相手に発音してもらったり別の英語表現を教えてもらうなど、発音やイントネーションの確認もできます。

 

これをやるのは、DMM英会話がベストです。

 

無料体験も2回できるし、登録後3日以内に申し込めば、毎日レッスンを受けても1カ月たったの3240円です。

 

入会金も解約金も不要ですし。

 

登録講師の国籍も100以上なので、プレゼンを聞く予定の人と同じ国籍の講師を選べばさらに効果的です。

 

この準備をしておくと本番のデキと終わった後の達成感がゼンゼン違いますよ。

 

少し目的は違いますが、僕がDMM英会話のフリートークを使っている様子を別記事に書いてるのでよかったら読んでみてください。

 

記事タイトル入りスライド
【海外旅行気分】オンライン英会話フリートーク30か国3240円!(DMM英会話)

続きを見る

 

少しでも参考になったらうれしいです。

 

 

 

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
にほんブログ村

 


英語ランキング

HOMEへ戻る

-【虎の巻】英語実務

© 2021 Go for a Change.